「関東」の検索結果(72件)

記事

トヨタの高級セダン、センチュリーとクラウンってどれくらい違う?

センチュリーとクラウン。どちらもトヨタを代表する高級セダンですが、両車はまったく異なるアプローチでクルマ作りを行っています。ボディサイズやパワートレーン、販売価格などを比較し、どれくらい違っているのかを検証してみました。文・CarMe編集部

  
11159

フランス人はなぜ日本が好きなのか?

インバウンドの外国人ツーリストの国籍別割合で、フランス人が増えているそうだ。筆者が数年前に帰国した頃、日本の観光情報を外国語発信するなら、西欧言語では英語以外にフランス語も揃えた方がいいですよと、方々で売り込んでも、まったく相手にされなかったものだが。text:南陽一浩 [ahe...

  
720

【名人直伝】焚き火を失敗しない6つのコツ! 薪の種類と組み方、おすすめ焚き火ギアも

コアなコールマン愛好家たちの間で、「焚き火の名人」と一目置かれるキャンパーがいます。「tiezouさん」こと片岡一仁さんです。コールマンCOC全国ミーティング2016で、焚き火ノウハウのすべてをお聞きしてきました。保存版です。

  
1036

埋もれちゃいけない名車たち vol.72 遊び心をそそのかす「ホンダ・シティ」

今回の特集は〝R134〟ー国道134号線である。雑誌に特集される特定の道というのを他に聞いたことはないけれど、まぁ不思議はないだろう。神奈川県に隣接してない埼玉で育った僕にすらR134にまつわる想い出が幾つもあるくらいで、とりわけ関東圏の人の中には〝R134〟という文字に郷愁じみ...

  
459

ツーリングマップルを持って旅に出よう

昭文社が発行する『ツーリングマップル』は、バイク乗りなら誰もが1冊は買ったことがあるのではないか。text:山下 剛 [aheadアーカイブス vol.180 2017年11月号]

  
143

ルーレット族取締中とあるけど…ルーレット族ってなに?

首都高速を走行していると『ルーレット族取締中』という表示を見ることがあります。このルーレット族とは、いったいどのような人たちを指すのでしょう。特徴や注意点などについても解説していきます。文・赤井福

  
7299

車内の温度を素早く下げる方法

関東地方は、早々と梅雨明け宣言が気象庁より発表され、2018年も暑さに悩まされる季節となりました。エアコンの効く車に乗っても、日中の太陽の日にさらされた車の車内は40℃以上の温度。そこで今回は、素早く車内温度を下げる方法を紹介します。

  
16027

純正部品の供給が少ない旧車に断熱ガラス「クールベール」がアリな理由とは?意外にお得な選択肢に迫る。

2018年の関東地方は短すぎる梅雨に終わりました。6月の下旬からうだるような暑さが始まり、青空駐車の車内は地獄そのものです。そこで、CarMeで寄稿する自動車ルポライターが意を決して25年オチのロードスターに「クールベール」を導入することに?ちょっと贅沢すぎるとも言えるこの選択は...

  
3631

責任と品格

ルールは規則に準ずるので守らなければ罰則を課せられる。マナーは規則の範疇ではないので罰則はない。ルールは基本的に社会によって定められるが、マナーの規範は自分の中にある。ルールは明文化されたものであるのに対して、マナーは個人の価値観に委ねられる。しかしルールに定められていない責任も...

  
1198

吉田由美の横浜・みなとみらい ショールームめぐり

横浜・みなとみらい…。自宅から近いこともありますが、この辺りへは「横浜美術館」や「赤レンガ倉庫」などで行われるイベント取材、「インターコンチネンタルホテル」などで行われる試乗会、「パシフィコ横浜」で行われるライブ鑑賞、「クイーンズスクエア」などでのショッピング、友人や親せきが遊び...

  
1423

特集 第三京浜物語

国道466号、第三京浜道路。東京と横浜を結ぶ片側3車線のこの自動車専用道路は、ワインディングでもなければ、景色を眺めるための道でもない。しかし、クルマやバイクで走る人を惹き付ける何かがある場所なのである。全長は、16.6キロ、時間にしてわずか15分程度で駆け抜けてしまう「第三京浜...

  
2320

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを覚えているだろうか。自転車のように自分の足で漕がなくても前に進む歓びや、スピードという快感を初めて身体で感じた...

  
2894

かわいいorカッコイイ

かわいいと言う人も、カッコイイと言う人もいるスズキ「ハスラー」は、本格的なSUVのルックスで、老若男女、幅広い層に受け入れられている。何においても〝かわいい〟はタブーというイタリアが生み出したチンクとベスパはヨーロッパにしっかりと浸透している。一方、 フランスでは少し前、DS3が...

  
1502

バスでも鉄道でもない!筑波山由来の自動車「筑波号」を知っていますか?

広大な関東平野にそびえ立つ筑波山が由来となっている「筑波号」という自動車があります。"号"という名称がついているために、高速バスや列車を連想させますが、いったいどのような自動車だったのでしょうか。

  
2905

関東一の鍾乳洞やコバルトブルーの絶景など…群馬県のドライブスポット9選

絶好のドライブシーズンが今年も到来。どこに行こうか?と悩んでいる方、群馬県はどうでしょう?群馬県の有名な観光地と言えば、草津温泉や伊香保温泉、世界遺産の富岡製糸場などが挙げられますが、ほかにも魅力的なスポットが盛りだくさん!今回は、東京から日帰りで行ける群馬県のドライブスポットを...

  
7153

高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに?

ピクトグラムという言葉をご存知でしょうか?馴染みのあるところだと、デパートや駅などのトイレの案内板に描かれてる人形のマークのことです。文字よりも視覚的に表現することで、情報をわかりやすく誰にでも伝えるものです。そのピクトグラムは、高速道路でも目にすることがあります。

  
33644

2つの岬を巡る一日旅 東京湾フェリーで海を渡る

いつも当たり前のように見ている地図が、ある日ふと訴えてくることがある東京湾を囲む2つの半島が自分を呼んでいるような気がして冬晴れのその日フェリーに乗って小さな1日旅に出かけてみたtext:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.134 2014年1月号]

  
234

忘れられないこの1台 vol.58 ヤマハ SR400

正真正銘のシングルマン。そう呼ばれるひとりの英国人に会った。その男は自分の両足を指さし、「ほら、右足の方が左足より少し太いだろう? なぜだと思う? それは何十年もビッグシングルのキックスターターを蹴り飛ばしてきたからさ」と微笑んだ。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス v...

  
4250

イバラの道を選んだマツダ MAZDAの一貫したクルマ創り

自動車ビジネスは多岐にわたる。3万点ものパーツを設計して最適に組み合わせるだけでも大変なのに、それらを組み立て、輸送、販売し、売った後は整備や修理もしなければならない。さらには中古車買い取り、再販売。気が遠くなるようなプロセスの集合だが、それだけに上手く回せば膨大なバリューチェー...

  
900

ドッグラン見聞録 vol.2 佐野SA(下り線)

関東の水瓶「利根川」。東北自動車道を北上すると埼玉と栃木の県境を成す大きな川を渡る。車道の天を覆うような、白いトラスが目印だ。佐野SAはそこから更に10分ほど下ったところに位置している。text:河村大 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9...

  
281
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives