「頭文字D」の検索結果(43件)

記事

一人ドライブにおすすめ!関東ドライブスポット10選

一人で行動することが立派に市民権を得て、いまやお一人様の愛称?までつけられている時代。お一人様レストラン、お一人様ツアー、お一人様おせちなど、お一人様マーケティングに隙はありません。次のトレンドは、お一人様ドライブ!? 独りでも楽しめる関東のドライブスポットをご紹介します。

  
5980

頭文字Dで佐藤真子の愛車 日産シルエイティ、どうしてくっつけたの?

しげの秀一原作の大人気マンガ『頭文字D』では、180SXのボディにシルビアのフロントマスクを移植した「シルエイティ」が登場します。漫画のなかだけの改造車かと思いきや、このドレスアップは現実でも流行しました。どうしてこの改造が流行ったのでしょうか?

  
19830

NSXやフェアレディZなど…『MFゴースト』に登場してほしい国産車5選

2013年に連載が終了した人気マンガ『頭文字D』には多くの国産スポーツカーが登場しました。この作品でAE86型トレノ/レビンが人気となり、トヨタ 86/スバル BRZの開発が本格的に始まったことは記憶に新しいところです。その続編とも言われる『MFゴースト』の連載も始まり、ふたたび...

  
8955

頭文字Dの作者の新作「MFゴースト」連載開始!どんなストーリー?

「頭文字D」の作者しげの秀一による新作「MFゴースト」の連載が、ヤングマガジン誌で始まりました。かつての頭文字Dは、車好きを非常にワクワクさせる内容でしたが、新作はどんなストーリーなのでしょうか?

  
28558

頭文字Dは自動車業界・自動車好きにどんな影響を与えたのか?

頭文字(イニシャル)Dは、1995年から2013年まで、ヤングマガジン誌において18年ものあいだ連載された漫画作品です。連載を終えてからも、単行本やアニメ、DVD、映画、ビデオゲームなどで、絶大な人気を誇りました。そんな作品ですから、自動車業界に与えた影響も少なくなかったのです。

  
45951

登場してそうでしていない!頭文字Dに未登場な車5選

数多くの名車が登場する頭文字D。当時スポーツカーに乗っていた方だけでなく、現代の若い方も楽しめるストーリー展開は読み応え十分ですよね。そんな頭文字Dですが、「今度はあの車が出てきそう」「自分が乗っていたあの名車が登場していない」などと思いながら読んでいた方もいたのではないでしょう...

  
90547

スピードの出しすぎで鳴る「キンコン」という音はなぜ無くなったのか?

時速100km/hを超えると、キンコン〜キンコン〜と鳴る速度警告音。昭和の車にはみんなついていましたが、21世紀になってから、その音を聞く機会はなくなりました。あの「キンコン」は、いつ、どんな理由で、消えてしまったのでしょう?

  
32918

バブルを生き抜いた名車、シルビアと180SXの違いは?

バブル真っ只中の1988年、デートカーブームを起こすきっかけになった日産のシルビアS13型が誕生します。約1年遅れで誕生した180SXとの違いは何でしょう?

  
52829

1000周以上のアタック!? トヨタ 86、世界最長ドリフト168キロでギネス更新!

平凡で80点主義と揶揄されてきたトヨタ車が、世界では尖っています。先日のランクル世界最速SUV認定に引き続き、86がドリフト最長記録を更新する模様です。しかも破られた記録も86によって樹立されたもの。トヨタ車が平凡なんて、日本人の思い込みかもしれませんよ?

  
9964

人気ドラマ"逃げ恥"も!? 車への興味のきっかけとなったドラマや映画TOP5

007に出てきたボンドカーに憧れて、本物を買ってしまったという方や、ルパン三世が好きでフィアット500を購入した、あるいは映画キャノンボール2を見て、三菱スタリオンに憧れた…そんな車好きな人は少なくないでしょう。それでは、クルマに興味を持つに至った作品TOP5をチェックしてみまし...

  
30797

インドに正規輸入できないトヨタ86…その理由は?日本にも同様の事例がある?

世界中で人気のトヨタ86ですが、インドでは正規輸入ができないそうです。どうしてダメなのでしょう?そこには、インドならではの事情がありました。

  
38856

頭文字D仕様と湾岸ミッドナイト仕様…果たしてどちらが速いチューニングなのか?

クルマでのバトルをテーマにした漫画は、いつの時代も存在するものです。中でも近年大成功した作品として、「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」の2つが挙げられます。それぞれカスタマイズしたクルマ達が躍動するストーリーですが、チューニングカーとして考えると、どちらの作品の方が速いチューニン...

  
130095

3台のミニがカーチェイス!? 映画”ミニミニ大作戦”で軽快に走り回っていたミニ クーパーSって?

2003年に公開されたカーアクション映画、ミニミニ大作戦。この映画の中では、あの有名メーカーの車が全面に使われました。映画のストーリーとともに、映画内で登場した車種の魅力についても迫っていきます。

  
5365

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
73998

やはり別格!ランエボのスタートダッシュ、周りを難なく置き去りに?!

クルマ漫画のバイブル、頭文字Dにて"公道最強"というキャッチフレーズを掲げて読者を興奮させてくれたランエボ。それは決して漫画だけの話ではなかったのです。それを証明するかのような動画を発見しました。

  
13704

どちらも迷惑…「走り屋」と「暴走族」の間に違いはあるのか?

一般人から見たら「何が違うの?」という「暴走族」と「走り屋」。果たして違いはあるのでしょうか?どちらも普通の人が公道で出くわしたら迷惑な事には変わりないのですが。

  
43789

ランエボやWRXの「ミスファイアリングシステム」とは何だったのか?

まだWRCのトップカテゴリがグループAだった頃、各車両にはミスファイアリングシステム(アンチラグシステム)という装置が搭載されていました。ミスファイアリングシステムは、ラリーでは非常に役立つのですが、公道では危険ということもあり、付いてはいるものの、無効化されているものがほとんど...

  
151035

「頭文字D」にも登場した「溝落とし」…実際には可能?不可能?

未だに映画の新作が公開されるなど、いつまで続くのだろうと思う「頭文字D」の原作漫画が連載開始したのは今から20年前です。最初に「溝落とし」を見た時は衝撃だった人も多いと思います。試した人も結構いると思いますが、実際には可能なんでしょうか?

  
99854

10,000回転を超えるエンジンを持った車はどの程度存在したのか?

超高回転までブン回すエンジンで一つの「山」とも言えるのは1万回転でしょう。よほど高回転までまわるエンジンでも、タコメーターの数字は10000~12000回転ほどですが、実際にそこまで回るエンジンを積んだ車というのは実在するのでしょうか?

  
77526

高速道路をぶっ飛ばす「商用バン」…なぜあんなにも速く走れるのか?

皆さんも高速道路を運転している時に追い越し車線を勢いよく走り抜ける「商用バン」をご覧になった事があるはずです。スポーツ性に優れているようには決して見えない、見た目は普通のカローラだったり、まったく装飾がされているわけでもないフツ―の車がなぜあんなに速く走れるのか?その謎を推察して...

  
117642
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives