「高圧」の検索結果(60件)

記事

『ワイルド・スピード』のNOSとはどんな装置なの?

世界中のクルマ好きを虜にした、アメリカのカーアクション映画『ワイルド・スピード』。そのなかでチューニングカーに搭載されていたのが、NOSというシステムです。いったいどんな装置なのでしょうか。---------------------------------------------...

  
15250

買取店に行く前に準備しておきたい3つのこと

新車を購入する際、ディーラーでは、想定していた下取り額がつかないこともしばしば。そんな時は買取店を利用してみてはいかがでしょう?中古車の買い取りを専門に扱う買取店は独自販売ルートを確保しており、愛車に思わぬ高値がつくこともあります。しかしそのためには、査定前にある準備をしておくこ...

  
1048

ボンネットダンパーって知ってますか?

「自分の愛車は自分でメンテナンス!できる限りは自分でやります!!」がモットーの、YouTuber SUGI NAMU。今回はボンネットダンパーを車に取りつけてみました。ところで、みなさんはボンネットダンパーを知っていますか?BMW、メルセデス、アウディを始めとした欧州車に多く採用...

  
3683

気づいたら、ボディがまっ黄色。黄砂や花粉の効果的な除去方法とは?

暖かくなり気候が良くなると気になるのが、花粉と黄砂。この花粉や黄砂は、私たち人間にとっても有害ですが、車にとっても有害で、放っておくとシミとなり、最悪の場合、ボディを侵食してしまいます。今回は、そんな花粉や黄砂から大事な愛車を守る除去方法を紹介します。

  
5606

待ってました!最も心地よく感じられた『フォルクスワーゲン パサート TDI』をご紹介!

本当なら、もっと早い時期に味わうことができるはずだった……。フォルクスワーゲン パサートに追加設定されたディーゼル版「TDI」の素晴らしい出来ばえに触れた瞬間から、そんな思いが脳裏をよぎってしまった。文・武田公実/Takeda Hiromi

  
3622

FCVといえばトヨタMIRAI?他にどんな燃料電池車がある?

メルセデスやBMWをはじめ、多くのメーカーが研究開発を続けている燃料電池車(FCV)。しかし、その多くはまだ研究段階で、市販化にこぎつけているメーカーは、ごくわずか。なかでも有名なのはトヨタ MIRAIですが、他にはどんな車があるのでしょう?

  
906

最高速310キロ!高速消防車「日産 GT-R」

消防車といえば一般的にトラックベースで、キャブ後部に消化器材を架装するもの。しかしニュルブルクリンクには、世界第一線級のスポーツカーをベースにした消防車が存在します。そのベース車が、日産 GT-Rというから驚きです。--------------------------------...

  
13682

BBSジャパンがSUV向けアルミ鍛造1ピースホイール「RE−X」をリリース!その開発秘話に迫る

プレミアムな鍛造アルミホイールで知られるBBSジャパンが、新たにSUV向けアルミホイール「RE-X」の発売を開始しました。モダンなデザインに秘められた特長や開発秘話に迫ります。

  
15686

手に入る「ミライ」

トヨタとホンダから水素で発電して走る燃料電池車(FCV)が発表された。市販化はトヨタの「ミライ」が先行するが、ホンダも来年早々には市販化の予定だ。両者は2000年頃からFCVにこだわり、日本では水素関連のサプライヤーを牽引してきた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス v...

  
164

冬が終わったあとのカーケアは何をすべき?

寒い冬もいよいよあと少し。暖かい春になったら、一度愛車のケアをしてあげませんか。車も冬を越すといろいろな所にケアが必要なのです。今回は、春のカーメンテナンスをご紹介します。

  
5291

小沢コージのものくろメッセ その9 最近のマツダはなぜ凄いのか?

最近、ヤケに進捗著しいマツダ。セダンのアテンザ、ハッチバックのアクセラ、コンパクトカーのデミオ。いわゆる「スカイアクティブ技術」が導入されてからの一連の新車は、デザインの質、インパクト、一貫性、走りの良さ、燃費の良さ、ディーゼル技術の投入と明らかに勢いを感じる。text : 小沢...

  
376

ブレーキをいじってたら本物!? デキるヤツと思われるチューニング箇所3選

車のカスタムは無数にありますが、改造したことがあからさまにわかるほうが、周囲へのアピール度は高いと言えます。一方でブレーキやエンジンチューンなど、見た目にはっきりわからない改造は、見てくれよりも、性能を追求する通なカスタムとも言えます。今回は、見た目だけではない、機能性重視のデキ...

  
19618

スズキの世界戦略車 −バレーノ

インド発のスズキのグローバルカーが、とうとう日本にやってきた。その名をスズキ・バレーノと言う。アジアを始め、ヨーロッパ、アメリカなど、全世界に向けたグローバルカーを開発するにあたり、その中心となったのが振興著しいインドのマルチスズキだった。text:竹岡 圭 [aheadアーカイ...

  
1300

あぁ懐かしい…西部警察に登場した名車たち

カーアクションで有名な日本のドラマといえば『西部警察』でしょう。「太陽にほえろ!」と並ぶ、石原プロの看板作品です。西部警察は日産協力のもと製作されたため、主役級マシンはすべて日産車がベースでした。

  
7042

トヨタ ミライの排水は飲める!? 実際に飲んだ感想は?

次世代エネルギー車の一種、燃料電池車(FCV)は水素と酸素の化学反応を利用して電気をつくり、駆動用モーターを駆動させる仕組みです。水素と酸素の化学反応によって排出されるのは水のみ。その排水、味見してみたくありませんか?

  
8468

直噴エンジンの燃費が良いと言われる理由とは?

ガソリンエンジンは、シリンダー内にガソリンと空気が混ざった混合気を噴射し、圧縮。スパークプラグで点火するという形式を採用していました。その考え方を変え、空気を先に送り込み、その圧縮行程でガソリンをシリンダー内に噴射してスパークプラグで点火する直噴エンジンが市販されたのは、もう20...

  
25499

車両重量999kgを実現!? ランボルギーニが採用する"フォージドコンポジット"技術とは?

高価な素材としておなじみのカーボン繊維ですが、いまやスポーツカーのみならずエコカーにも採用される時代。しかし、ランボルギーニが、キャロウェイ、名古屋工業大学との提携により開発された新技術「フォージドコンポジット」の登場で、これまでのカーボン素材は時代遅れになると言われます。フォー...

  
11235

なぜ最近のディーゼルエンジンは昔より静かになったのか?

その昔、ディーゼル車と言えば、「ガラガラ」というような独特なエンジン音がする乗り物でした。筆者は20年以上前に、4WD雑誌のライターをしており、たびたび、パジェロやランドクルーザーなど、いまでいうところのディーゼルSUVを借りて、試乗や撮影など行っていました。信号待ちなどアイドリ...

  
19018

寒い地域で車がパワーアップするというのは本当?

車の性能を測るうえで、ひとつの目安になるのがエンジンパワー。このエンジンパワーは「温度が低いほうが出やすい」という話を聞いたことがあります。そうなると、沖縄より北海道、ハワイよりウラジオストク(ロシア極東)でパワーチェックを行ったほうが、より良い数値が出ることになります。そのよう...

  
5790

なぜ軽自動車にはディーゼル設定が無い?

クリーンディーゼルの登場で、かつてのディーゼル=汚い、黒い、遅い…のイメージはずいぶんと様変わりしました。パワーも十分で燃費が良く、燃料代も安く、良いことづくめのようですが、なぜか軽自動車にはディーゼルエンジンの搭載車がありません。なぜでしょうか?

  
27678
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives