「面白い」の検索結果(344件)

記事

"キャデラック エスカレードは、トランプ大統領と大谷翔平選手の中間!?"アメリカ流ラグジュアリーSU...

さすがはフルサイズのラグジュアリーSUV 。いつ見ても大きい~!期待を裏切らない大きさです。久しぶりに乗った"キャデラック エスカレード"を試乗レポートします。文・吉田由美/写真・萩原文博

  
4079

ホンダフリードの内装【先代モデルよりも大幅に質感がアップ!?】

最近のホンダ車の特徴でもある”ソリッド ウィング フェイス”を採用した外装・エクステリアは、ステップワゴンやフィット3とソックリで新鮮さが全く感じられませんでしたが、内装・インテリアの質感は大幅に向上。このフリード(Freed)の内装・インテリアも若干”ステップワゴンぽさ”は感じ...

  
23209

インパネもステップワゴンっぽい!?【フリードの内装画像インプレ】

“ちょうどいい”をコンセプトに作られたホンダのコンパクトミニバン、フリード(Freed)が2016年9月にフルモデルチェンジをして、発売されましたね。先代モデルの内装・インテリアはシンプルなイメージがあったのですが、今回フルモデルチェンジをしたモデルの内装は、デザイン性が大幅にア...

  
2289

【デジタルメーターは見やすい?】フリードのメーター画像インプレ

2016年9月ホンダのコンパクトサイズのミニバン、フリード(Freed)がフルモデルチェンジをして新発売されましたね。 今回も先代モデルと同様にハイブリッド車・ガソリン車の2つのモデルがラインナップされていますが、このモデルではガソリン車でもデジタルメーターを採用。 先代モデ...

  
2360

【シートに注目】アルファード エグゼクティブラウンジの内装レビュー

未だに高い人気を誇っている30系アルファード(Alphard)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”を先日、試乗をしてきました。この30系アルファード(Alphard)はグレードによってインパネやシートのデザインが異なりますが、一番内装・インテリアが豪華で快適性に優れているのが...

  
40082

ソリオよりも劣る!?トヨタ タンク/ルーミーの収納スペース&小物入れ

トヨタから室内の広さと運転のしやすさが魅力のトールワゴンタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)が発売されましたね。先日、タンクを販売しているネッツトヨタに行って来たのですが、売れ行きは予想よりも好調のようで、納期・納車待ちも伸びつつあるようです。このように納期・納車待ちも徐々...

  
2646

【実車画像で違いを比較】新型プリウスPHVモデリスタの内装インプレ

2017年2月、トヨタのプラグインハイブリッド車新型プリウスPHV(Prius PHV)がフルモデルチェンジをして2代目となりましたね。今回新発売されたこの新型モデルの外装・エクステリアは、一目でわかる元々特徴的な外装・エクステリアをしています。ただ、純正カスタマイズパーツのモデ...

  
1421

2019年アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

R32型スカイラインGT-Rが生産から25年経過した際に話題となった25年ルール。国外で生産された車両をアメリカへ輸入する場合、様々な事項に適合させる必要があるため中古車の輸入は実質不可能ですが、25年以上経った車両は規制が緩和されるため「輸入解禁」状態となります。そこで今回20...

  
43392

【新型ハイラックスはダイナミックな外装!】画像で徹底チェック!

新型ハイラックスのダイナミックな外装をチェックしてみました。2017/10/30

  
1484

新型リーフG、S、Xグレードの魅力…スポーツさだって忘れていない!

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ、電気自動車だからといって、普通の車と動力性能が大幅に異なっていれば、日常使用にも問題が出てきます。果たして、EVというかリーフは、普通の車として使用に耐えるのか、書いてみました。2017/11/8

  
1461

2017年新型リーフの内装・インテリアをご紹介【グレードごとの違いは?】

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ。内装や、インテリアなど、どう進化したのでしょうか。グレードごとにお伝えしていきたいと思います。2017/11/8

  
2175

新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想

新型カローラはガソリンエンジン以外に、1.5リッターエンジンを使用したハイブリッドモデルが用意されています。この記事ではハイブリッドモデルの走り、加速力について解説します。2017/12/13

  
9409

スズキXBEE試乗レビュー【実際に試乗して感じた良かった点・悪かった点をご紹介】

今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!ここでは、実際に試乗して良かった点と悪かった点をご紹介します!2018/1/22

  
42940

バウンスはウェッジの命|バウンス角を見直して劇的にスコアアップ

ウェッジのソールには傾斜がつけられています。シャフトの軸線からフェースをストレートにしたときにできる角度がスペックになります。バウンス角です。ウェッジにおいて、ロフトの次に重要視されるバウンス角ですが、なんとなく雰囲気で考えているゴルファーが多いのには驚かされます。このバウンス角...

  
395

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2566

オドメーターとトリップメーターの違いは?トリップメーターの活用法もご紹介

旅行などでクルマを利用した際に、「総走行距離を知りたいけど、オドメーターの距離を記録して逆算するしかないの?」そんな方もいるかもしれません。そこで今回は、オドメーターとトリップメーターの違いや、トリップメーターの活用方法をご紹介します。文・西川昇吾

  
36599

公道を走らないスーパーカー

最初に「えっ?」と思わされたのは、2005年のこと。さすがにコレはキビシイでしょ……という大方の予想を覆し、すんなり完売しちゃったからだ。そのクルマは、フェラーリFXX。エンツォをベースにして、1155㎏の車体に800ps。29台限定で、価格は2年間の走行プログラムや各種メンテナ...

  
3097

アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場しま...

  
2713

ストラトス・レプリカが生まれた文化的背景を知る

英国生まれのランチア・ストラトス「the STR」のジャパン・プレミアが行われ、その会場で自動車ライター武田公実氏とカーライフ・エッセイストの吉田由美氏によるトークセッションが行われた。文/写真・栗原祥光

  
7144

「RB26DETT」や「1LR-GUE」など…平成に誕生した名エンジン6選

平成ももうすぐで終わり…平成が始まったころはバブル絶頂期で、今でも根強いファンを持つ車種が多く誕生しました。そんな日本自動車業界的には「イケイケ」な時代でスタートした平成。約30年間の時代の移り変わりと共に、様々な車種が登場し、そして様々なエンジンが搭載されました。今回はそんな平...

  
25832
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives