「70系」の検索結果(32件)

記事

オーナーさんが感じた2つの欠点とは?【ヴォクシー購入者の口コミ】

私の友人にずっとネッツトヨタから発売されているM型ミニバンのヴォクシー/ボクシー(VOXY)を乗り続けている友人がいます。現在その友人は、80系ヴォクシーのガソリン車の特別仕様車”煌(きらめき)”に乗っているのですが、フルモデルチェンジをして新しくなるたびに、どんどん乗り心地や走...

  
53320

やっぱりかっこいい…リトラクタブルヘッドライトと言えばこの車たち

フロントノーズを低くして空気抵抗を減少させつつ、ヘッドライトの高さを確保するために生まれたリトラクタブルヘッドライト。1970年代~1990年代のスポーツカーに多く採用されました。そんなリトラクタブルヘッドライトを採用した車種はフロントノーズが低くカッコいいクルマ達ばかり、今回は...

  
37580

左右に「ぱかっ」と開く!観音開きドアの国産車5選

2枚のドアが左右両側に「ぱかっ」と開く形式を、観音開きと呼びます。国産では初代クラウンが初めて採用した古くからある形式ですが、最近では少なくなっています。とはいえ、独特の開き方がクルマの個性を引き立てることも事実。今回は、そんな観音開きドアの国産車を紹介しましょう。文・立花義人

  
9007

ランクルはやっぱり丸目に限る!? 歴代「丸目」のランクルたち

日本国内のみならず、世界中で根強い人気を誇るランドクルーザー。Land(陸)Cruiser(巡洋艦)という車名の通り、世界のさまざまな地域で活躍しています。今回はそんなランクルのなかでも、可愛らしい丸目モデルを取り上げましょう。

  
18438

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智之、河村 大、世良耕太、石井昌道、岡崎五朗 photo:長谷川 徹、マルイ工業(www.marui-ind.c...

  
5103

ランドクルーザーが世界100か国以上で長きにわたって愛される理由

世界各地で大活躍している希代のワークホース「ランドクルーザー」。一般的な乗用車のライフサイクルが走行距離10万キロと言われる中で、ランドクルーザーはそれを軽く凌ぐ寿命を持っていると言われています。なぜ、ランドクルーザーは長きにわたって活躍できるのでしょうか?

  
29139

忘れられないこの1台 vol.51 トヨタ ランドクルーザー 70(HZJ73V)

改めて振り返ってみると、自分で買ったクルマはSUV的な大型4駆ばかりだ。ロケでは、撮影機材を満載した上にスタッフが同乗することも多く、2駆や車高の低いクルマは行けないような場所での撮影もある。プライベートでも、キャンプ道具やカヌーなどを積み込んで、そういった場所へと入り込んで行く...

  
4219

ランドクルーザーとジムニー、似て非なる2台の本格4WD

日本を代表するクロスカントリー4WDと言えば、ランドクルーザーとジムニーです。2台には共通点がありますが、同時にまったく異なるキャラクターを持っています。今回は、この2台の魅力に迫ります。

  
65974

なぜ6輪SUVがなかなか普及されないのか?

2014年に5台限定で発売された「G63 AMG 6×6」は、当時クルマファンの間では大変な話題になりました。ですが、その後は新たな6輪駆動車がなかなか市販されません。なぜ6輪駆動車は、世界に普及しないのでしょうか。

  
18021

SUVのツートップ!ランドクルーザーVSレンジローバー、あなたはどちら派?

現代のSUVブームの礎とも言えるモデルが「ランドクルーザー」と「レンジローバー」です。共にハイエンドな四輪駆動車として、長き渡って君臨してきた双璧ですが、現在はどんなポジションニングなのかを考えてみました。

  
24104

日本のオフロード車

空前のSUVブームが到来したこの数年、世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを発売し続けている。text:まるも亜希子、伊丹孝裕、河村 大 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
2753

スカイライン、シルビア、RX-7…平成12年の排ガス規制で消えたスポーツカーたち

日本はもとより、ヨーロッパやアメリカでも排出ガス規制(テール・パイプ・エミッション)と呼ばれるものが存在し、毎年、なにかしらの規制が追加されています。そのなかでも、新しい世紀を目前に控えた平成12年(2000年)の排ガス規制は、国産スポーツカー史に大きな影響をおよぼしたといっても...

  
43105

ランクルのハチマルとか100ってなんのこと?

堅牢性と信頼性が自慢のクロスカントリーSUVとして、世界中で活躍しているトヨタ ランドクルーザー。その歴史は60年以上とトヨタの車のなかでも非常に長く、その間には、幾度ものモデルチェンジが行われてきました。「80(ハチマル)」や「100(ヒャク)」という数字を意味する愛称で呼ばれ...

  
20055

FJクルーザーからついにファイナルエディション登場!本当に最後になってしまうの?

2017年9月12日、新型ハイラックス、新型ランドクルーザープラドとともに、FJクルーザー"ファイナルエディション"が発表されました。以前より生産終了の噂が囁かれているFJクルーザーですが、本当に最終型になるのでしょうか?

  
13341

ランクルプラド、2度目のマイチェン!次期型はいつになる?

2017年9月12日より開幕したフランクフルトモーターショーで、欧州トヨタは新型ランドクルーザー(日本ではランドクルーザープラド)を発表。それに合わせて日本でもプラドのマイナーチェンジを発表、販売が開始されました。

  
26311

ランクル、4年ぶりの改良!新装備の内容とは?

長年、その性能や耐久性から高い評価を世界中で受けている稀有なモデルがトヨタ ランドクルーザー。その一部改良が2017年7月20日に発表されました。どのような内容なのでしょうか?

  
13624

ランクルプラドの維持費っていくらかかるの?

SUV人気が高まっている昨今、その原点であり頂点に位置するモデルが、トヨタ ランドクルーザーです。その一方で、国内で扱いやすいボディサイズや、国内のランクルには無いディーゼルエンジンなどで人気を集めているのが、ランドクルーザープラドです。国内では数少ない3列シートもプラドの魅力の...

  
138330

FJクルーザーの後継モデル!? コンセプトモデル「FT-4X」が2018年に発売か?

2017年ニューヨーク国際自動車ショーで、トヨタのクロスオーバーSUVコンセプト「FT-4X」がワールドプレミアを迎えました。そのルックスから日本で大人気ながら生産を終了したFJクルーザーの後継車では?と噂されています。FT-4Xとはどんな車なのでしょうか?

  
33871

70系〜150系まで…ランクルプラドはどのように変わってきた?

1990年の誕生以来、常に高い人気をキープしているミッドサイズSUVといえば、ランドクルーザープラドです。もともとは直4を搭載したランクルの軽量ライトデューティーモデルでしたが、1985年に乗用のワゴンモデルを追加してからは、状況は一変。当時好敵手だった三菱 パジェロの対抗車とし...

  
59472

トヨタの1JZ-GTEエンジン…名機の理由と搭載車種は?

名機と呼ばれる「1JZ-GTE」は、数あるトヨタ製エンジンの中でも、最高峰と呼んでも差し支えないほど優秀なエンジンと言われます。では、どんな車種に搭載され、名機とよばれる所以はどこにあるのでしょうか?----------------------------------------...

  
82266
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives