「高級車」の検索結果(381件)

記事

前後のタイヤの幅が違う…そのメリットとデメリット

スポーツカーでは、前後でタイヤ幅の違うクルマも珍しくありませんが、なぜ4本とも同じではいけないのでしょうか?そのメリット・デメリットなどについて紹介します。

  
5

グッバイV12…次期センチュリーはどんな車に?

トヨタは、2017年10月25日から11月5日まで開催される、第45回東京モーターショー2017において、3代目となる新型センチュリーを初披露すします。はたして、どのような車になったのでしょうか。

  
5091

意外!見た目とギャップがあってじつはパワーがある車5選

フェラーリやランボルギーニ、BMW7シリーズ、メルセデスSクラスなど、見るからにパワーのありそうな車両は、世のなかに数多く存在しています。ところが、世のなかには、このルックスで高性能?と思わず、カタログを見直してしまうような車種もあるのです。

  
10936

親指隠せ!金色に輝く宮型霊柩車の姿を見かけなくなった理由

昭和の時代に子どもだったみなさんは、金ピカのゴージャスな霊柩車を見たら、親指を隠していた記憶がありませんか?地域性もあるとは思いますが、日本の多くの地域で「霊柩車に出会ったら親指を隠さないと親の死に目に会えない…」なんていわれていましたね。しかし、近年はこの宮型霊柩車が激減してい...

  
6722

センチュリーのタクシーがあるって知ってますか?

東京モーターショー2017で、お披露目される予定の次期センチュリーは、トヨタのみならず国内最高級車の新型としての話題で持ちきりです。そんなセンチュリーの2代目モデルが、2017年2月4日をもって販売終了となりましたが、そのタクシーモデルが街で走っていると言うのです。果たして本当な...

  
2742

追いつ追われつ…クルマ好きはなぜ好きなクルマと出会うと追いかけたくなるのか?

何気なくクルマを走らせていて、自分の好きなクルマが前を走っていたら、あなたならどうしますか?もしクルマ好きなら、そして時間が許すなら、そのクルマをちょっとだけ追いかけてみたくなるかもしれません。

  
2806

観音、涙、クジラ…クラウンの愛称覚えていますか?

東京モーターショー2017において15代目がローンチされる日本の名車トヨタ クラウン。初代トヨペット クラウンの発売(1955年)から現在まで、各世代にさまざまな愛称が付けられています。みなさんは覚えていますか?

  
6858

パーキングブレーキのレバータイプ、なぜ減ってきたの?

自動車の機械的なブレーキは、フットブレーキとパーキングブレーキの2種類です。フットブレーキは運転時に、パーキングブレーキは駐車時に使用します。パーキングブレーキはサイドブレーキとも呼ばれていましたが、最近、サイドブレーキを見なくなりました。その理由はなんでしょう?

  
28583

パンクしたら無料保証?クムホタイヤのスタッドレスタイヤで安心を手に入れよう

暑い夏もあっという間に過ぎ去り、そろそろ準備をしなければいけないのがスタッドレスタイヤ。日常的に雪が降る地域はもちろんのこと、関東以南でも急な大雪で交通マヒが定期的に起こっているのはご存知の通り。しかし、国産有名スタッドレスタイヤはハイグリップタイヤに匹敵する価格であり、定期的に...

  
453

フェラーリなどのスーパーカーは拒否されることも…機械洗車のメリット・デメリット

ガソリンスタンドの洗車機は、年々便利になっています。安価・短時間でワックス効果まである仕上げができるため、利用している方も多いのではないでしょうか。しかし、高級車やヒストリックカーなどは、利用に注意が必要なケースもあります…。

  
2195

車の「ヤレ」ってなに?中古車の「ヤレ」を「鑑識」してプロファイリングしてしまう方法

「ヤレ」とは、一般的に車の疲れ具合を指すものです。鉄は酸化、プラスチックは硬化するように、クルマは放っておいても「ヤレ」ます。もちろん、使えば使うだけ疲労は蓄積しますから、各パーツは使用感あるいは「ヤレ」が目立つようになるのです。中古車を見るうえで重要な「ヤレ」。今回はこの「ヤレ...

  
4308

セルシオ、4500GT、ユーノスコスモ…バブル期のモーターショーの出展車!現代とどう違う?

バブル真っ只中の1989年。年号も平成にかわり、場所も東京・晴海から千葉・幕張に移って、始めての開催となった第28回東京モーターショーは、伝説と言われるほどの盛り上がりを見せました。はたしてどんな車が出展されていたのでしょうか?

  
10743

なぜATが多段化されるのか?どのようなメリットがある?

AT車といえば「L⇒2⇒D+OD付4速」が乗用車の主流でしたが、近年は5速AT、6速ATといった「多段式AT」が増えてきました。多段式ATは高級車のイメージが強いのですが、搭載することでどんなメリットがあるのでしょうか?

  
4508

上質な乗り心地を実現する「HKS ハイパーマックスG」に待望のWRX・レヴォーグ用が登場!

サスペンションキットの交換と聞くと、運動性能はアップするものの乗り心地などの快適性が失われるとお思いの人も多い事でしょう。しかし、HKSがリリースするハイパーマックスGは、上質を追い求める人のために新しいアプローチで作られたサスペンションキットです。リリースより1年ほど経って車種...

  
1548

新生ドーン、ロールス・ロイス唯一無二のコンバーチブルで復活

現行ロールス・ロイス唯一にして無二のコンバーチブルモデルであるDawn(ドーン)。工業製品の枠を越え、工芸品の域にまで高められた各パーツとそれらが織りなす完成度は、ライバルが見当たりません。そんなドーンを、モータージャーナリスト小野泰治が解説します。

  
2701

”おじさんの車”?いやいや、クラウンはこんなに変わった!あなたの好みはどの世代?

「いつかはクラウン」で有名なトヨタを代表する高級車クラウンが始めて登場したのは、1955年のことでした。それから60年以上、14代目まで進化したクラウンの歴史を、初代からざっくりとみていきましょう!

  
6201

見渡す限り日産GT-Rだらけの街…さて、ここはどこの国でしょうか?

日本では「若者の〇〇離れ」の一例として挙げられる車離れは、交通機関の発達や維持費の高さ、娯楽の充実などが原因とされています。しかしながら、お国が違えば車事情も変わってくるもの。そこで今回は、海外のある国の車事情を取り上げていきます。

  
10909

いたずらによるパンク…被害にあわないための対処法5選

単なるいたずらでは済まされないパンク被害。経済的、精神的に被害を被るだけでなく、最悪の場合は交通事故を誘引します。そんなパンク被害から、愛車を守るための対処法を考えてみました。

  
6079

BMW、新型SUV「X7 iPerformance」を発表!6人乗りPHEV車の超高級車に!

いよいよ開幕するフランクフルトショーで、BMWは、Comcept X7 iPerformanceを展示すると発表しました。BMWのプレミアムラインナップに加わることになる新型X7とは、どのような車になるのでしょうか?

  
3694

純正なのに車高が変化する!? ボタンひとつで車高が変わる車たち

最低地上高の低い車は、スーパーカーからカスタムカーまで数多く存在します。なかには、どう考えても公道を走れるのか怪しい車もありますね。車高が低い車には苦労がつきものですが、それらを解決する工夫もたくさんあるのです。

  
4898