「面白い」の検索結果(337件)

記事

2019年アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

R32型スカイラインGT-Rが生産から25年経過した際に話題となった25年ルール。国外で生産された車両をアメリカへ輸入する場合、様々な事項に適合させる必要があるため中古車の輸入は実質不可能ですが、25年以上経った車両は規制が緩和されるため「輸入解禁」状態となります。そこで今回20...

  
41406

【新型ハイラックスはダイナミックな外装!】画像で徹底チェック!

新型ハイラックスのダイナミックな外装をチェックしてみました。2017/10/30

  
561

新型リーフG、S、Xグレードの魅力…スポーツさだって忘れていない!

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ、電気自動車だからといって、普通の車と動力性能が大幅に異なっていれば、日常使用にも問題が出てきます。果たして、EVというかリーフは、普通の車として使用に耐えるのか、書いてみました。2017/11/8

  
553

2017年新型リーフの内装・インテリアをご紹介【グレードごとの違いは?】

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ。内装や、インテリアなど、どう進化したのでしょうか。グレードごとにお伝えしていきたいと思います。2017/11/8

  
730

新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想

新型カローラはガソリンエンジン以外に、1.5リッターエンジンを使用したハイブリッドモデルが用意されています。この記事ではハイブリッドモデルの走り、加速力について解説します。2017/12/13

  
8244

スズキXBEE試乗レビュー【実際に試乗して感じた良かった点・悪かった点をご紹介】

今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!ここでは、実際に試乗して良かった点と悪かった点をご紹介します!2018/1/22

  
42194

バウンスはウェッジの命|バウンス角を見直して劇的にスコアアップ

ウェッジのソールには傾斜がつけられています。シャフトの軸線からフェースをストレートにしたときにできる角度がスペックになります。バウンス角です。ウェッジにおいて、ロフトの次に重要視されるバウンス角ですが、なんとなく雰囲気で考えているゴルファーが多いのには驚かされます。このバウンス角...

  
195

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2260

オドメーターとトリップメーターの違いは?トリップメーターの活用法もご紹介

旅行などでクルマを利用した際に、「総走行距離を知りたいけど、オドメーターの距離を記録して逆算するしかないの?」そんな方もいるかもしれません。そこで今回は、オドメーターとトリップメーターの違いや、トリップメーターの活用方法をご紹介します。文・西川昇吾

  
34273

公道を走らないスーパーカー

最初に「えっ?」と思わされたのは、2005年のこと。さすがにコレはキビシイでしょ……という大方の予想を覆し、すんなり完売しちゃったからだ。そのクルマは、フェラーリFXX。エンツォをベースにして、1155㎏の車体に800ps。29台限定で、価格は2年間の走行プログラムや各種メンテナ...

  
2514

アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場しま...

  
2227

ストラトス・レプリカが生まれた文化的背景を知る

英国生まれのランチア・ストラトス「the STR」のジャパン・プレミアが行われ、その会場で自動車ライター武田公実氏とカーライフ・エッセイストの吉田由美氏によるトークセッションが行われた。文/写真・栗原祥光

  
6841

「RB26DETT」や「1LR-GUE」など…平成に誕生した名エンジン6選

平成ももうすぐで終わり…平成が始まったころはバブル絶頂期で、今でも根強いファンを持つ車種が多く誕生しました。そんな日本自動車業界的には「イケイケ」な時代でスタートした平成。約30年間の時代の移り変わりと共に、様々な車種が登場し、そして様々なエンジンが搭載されました。今回はそんな平...

  
25472

パターが入らない!なんて言わないで!すぐできるパット数が激減する簡単な方法とは?

パー4のミドルコース。パーオンに成功!そこから4パットでダボ…ドライバーもアイアンも、ナイスショットが帳消しです。パターって練習場でもあまり時間をかけて練習しないですよね?角の方に置いてあるパターマットで少し練習をしてみたり、あとは本番の練習グリーンでスタート前に少し確認する位で...

  
26410

再流行か!? 4WSを採用する車4選

1980年代後半から高性能な日本車に多く採用された4WS。前輪に加えて、後輪も操舵するこのシステムは、ホンダ プレリュードに搭載された4WSや、日産 スカイラインシリーズなどに搭載されたHICAS(ハイキャス)と聞けばピンとくる方もいるのでしょうか?構造が複雑なことや、コストの面...

  
29263

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
1322

【妄想記事】2000万円で何台買ってもOK!あなたならどんな車を買う?

年末ジャンボ宝くじは予定通り(?)とはいかず、むなしい結果に終わってしまったという人が大半でしょう。しかし、もし宝くじが当たったらどんなクルマを買おうか…と妄想するのはクルマ好きにとっては楽しい時間。さすがに億単位になると妄想するにもK点オーバー。今回はリアリティの感じられるギリ...

  
12794

【ライター&トーチでかぶり回避】キャンプ焚き火で使いたいライターはまだまだある

今キャンプで火を使うならコンパクトトーチが大人気ですが、だからこそかぶることしばしば。アウトドアギアにおけるライターの存在感が薄くなっている感のある昨今、もっとライターを楽しんでみませんか?エマージェンシーツールに、EDC(エブリデイキャリー)に編集したくなる魅力あるライターまだ...

  
1332

中身を最新技術にして復活してほしいクルマ5選

日本のクルマ社会は、1950年代後半に始まり、オイルショックやバブル崩壊を乗り越えて、かれこれ半世紀以上が経過しました。その間には、さまざまな事情から惜しまれながら消えた名車もたくさんあり、いまでも人気のクルマも少なくありません。しかし、古い車は運転にコツがあったり、燃費が悪かっ...

  
7901

ベテランがヒヤッとするサンデードライバーの運転パターン5選

たまの休みのときにだけしかクルマを運転しない"サンデードライバー"。運転自体は慎重なので事故は少ないと言われますが、その多くはギリギリで助かっているのでしょう。今回は、サンデードライバーがやりがちなヒヤッとする運転パターンを考えてみました。サンデードライバーの方は...

  
21805
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives