「駐車」の検索結果(789件)

記事

フロントガラスのコーティングや油膜取りにおすすめなアイテム10選!

梅雨時はフロントガラスの油膜や水垢・ウロコ・ウォーターデポジットなどの汚れが気になりますよね。そこで今回は、Amazon売れ筋ランキングや楽天ランキング(ともに2019年7月19日時点)をもとにフロントガラスの撥水コーティング剤や油膜取りクリーナーを調査。あなたにとって最強なアイ...

  
4062

運転はしやすい?アコードハイブリッド2016の試乗で気付いた3つの事

ホンダのプレミアムセダン、アコードハイブリッド。アコードハイブリッドを試乗してきたのですが、静寂性が格段にアップ!また標準装備のタイヤが変わったこともあり、乗り心地もかなり良くなっていました。そんなアコードハイブリッド(Accord Hybrid)ですが、マイナーチェンジで全長が...

  
1138

先代よりも少ないのが欠点?エスティマの収納スペース画像レビュー

エスティマ(ESTIMA)は髭のようなアクセサリーランプなど外装・エクステリアはスグに変わったとわかりますが、実は内装・インテリアのデザインも進化。先代モデルよりも使い勝手が良くなったように感じました。また、ホワイトの内装色が新設定されるなど、見た目もオシャレになったように感じま...

  
942

もはやジープ ラングラーを選ばない理由がない!? イメージとあまりに違う真の姿

ジープと言えば、四輪駆動車の代名詞にもなっているブランドですが、そのイメージから意外と敬遠する人が多いのが実情。でも今回、新型のジープ ラングラーアンリミテッドに全地形で試乗してみて、もはや選ばない理由が見つからないという結論に辿り着きました。文/写真・山崎 友貴

  
1698

夏場のサンシェード、どれくらい効果があるの?

夏場になると目にすることが増えるサンシェード。車内の温度上昇を抑えると聞きますが、実際はどれくらい効果があるのでしょうか。今回は、夏場のサンシェードの効果について紹介します。

  
1106

大量のカツオ落下…道路の落下物を発見したらどこに連絡すべき?

大量のカツオ、謎の靴、どこから飛んできたのかわからないダンボール…見つけたのはいいけれど、どこに連絡したら良いのかイマイチわからない道路の落下物。今回は、道路の落下物を発見した際の対処法を豆知識を交えながらご紹介します。

  
707

車のコーティング剤おすすめ10選!種類や選び方も徹底解説します!

車のコーティング剤、今のもので満足していますか?親水と撥水の違いも分からないからとりあえず定番にしとこう…という方も必見!Amazon売れ筋ランキングや楽天ランキング(ともに2019年7月5日時点)の上位にランクインしているアイテムを徹底解説!人気コーティング剤を比較して、あなた...

  
26398

やっぱり初代 (NA) が忘れらんねえよ...そんな思いから新車でマツダ 4代目(ND)ロードスター...

2015年3月、Webで商談予約を行った4代目(ND)ロードスターは自身にとって久しぶりの新車だ。購入グレードはSスペシャルパッケージの6MT、それにメーカーオプションのセーフティパッケージと、ディーラーオプションのナビゲーション用SDカードにフロアマット、そしてDSRC車載器と...

  
2274

【2019年版】ドライブレコーダー最強おすすめ10選!人気ランキングをもとに前後に取り付けられるタイ...

煽り運転対策として人気が高い「ドラレコ」。最近ではバックカメラ付きで前後にカメラを取り付けて後方の状況もバッチリ録画できるものもあります。人気ランキングを参考にしながら選び方や最新アイテムについて解説!2019年最強のドライブレコーダーは一体どれなのか探してみてください!

  
2578

ボッシュ、自動バレーパーキング商用化へ向け実証試験を開始

ボッシュ・グループとして初の実証実験で、システムの技術的な検証を行うとしています。

  
390

エスティマは運転はしやすい?【視界性を徹底チェック】

トヨタの高級ミニバンエスティマ(ESTIMA)が2016年6月にビッグマイナーチェンジをして、発売されましたね。先日、この新しくなったこのクルマのガソリン車とハイブリッド車の試乗に行ってきたのですが、やはり車体が重たいので若干気になる部分も・・・。また、このエスティマ(ESTIM...

