「雨天」の検索結果(61件)

記事

【RSと標準モデル】新型スイフトの外装の違いは何?実車画像で比較してみた

軽量化を施した新型プラットフォームを採用したスズキのコンパクトカー、新型スイフト(SWIFT)が、2017年1月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。今回新発売されたこの新型モデルは、内外装・足回りの異なる次の2つのモデルを用意。・標準モデル・RSどちらも「スイフトらし...

  
10784

2017年夏にマイチェンしたエスクァイアの内装ってどうなの!内装をチェックしてみました!

2017年7月にマイナーチェンジをしたトヨタの5ナンバーサイズミニバン、エスクワィア。今回は、そのエスクワィアについて、紹介していきたいと思います。2017/8/23

  
394

運転の妨げになりやすい、グレーな危ない行為5選

「ながらスマホ」が危険なことは自明だ。スマートフォンが便利になるほど「ながら」で運転するドライバーが増えて社会問題化したことで、道路交通法で明確に禁止されている。しかし、道路交通法などには明記されていないものの危険につながる行為はある。そうしたグレーゾーンの危うい行為をいくつかピ...

  
2347

フォグランプとヘッドライト、照射や目的の違いは?

夜間走行で必ず必要なのがヘッドライトです。それとは別に装備されているのがフォグランプですが、こちらはヘッドライトとどのように異なるかご存知ですか?フォグランプが装備されていない車両もありますが、フォグランプにはヘッドライトとは別の役割があります。そこで今回はフォグランプとヘッドラ...

  
36056

たまに見かけるマンホールの蓋を避けて走る車、踏まないほうがいいの?

道路の下には様々なインフラが隠されている。その保守点検に必要な出入口がマンホールで、最近ではデザイン性のあるマンホール蓋で地域おこしをしているケースも増えている。クルマで走っていると気付きづらいが、歩いているときなどに立ち止まって見てみるとユニークな意匠のマンホール蓋を見つけるこ...

  
2472

デザインや技術など、未来的なコクピットのクルマ5選

どの時代も挑戦的ともいえるデザインやユーザーインターフェイスを備えたインパネ(コクピット)のクルマが存在してきた。現行モデルで未来的(近未来的)なクルマをピックアップしてみよう。文・塚田勝弘

  
5347

【ライター&トーチでかぶり回避】キャンプ焚き火で使いたいライターはまだまだある

今キャンプで火を使うならコンパクトトーチが大人気ですが、だからこそかぶることしばしば。アウトドアギアにおけるライターの存在感が薄くなっている感のある昨今、もっとライターを楽しんでみませんか?エマージェンシーツールに、EDC(エブリデイキャリー)に編集したくなる魅力あるライターまだ...

  
1332

いまさら聞けない、スタッドレスとノーマルタイヤの違い

降雪時でも、チェーンなしで走行できるスタッドレスタイヤ。乾いた路面では、通常のノーマルタイヤと変わらず使えることがメリットで、最近では降雪地域以外の方でも、スタッドレスタイヤを装着されるドライバーが増えているのだとか。そんなスタッドレスタイヤについて、いま一度おさらいしてみましょ...

  
17095

雨の日の乗車で濡れないための対策とは?

雨の日、クルマへ乗り込む、またはクルマから降りる際、できるだけ雨に濡れずに済ませたいですよね。そんな悩みは、ちょっとした道具で解決可能です。ここでは、雨の日になるべく濡れずにクルマから乗り降りできる方法を紹介します。文・吉川賢一

  
3230

新しいキャンプの教科書:第6回「荷物の積み込みテクニック」

荷物の積み込みはパズルだ!何事もコンパクトな時代だからこそ、工夫とアイディアが欠かせません。限られた荷室を最大限に活用する積載術を紹介します。

  
1044

なぜ冬のフロントウィンドウは曇りやすいの?対策は?

冬のドライブで、悩ましいのはフロントウィンドウの曇りです。運転中、突然窓ガラスが曇ってくると、ちょっと焦ってしまいますよね。そんなフロントウィンドウが曇る原因と、対策方法について紹介します。文・CarMe編集部

  
3500

採用車増加中!ヘッドランプウォッシャーの使い方

最近の快適機能で各車がこぞって採用しているのがヘッドランプウォッシャー。その名前の通り、ヘッドランプを洗浄するための機構なのですが、はたしてどのような状況下で使えばいいのでしょうか。また、採用している車が増加している理由とは?文・CarMe編集部

  
11986

F1などのレース用タイヤって公道で使ってもいいの?

フォーミュラーカーやGTカーが、乾いた路面のときに使うスリックタイヤや、ラリーカーが雪道で使うスパイクタイヤなど、クルマのレースでは、一般に市販されていないタイヤが数多く使われています。特殊な用途で作られたこういったタイヤが手に入ったとして、はたして公道で使うことはできるのでしょ...

  
2555

音を奏でる道路!? メロディーロードってどういう仕組み?

メロディーロードと呼ばれる道路が、日本に点在しています。その場所を通過すると音楽が聞こえるメロディーロードは、どのような仕組みになっているのでしょうか?設置するメリット、そしてメロディーロードを設置する上での条件について紹介します。

  
3612

新型レクサスESに採用!デジタルアウターミラーとは?

2016年の法改正から約2年。ようやく量産車としては世界初となるデジタルアウターミラーを、レクサスが新型ESに採用することを発表しました。機能はもちろん見た目の雰囲気を一変させる次世代のドアミラーとは、いったいどのようなものなのでしょうか。文・西山昭智

  
7556

便利なワックスインシャンプー、デメリットはある?

太陽がジリジリと照りつける季節も終わり、快適に過ごせる日が増えてきました。そんな快適な季節は、洗車にも最適。次の週末に洗車をしようか…なんて考えている方も多いのでは?そんなときワックスインシャンプーを使えば、時間と手間の短縮になりますが、ワックスインシャンプーにはデメリットもある...

  
6580

サイドミラーにワイパーがあった車

ワイパーは、一般的にはフロントガラス、リアガラスに付いているものだと認識されています。しかし昔は、ブレードでガラスをスッと払うことで、水滴が除去され、視界確保に役立っているワイパーの機能を、ほかにも応用しようと試みた時代がありました。ここでは、そんな試みのひとつであるサイドミラー...

  
6429

ヘッドライトにワイパーがついていた車5選

自動車のワイパーは、雨天時にガラスに付いた雨滴を払う重要なパーツです。このワイパーを無くし、なおかつフロントウインドウが雨に濡れないような機構を作ることができればノーベル賞ものと、昔からいわれています。それほどシンプルで大切なパーツなのですが、そんなワイパーがヘッドランプについて...

  
11397

コラムシフト、フォグランプなど…いつしか消えそうな自動車の装備たち

これまでに登場したクルマの装備には、時代によって淘汰され、無くなってしまったものも少なくありません。今回は、最近の電動化、自動化によって今後消えていきそうな装備、高性能化によって不要となった装備などを紹介していきます。文・赤井福

  
6452

これでキャンプに行きたい!VWの「グランドカリフォルニア」ってどんなクルマ?

今年の夏も各地でキャンピングカーを目撃しましたが、ドイツのVW社が新型のキャンパーを発表しました。もはや伝統ともなったVWの「カリフォルニアシリーズ」、その最新版とライバルであるメルセデス・ベンツの最新キャンパーをご紹介します。文・山崎友貴

  
19652
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives