「5ナンバー」の検索結果(68件)

記事

ちゃんと理解してる?日本のナンバー区分

車のナンバーには、その車の用途や大きさがわかるように、分類番号というのが記されています。現在は、地名の横に3桁の数字で記載されており、百の位を見ることで分類番号が確認できます。車の分類番号でよく見かけるのが5ナンバーと3ナンバーですが、1ナンバーや8ナンバーを見かけることもしばし...

  
8553

観音、涙、クジラ…クラウンの愛称覚えていますか?

東京モーターショー2017において15代目がローンチされる日本の名車トヨタ クラウン。初代トヨペット クラウンの発売(1955年)から現在まで、各世代にさまざまな愛称が付けられています。みなさんは覚えていますか?

  
6858

税金節約!普通自動車を8ナンバー化にすることのメリット・デメリット

警察車用や消防車など、緊急車両でよく見かける8ナンバー。それ以外にもキャンピングカーなどが8ナンバーです。では、普通自動車を8ナンバー化することはできるのでしょうか?また、8ナンバー化によるメリット・デメリットは?

  
6025

S2000、S-MXなど…インパクト大!1代限りのホンダ車4選

惜しくも1代限りで終わってしまった、現在では販売されていない魅力的なモデルがあります。S2000、S-MXなどを世に送り出したホンダはその代表格。ここでは、1代で終わってしまったホンダの名車を紹介しましょう。

  
3909

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
5367

ハイラックス復活!FJクルーザー ファイナルエディション販売!日本で大きい車は人気なの?

日本は海外に比べて道幅が狭いため、全幅の大きな車は取り回しに苦労することもしばしば。ときには、何度も切り返しが必要な路地に迷い込んでしまうこともあります。そんな日本で売れ筋となっているクルマの大きさは、どれくらいなのでしょうか?やはりコンパクトサイズ?

  
5937

待ちくたびれたよ!間もなく、新型ジムニー登場!どのような車に?

1970年の発売から、小さなボディと卓越した悪路走破性を持ち、ヘビーデューティーで信頼できるスズキ ジムニー。日本の4×4として世界に広く愛されているモデルでもあります。そんなジムニー、ついに待望の4代目が今秋の東京モーターショーで登場するとの噂です。どんな車になるのでしょうか?

  
6629

車幅1,750mm以上が当たり前!? 車の巨大化は今後加速する?

人気のSUVカテゴリーにスーパースポーツ、またスポーツセダンなど、ニューモデルが出るたびに私たちは、スタイルやスペックを眺めて心躍らせます。しかし、ふと不安に思うことがあります。それは、ボディサイズの肥大化。この傾向は今後も続くのでしょうか?

  
6730

200馬力発揮!歴代最強ポロの発売は2018年か!?

ポロといえばVWの誇るBセグメントの主力モデル。その6代目にあたる新型が2017年6月にアンベールされました。ボディは、日本の5ナンバー枠を出るサイズに進化。なかでもスポーツグレードのGTIは、大きく進化したようなのです。

  
6208

アルシオーネやプレリュード等…日本国内で発売されたスペシャリティカー5選

かつて多くのクルマ好きの人気を集めたカテゴリーに、スペシャリティカーがあります。これは汎用モデルなどをベースに、スポーツカーのような流麗なフォルムと、そこそこに高性能な足回りをあわせ持つ2ドアハードトップや3ハッチバッククーペボディを架装したモデルで、1980年代にはデートカーと...

  
7651

これがスズキ流のSUV!? イグニスの世界的な立ち位置とは?

スズキが小型クロスオーバー、イグニスを発売してから1年半。世界的な流行となっているSUVをスズキ流で開発するとこうなる、といった見本そのものと言えるイグニスは、国内だけですでに約3万台を販売しています。今回は、改めてイグニスはどんなモデルなのか見ていきながら、その世界的な立ち位置...

  
4559

2000GTや117クーペ等…中身を最先端にして、復活してほしい外見の車4選

自動車技術の向上は目覚ましいものですが、一方であの頃のクルマは良かったなぁ、という意見も多く聞かれます。その理由のひとつに、デザインの変化があげられますが、それにはクルマにとって大事な安全上の理由が多々あります。今回は、それでも復活してほしいと思うデザインに優れたクルマをピックア...

  
20742

1000周以上のアタック!? トヨタ 86、世界最長ドリフト168キロでギネス更新!

平凡で80点主義と揶揄されてきたトヨタ車が、世界では尖っています。先日のランクル世界最速SUV認定に引き続き、86がドリフト最長記録を更新する模様です。しかも破られた記録も86によって樹立されたもの。トヨタ車が平凡なんて、日本人の思い込みかもしれませんよ?

  
9316

国産スーパーカーにあって、輸入スーパーカーにないもの

1989年から15年続いた280馬力の自主規制が解禁されてから、国産車のパフォーマンスは飛躍的に向上しました。いまやハイパフォーマンスカーの500psオーバーは当たり前で、スペックだけはスーパーカーです。そこで今回は、国産車スーパーカーと輸入車スーパーカーを比較して、国産スーパー...

  
15170

輸入車と国産車で切れ角のセッティングはどれほど違うのか?

ハンドルを切ると、前輪が左右に動きます。この動く幅を切れ角といいます。切れ角が大きいほど、小回りが効きやすくなりますし、ドリフトでクルマをコントロールしやすくもなるといわれます。自動車の構造上、国産車でも輸入車でも切れ角の持つ意味や働きに違いはありませんが、実際のところ、切れ角の...

  
6222

なぜ日本では『バック駐車』が主流になったのか?

日本の自動車運転の必須技能であり、かつ一般的なスキルとして、さまざまな場所で使われることになるのがバック駐車です。自動車学校では、バック駐車や縦列駐車の技能習得に時間をかけ、卒業試験でもどちらかの駐車方法が、必ず出題されるといっても過言ではありません。しかしよくよく調べてみると、...

  
23104

小さく見えて意外と中は広い!ホンダ フリードハイブリッドに試乗してみた!

2016年にモデルチェンジした2代目ホンダフリードには、大きくわけて2タイプあります。ゆったりした6人乗りのフリードと、荷物がいっぱい入るフリード+。今回試乗したのは、6人乗りのフリードハイブリッド。5ナンバーサイズのミニバンで、i-DCDを搭載したフリードは、走りが軽やかな運転...

  
6602

よく耳にするロールって、なんですか?

ミニバンで高速道路のICに差し掛かった時、車体がグラッときたことありませんか? それがロール=ローリングです。スポーツドライビングを嗜む方には、お馴染みのロールですが、普通に運転をするドライバーでも知っておきたい、自動車の基礎的な挙動のひとつなのです。

  
11916

ホンダ フィットハイブリッドに2年間乗ったリアルなレビュー

ホンダ フィットハイブリッド Sパッケージを乗り始め2年間が経ちました。フィットハイブリッドは、若い層からファミリー層、さらにはシニア層まで幅広く支持されているかと思いますが、その魅力は何でしょう?実燃費や走りの感想など、動画でご紹介します。

  
18038

ルノー新車登録台数、前年同月比68%増!? その立役者"カングー"とはどんな車?

ルノー・ジャポンの発表によると、2017年3月度の日本国内でのルノー新車登録台数が月間新記録を達成したそうです。前年同月比68%とすこぶる好調!人気の立役者はあのユニークな車。そう!ルノー カングーです。カングーは日本におけるルノー販売台数の半分を占めています。そんなカングー、果...

  
9647