  
388

愛車に使用感が出てきた…全塗装するなら?全塗装のメリット、気をつけるべき点、目安となる金額

自動車を初年度登録してからの経過年数の平均である平均車齢は、平成30年末現在は8.6年となっており、車齢は年々延びる傾向にあります。ちなみに、平成元年の平均車齢は4.75年でしたので、平均車齢は1.8倍になっています。(軽自動車を除く乗用車 出典:自検協)文・YOKOHAMA外資...

  
11273

実は10年前!?部品メーカーが造った暴走しないタイヤ止めとは

最近の自動車には誤発進抑制ブレーキなどが採用されていますが、そういった安全装備を備えていない車でのアクセル・ブレーキ踏み間違いの事故が減りません。そんな中で、いま再び10年前に開発されたある装置が再び注目を集めています。文/写真・山崎 友貴

  
38862

意外と知らないニッチな違反とその罰則6選

知らず知らずに交通ルールを守らず、いつの間にか違反を起こしているケースもあるかもしれない。本当は知っている必要があるものの、意外と知らない、見逃しがちな違反をピックアップしてみた。文・塚田 勝弘

  
43573

リアシートでシートベルトをしないと何点減点? 罰金はいくら?

令和元年、もはやシートベルトを装着することは当たり前という感覚になっているかもしれませんが、平成を通り越して昭和の時代に遡るとシートベルトを締めている乗員のほうが少数派でした。なにしろフロントシートのシートベルトの装着が全面的に義務化されたのは平成4年(1992年)からで、リアシ...

  
11521

トヨタ86KOUKIの収納スペースは何がある?後期モデルの使い勝手を確認

トヨタとスバルの共同開発で生まれたスポーツカー86(ハチロク)が2016年7月にビッグマイナーチェンジ。トヨタ86(ハチロク)の後期モデルを見に行ってきたのですが、大満足。先代モデルは価格の割りに内装が安っぽいなと感じたのですが、この後期モデルではこの欠点を克服。内装・インテリア...

  
2449

まだノンスリップマット使ってないの!?人気ランキングをもとにおすすめを商品を解説します!

ダッシュボードに敷けば、滑り止めマットやシートとして大活躍!ノンスリップマットはスマホホルダーとしても使える便利なアイテムです。揺れる車内でもスマホやタバコをサッと滑らずに置いておけて、取り外しも簡単!今回はAmazon売れ筋ランキング(2019年6月13日時点)をもとにおすすめ...

  
10511

20年以上ロードスターを乗り続けたからこそわかる、ロードスター乗りオススメのグッズ5選!

気が付けば、これまで20年以上もマツダのロードスターに乗り続けている。最初に購入したのは中古車のマツダ初代(NA)ロードスター。続いては初代ロードスターをベースにしたメーカーカスタムのM2 1001を購入し、同時並行に2代目(NB)ロードスターNR-Aにてワンメイクレースにも参戦...

  
2119

7世代目ゴルフの限定車「マイスター」シリーズ、3モデル5グレードで登場

7代目フォルクスワーゲン(以下 VW) ゴルフの限定車である「マイスター」シリーズから、「ゴルフ マイスター」「ゴルフ ヴァリアント マイスター」「ゴルフ オールトラック マイスター」の3モデル5グレードが登場。

  
1062

ボルボ240の発売当時を知るモータージャーナリスト中村氏の3世代にわたりボルボを乗り続けた原動力…オ...

今、巷では密かにクラシックカーがブームである。それも日常で使えるやつ。その機運は例えばメルセデスはヤングクラシックと称して、20~30年落ちのモデルのリフレッシュプログラムを始めているし、ボルボも同様なサービスをクラシックガレージと銘打って始めている。さらにヨコハマタイヤなどは、...

  
1878
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives