「高速道路」の検索結果(472件)

記事

特集 脱ステレオタイプ宣言

「スポーツカーに乗ると近所から遊び人だと思われて白い目で見られるし…」「ヘッドライトを点けると電気が減るから少し燃費が悪くなるらしいよ」「高級車ってエンブレムにお金を払っているようなものなんでしょ」などといった、まことしやかな“噂”に翻弄されていませんか。2013年の始まりは、a...

  
12

若林葉子 VSまるも亜希子 オンナにとってクルマとは 番外編

本誌で「オンナにとってクルマとは」を執筆してくれている、まるも亜希子さん。そんなまるもさんと本誌・若林が一緒に、横浜のみなとみらいへ。女性の視点から見たクルマにまつわるあれこれで話は盛り上がりました。構成:若林葉子 photo:菅原康太 [aheadアーカイブス vol.122 ...

  
20

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.39 望まれたトラックへの装着

エアバッグ、ABS、ESC(横滑り防止装置)に次ぐ第4の安全装置として注目を集めているのが衝突被害軽減ブレーキシステムだ。センサーで前方の障害物を探知し、衝突の危険性が生じたときは自動的にブレーキをかけて衝突を回避する。回避できないときでも、衝突時の速度を下げることで被害の低減を...

  
20

オンとオフ、日常と冒険 ジムニーで行く1,850㎞の旅2 四国編

林道とは、林業のための道であり、地元の人の生活道路でもあり、静かに歴史を刻む道でもある林道に入ってみたい。——そう思ったら、どんな準備をし、何に気を付ければいいのだろう。今回は4×4マガジンの河村さんと一緒に、APIOのジムニーで四国へ向かった。text:河村 大 photo:山...

  
26

間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間はどこ?

高速道路の乗り降りで必ず通過するインターチェンジ。このインターチェンジの間隔・距離がもっとも長い区間はどこでしょうか。間違えて降りずに通過すると、かなりのタイムロスに…!?

  
1513

耳抜きが必要!? 標高が一番高いところを走っている高速道路は?

日本国内に設けられた高速道路のなかで、標高が一番高いところを通っているのは、どこなのでしょう?今回は、日本一標高が高い場所を通っているインターチェンジ区間とそこにあるパーキングエリアを紹介しましょう。

  
2540

今じゃありえない!? カーナビのない時代、どうやって目的地まで辿り着いていたの?

カーナビゲーションやスマートフォンのナビ機能などが、スタート地点から目的地までを、最短時間で結ぶ道順を教えてくれる時代になりましたが、これらがなかった時代は、どうやって目的地まで辿り着いていたのでしょうか。今回は懐かしいカーナビの話から、カーナビの将来像まで、紹介していきます。文...

  
3395

ミラノ・コモ湖・ヴェネチア イタリアン・ジョブ up & Passat 試乗会

2012年に『up!』が発表されたとき、フォルクスワーゲンにしては随分と思い切ったクルマを出したものだな、という感想を持ったのを今でも覚えている。text:ahead編集長・若林葉子、竹岡 圭、三代やよい [aheadアーカイブス vol.165 2016年8月号]

  
119

特集 第三京浜物語

国道466号、第三京浜道路。東京と横浜を結ぶ片側3車線のこの自動車専用道路は、ワインディングでもなければ、景色を眺めるための道でもない。しかし、クルマやバイクで走る人を惹き付ける何かがある場所なのである。全長は、16.6キロ、時間にしてわずか15分程度で駆け抜けてしまう「第三京浜...

  
84

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
133

プジョー 308に試乗!乗り心地などを評価!〜フランス人のセンスを満喫〜

今回試乗したのは、2014年11月から日本国内販売が開始された、プジョー308です。グレードはベーシックの「Allure(アリュール)」。前回の記事では、内外装デザイン、エンジンについて見ていきましたが、今回は、動力性能やハンドリング、乗り心地など、動的観点から308を解剖します...

  
1505

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
164

ホンダのノイズリデューシングホイールとは?

高速道路を走っていると、道路の継ぎ目を通過したときに、タイヤから「パコーン」いった音が聞こえることがあります。気になり出すと耳に残って不快に感じるこの音に対し、各メーカーはホイールの構造を工夫することで対策を行っています。今回は、ホンダのノイズ低減ホイールを紹介します。文・吉川賢...

  
4608

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを覚えているだろうか。自転車のように自分の足で漕がなくても前に進む歓びや、スピードという快感を初めて身体で感じた...

  
2016

クルマとバイクを美しく乗りこなそう

できるならクルマもバイクも“かっこよく”乗りこなしたい。そのためには運転姿勢が何より大切です。クルマやバイクを安全にかつ効率よくコントロールするための基本を、ジャーナリストの竹岡 圭さん(クルマ)とサトウマキ(バイク)さんに聞きました。photo:長谷川徹 [aheadアーカイブ...

  
107

もう少し、夏

「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ。」これは、片岡義男の小説「彼のオートバイ彼女の島」のハードカバー版の表紙と「限りなき夏1」のあとがきに記されていた言葉だ。たしかに以前は、夏が近づくと心がざわめき立っていた。しかしいつの頃からか、夏という季節に気持ちが慣れてしまって...

  
1793

久しぶりの軽井沢 軽井沢千住博美術館を訪ねて

その昔、よく行ったあの場所。でも忙しく年月を重ねるうち、すっかりご無沙汰している場所がある。その間、自分も変わったけれど、あの場所も多分、変化している。思い切って出掛けてみたら、また新しい発見があるはず。今日は久しぶりの軽井沢。text:若林葉子 photo:長谷川徹[ahead...

  
483

サンダルで運転、車検ステッカーを外すのもNG!?…意外と知られていないルール5選

車を公道で運転する際には、誰もが道路交通法(以下、道交法)で定められたルールを守らなければなりません。しかし、道交法をすべて理解している人は、特定の職業に就いている人など、ほんのひとにぎりだけ。私達が、日常なにげなくやっていることが、じつは道交法違反になってしまうことも、ないとは...

  
9070

オンナふたりでスーパーセブン

ときどき街で見かけることのあるオープン・ツーシーター、ケータハム・セブン。見るたびかっこいいなぁと思っていたそのクルマに乗って、ある日、女性2人でツーリングに出掛けることに。セブンってどんなクルマなんだろう? 女性でも運転できるのだろうか?text:若林葉子、 photo:長谷川...

  
1426

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
1320
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives