「3M」の検索結果(59件)

記事

トヨタとヤマハの共同開発エンジンを搭載した車は?

トヨタとヤマハの関係は1967年発売のトヨタ2000GTに始まります。現在までにヤマハが関わったエンジンを積んだトヨタ車はLFAを含め、多数存在します。F1のエンジンも作っていたことでお馴染みのヤマハ。トヨタとヤマハの関係を改めて調べてみました。

  
3696

ブレーキパッドの減りを放置し続けたらどうなるのか?

クルマの基本性能として、「走る」「曲がる」「止まる」があります。そのなかでもっとも重要なのが「止まる」性能ではないでしょうか。ブレーキユニットはクルマの生命線。確実に止まれる、と確信できるからこそ、運動性能を私たちは使うことができるわけで、もしブレーキ性能が低ければ、恐ろしくてア...

  
1795

新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

クロスオーバーSUVカテゴリーに、2002年よりポルシェが投入しているモデルがカイエンです。その卓越した走行性能とデザイン性に魅了されるオーナーも多く、いまやポルシェの屋台骨を支える重要なモデルです。そんなカイエンがフルモデルチェンジを敢行しました!

  
2851

これぞアメリカ!大型ピックアップトラック6選!

アメ車といえば、日本で販売されている車よりも、大きなサイズが多く、なかでもフルサイズピックアップトラックは、その筆頭ともいえる大きさを持っています。今回は、ごつくて大きいピックアップトラック6選を紹介します。

  
5951

水陸両用車「AAV」初起動!そのスペックは?

2017年8月27日に行われた富士総合火力演習で、陸上自衛隊に配備されている水陸両用車「AAV」の演習が行われ、話題となっています。AAVとは、どんな車両なのでしょうか?

  
1993

600馬力のV8ツインターボ搭載!新型M5はどんな車に?

続々ニューモデルを投入し、高いブランド力を背景に攻め続けるBMW。世界最速4ドアサルーンと呼ばれたM5の新型が、発表となったようです。

  
3404

マセラティ ギブリは、デザインでライバルに差をつける

復活したネーミングを持つギブリは、イタリア大使館でも公用車として使われるマセラティの中型セダンです。そのたたずまいは、4ドアボディでありながら、とびぬけてスポーティ。また出自をスポーツクーペに持つギブリは、その名前に違わずなかなかの運動性能を備えているようです。

  
1221

ワーゲンバスがEV車で復活!どんな車になる?

2017年8月19日、ペブルビーチ コンクール デレガンスの会場において、フォルクスワーゲン(以下、VW)社は、I.D.BUZZの2022年以降の発売を明言しました。I.D.BUZZとは、2017年デトロイトショーで詳細が発表されたミニバン型EVで、VW マイクロバス(タイプ2)...

  
3514

超箱型ボディ!ポルシェ911と互角の速さのEVトラックに世界が大注目!

2017年7月27日にあるEVが発表されました。その最高出力は360hp、0-60マイル加速はポルシェ911カレラと互角の4.5秒!どんなスポーツカーかと思いきや、レトロチックな箱型トラックということで、世界中から注目が集まっています。

  
7312

「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

アルミホイールは、軽量でデザイン性に優れると幅広く使われています。しかし最近は、インチが大きくなっていることもあり、必ずしもアルミホイール=軽いとは言えない状況になってきました。スチールホイールと重いアルミホイールを比較した場合、その差はどこにあるのでしょうか?

  
9754

200馬力発揮!歴代最強ポロの発売は2018年か!?

ポロといえばVWの誇るBセグメントの主力モデル。その6代目にあたる新型が2017年6月にアンベールされました。ボディは、日本の5ナンバー枠を出るサイズに進化。なかでもスポーツグレードのGTIは、大きく進化したようなのです。

  
5842

2010年代で、もっとも高い市販車ともっとも安い市販車は?

クルマ選びで、まず重要なのが予算。予算を立ててから、購入できるクルマを探していくわけですが、それもまた楽しい時間ですよね。では、2010年代発売のもっとも販売価格が高い市販車、安い市販車はいったいどんなクルマなのか、チェックしてみましょう。

  
7611

知ってましたか?高速道路の真ん中車線が一番広い理由

2車線以上の車線がある高速道路では、一部に道路の幅が異なるケースがあります。たとえば片側3車線の高速道路であれば、真ん中が少し広くなっています。これはどのような理由からでしょうか?

  
10857

市街地で大活躍!? 全長3m以下の小さな車5選

日本の道は狭いですよね。住宅街や路地に入ろうものなら、3ナンバーのクルマだととり廻しに神経を使いますし、ときにはボディやホイールをガリッなんてことも…。つまり、小さいサイズのクルマのほうが、市街地では圧倒的有利です。そんなわけで、全長3メートル未満のクルマを調べてみました。

  
9448

ドライバーの死角をマルチVIEWカメラがカバー −データシステムMVC811-

ここ数年、クルマの安全性に対する意識は高まるいっぽう。そんな意識の高まりとともに普及しつつあるのが車載カメラです。なかでもデータシステムからリリースされるマルチVIEWカメラ『MVC811』は、性能はもちろん拡張性、信頼性ともに高い基準で作られた注目のアイテムです。

  
6344

メルセデスやフェラーリ、トヨタなど…自動車メーカーが作るボート7選

クルマ以上に趣味性が高いといえる、海上で楽しむ「ボート」。ボートは特化したメーカーが製造しているというイメージがありますが、ヨーロッパでは古くから自動車用高性能エンジンを積んだパワーボートが、数多く製作されてきた歴史があります。フェラーリしかり、ランボルギーニしかり、それは現在で...

  
6544

軽量化と高剛性を両立!フェラーリ 360モデナってどんなモデル?

F355の後継として1999年にデビューしたスモールフェラーリが、360モデナです。まったくの白紙から設計された360モデナは、軽量化と高剛性の高次元で両立させた技術をはじめ、21世紀に向かう数多くの革新的な技術が多数盛り込まれていたことで、注目されました。そんな360モデナのス...

  
1487

458イタリアの高性能版!フェラーリ 458スペチアーレってどんな車?

フェラーリ 458スペチアーレは、458イタリアをベースに専用のチューニングと装備が施されたスペシャルモデルです。ガラス、ボディパネル、エンジン、インテリアにいたるまで見直し、量産型スモールフェラーリ最高のパフォーマンスを発揮します。

  
1279

フェラーリ 360モデナの後継モデル、F430はどう進化した?

フェラーリには深く長い歴史と数多くのモデルが存在します。今回紹介するのは、360モデナとその後継モデルのF430。この2台はどのような進化の歴史を辿ったのでしょうか。

  
6305

ポルシェ 928ってどんな車?スペックや中古価格は?

ポルシェ 928シリーズは、新時代のフラッグシップカーという位置付けで1977年に登場。1978年から1995年まで販売されたモデルです。単一の車両型式としては、ポルシェでもっとも長期間生産されたモデルとなっています。日本でも1978年から販売され、バブル景気とともに販売台数を伸...

  
2455