「2000GT」の検索結果(95件)

記事

サバンナRX-7やギャランGTO…人々を魅了し続ける70年代スポーツモデル

排出ガス規制が強化され、多くの自動車メーカーが対応に追われた1970年代。次々とクルマが生産中止に追い込まれました。しかし、そんな中でも多くの名車が生まれています。今回は、70年代の懐かしいスポーツモデルを紹介します。

  
5418

16年ぶりに復活!トヨタスープラの歴史を振り返る

1978年から2002年までの24年間、トヨタのフラッグシップスポーツモデルとして君臨したスープラは、多くの人が憧れるクルマでした。2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーでは、「GR スープラ・レーシング・コンセプト」が公開され、16年ぶりにいよいよ復活します。今回は...

  
7529

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
312

昭和のクルマは、ここが良かった

平成に入り早30年、昭和の時代に造られたクルマを目にする機会は、とても少なくなりました。けれど昭和のクルマには、最近のクルマにない魅力があるように思えます。今回はそんな、高度経済成長期、バブル景気を経た、昭和を彩ったクルマの良さを振り返っていこうと思います。文・立花義人

  
8731

ULTIMATE JAPAN(アルティメイト ジャパン)

1989年、平成元年に日本のクルマは世界の頂点に登りつめた。日本のビンテージイヤーと呼ばれたこの年は、GT-Rが復活し、ロードスターが発売され、セルシオ=アメリカ名レクサスが世界の高級車に衝撃を与えたのだ。text:嶋田智之、伊丹孝裕、岡崎心太朗、神尾 成 photo:長谷川徹 ...

  
336

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
1804

イメージについて

イメージほど抽象的でありながら重要なものはない。多くの場合、ひとは本質を見極めるよりもイメージによって、ものごとを判断しているように思う。その人のイメージやブランドイメージなど、イメージが良いものが好まれ、売れる傾向にある。text:嶋田智之、山下敦史、若林葉子、神尾 成 [ah...

  
517

特集 ミニチュアカーに昂る

クルマが趣味という人はもちろんのこと、クルマがそんなに詳しくなくても好きなクルマがある人に、ミニチュアカーは同じ悦びを与えてくれる。運転に自信がなくても、ガレージがなくても、たとえ免許を持っていなかったとしても、憧れのクルマを手に入れることができるそれがミニチュアカーの世界。te...

  
284

マグネシウム、超超ジュラルミン、アルミ鍛造ホイールの違い

ホイールの軽量化は、昔からスポーツカーにとっての課題のひとつでした。最初にアルミホイールを装着したクルマとして有名なブガッティ タイプ35が誕生したのは1924年のこと。その後、第二次大戦を挟んで、1950年代になると、アルミにくわえてマグネシウムホイールも登場。現在では、ひと昔...

  
23064

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
37661

20年で価値が2倍以上に上がったクルマ3選

工業製品は、通常、年数を重ねるごとにその価値が下がります。しかし、なかには価格が下がるどころか元値の倍以上で取引されるクルマもあります。その代表が、ヒストリックフェラーリであり、トヨタ 2000GTです。しかし、それほど古くなくても、価格が高騰するクルマがあります。今回は1990...

  
66085

愛知に行ったら訪れたい!トヨタの2つの博物館

ゴールデンウィークは、どこにお出かけする予定ですか?たまには気分を変えて、自動車の歴史に触れてみるというのはどうでしょう?国内には、さまざまな博物館がありますが、ここでは筆者が直接足を運んだことのある「トヨタ博物館」と「トヨタ産業技術記念館」を紹介します。

  
4824

埋もれちゃいけない名車たち VOL.22 少年に夢見させた国産スポーツモデル「マツダ サバンナRX−...

今回の巻頭特集のテーマは〝原点回帰〟だと聞いた。途端に頭の中がタイムスリップをする。いとも容易くひとつのキーワードに辿り着く。ちょうど50歳前後のクルマ好きにとってのひとつの大きな原点となるのは、間違いなく第1期スーパーカー・ブームだったはずだからだ。text:嶋田智之 [ahe...

  
2757

YAMAHAのエンスージアズム

有象無象の2輪メーカーがひしめいていた50年代の半ば、一風変わった一台のバイクが登場した。通称「赤トンボ」。日本楽器製造(現ヤマハ発動機)が手掛けた初めての量産車であり、正式名称をYA-1という。text:伊丹孝裕 photo : 長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.16...

  
514

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.6 匠と語り合える場所

先月紹介したナニーニ・カフェでは、大きなガラス越しに、ある作業風景を楽しめる席がある。子どもを抱えた父親や国内外からの観光客が、その様子をじっと見つめたり、カメラに収めたりしている。だが、大きなガラスの向こうに見えているのは、厨房でも料理をするコックでもない。text:村上智子 ...

  
246

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はもちろん、世界中多くの車好きを魅了し続けています。海外では「GODZZILA(ゴジラ)」の愛称で呼ばれるGT-R...

  
20056

ゴードン・マーレイの創ったYAMAHA製の4輪車

モーターショーにはサプライズがつきもの。昨年の第43回東京モーターショーでも、予告なしのコンセプトカーが何台も現れて、僕たちクルマ好きにとっては、うれしい驚きの連続だった。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.134 2014年1月号]

  
1154

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
566

買い物ついでに寄りたいミニカーショップ ~京商ビレッジ

お台場・ヴィーナスフォートと言えば国内外の観光客が大勢訪れる〝ショッピングモール〟だ。そこに京商がアンテナショップをオープンした。その名も「京商ビレッジ」。ファッションやコスメ、雑貨、カフェなど、どちらかと言えば女性客が多く集う場所で、京商がどのように自社製品をプロデュースするの...

  
225

私の永遠の1台 VOL.1 アルファ ロメオ アルフェッタ1.8GT

アルファ ロメオの魅力を聞かれたなら、僕はまずその加速感を挙げるだろう。免許を取ってバイクやクルマに乗り始めた時から今日に至るまで、理想の加速感を追求していると言っても言い過ぎではない。そのためにエンジンやキャブや足回りを改造したり、マフラーを作ったりしているうちに、今はそれが仕...

  
922
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives