「鎌倉」の検索結果(23件)

記事

BEYOND THE LIMIT 新たなステージへ

日本の自動車文化を新たな段階へ引き上げるためには、日本にもヘリテージが必要だと「オートモービル カウンシル」を開催したカーグラフィック代表の加藤哲也氏。バイクに乗ることは、趣味という枠を超えてライフスタイルにまで昇華できるとバイクの持つ親和性を信じて、テレビ番組「Ride&Lif...

  
74

鎌倉さんぽ、開運の旅

いつものルートで、いつものドライブ。気にはなっているけれど、ついすっ飛ばしてしまう、そんな場所はありませんか。思い切ってクルマを停めて、歩いてみたら…いつものドライブ風景も、違って見えるかも知れません。text:村上智子 photo:山岡和正 [aheadアーカイブス vol.1...

  
30

花・咲く・頃から

日本の自動車の黎明期に幼少期を過ごし、もっともクルマが輝いた時代に、自動車雑誌で活躍。その後、彼女はヨーロッパへと渡った…。text:松本葉 [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
31

じゃじゃ馬っぷりがたまらない…ドッカンターボといわれた車5選

「ドッカンターボ」という言葉を聞かなくなって数十年。読者のなかには、すでにこの表現を知らない方もいるかもしれませんね。決してターボ車が珍しいわけではないのですが、いったいこの「ドッカンターボ」とは、どんなクルマのことを指していたのでしょうか。文・立花義人

  
10915

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
141

定番を売るということ

親から子へ、職人から職人へと引き継がれ、誰が作っても同じものができる。そんなもののことを「定番」と言うのではないか。ずっとそう思っていた。でもここには、ちょっとちがう「定番」の姿がある。text:まるも亜希子、岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.15...

  
131

2つの岬を巡る一日旅 東京湾フェリーで海を渡る

いつも当たり前のように見ている地図が、ある日ふと訴えてくることがある東京湾を囲む2つの半島が自分を呼んでいるような気がして冬晴れのその日フェリーに乗って小さな1日旅に出かけてみたtext:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.134 2014年1月号]

  
26

クルマと橋と道

橋はあらゆるものの境界だ。町と町、国と国を結ぶ物理的な境界でもあり、生と死、聖と俗を隔てる境界でもあって、だから、橋はこの世ならぬものが現れる場所としても描かれる。text:山下敦史、松本 葉、山下 剛 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1...

  
121

車で行きたい!千葉県のドライブスポット10選

アクアラインはもちろん圏央道が東関道につながったことで、都心や神奈川県はもちろん、埼玉、茨城、栃木方面からのアクセスも良好になった千葉県。ディズニーランドや木更津アウトレット、九十九里有料道路といった超有名なスポット以外にも、興味深い場所が目白押し。ここでは、そんな千葉県のドライ...

  
3726

買ってからデザインを変えられる ~コペン DRESS-FORMATION

コペンは気軽にオープンドライブを満喫できる2シーターの軽スポーツカー。丸目のヘッドランプが愛嬌を振りまいていた初代の登場から12年の月日を経て、2014年6月に2代目が登場。樹脂製のボディパネルが着せ替えできるというユニークな発想で、乗り手がクルマを通して自分らしさを表現したり、...

  
438

おしゃべりなクルマたち Vol.50 母と娘の探し物

ある秋の週末、友達と映画に出かけた娘を拾い、一緒にスーパーに出かけた。いつ雨が降り出してもおかしくない、そんな日だったから彼女は折り畳み傘を持参していたのだが、スーパーに着くとそれをパンダのグローブボックスにしまった。text:松本 葉 イラスト:武政 諒 [aheadアーカイブ...

  
135

忘れられないこの1台 vol.35 ジャガーXJ 8

―――The ownership experience of my Jaguar was like going to a finishing school for gentlemen.(ぼくにとって、ジャガーを所有した経験は、大人になるためのフィニッシイング・スクール*だった)t...

  
12

おしゃべりなクルマたち vol.42 ニホンに学んだこと

ウチを買い替えた。新しい住まいもアパートで、広さも同じなら間取りも変わらず、おまけに元の家から徒歩5分。この引越に意味はあるのかと友人にからかわれているが、外国で暮らしているせいか根を下ろす感覚に乏しい。どこに住んでも終の住処と思えず、だから引越が苦にならない。text:松本 葉...

  
19

おしゃべりなクルマたち vol.41 寂しくないか

クリスマスにもお正月にも甥っ子に会えなかったことが気がかりだった。我が子より大事なのではないかと娘に嫌みを言われるほどかわいがっているイタリア人の甥っ子は今年8歳になる。text:松本 葉 illust : 大塚砂織 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
9

お花見ドライブデートに!関東近郊おすすめ桜名所&お花見スポット10選

木の芽起こしの雨が振り、梅の話題がちらほらと聞かれるようになると、桜の開花もすぐそこまでやってきています。そろそろお花見ドライブデートの下調べを始めたいですね。もちろんデートだけでなく、友人とのドライブや女子会ドライブにもご利用ください。

  
6178

車好きにはたまらない!? 自動車メーカーが運営するカフェ

ディーラーに行くのはクルマを購入するとき、またはメンテナンスや車検のときというのが、これまでの常識でした。しかしこれからは、ブラッとお茶しに行くのが定番!? になるかもしれませんよ。

  
6967

私の永遠の1台 VOL.7 Norton アトラス ローボーイ ドミレーサー 745

バイクの数だけストーリーはあるが、とっておきの一台をピックアップするならば、1964年型ノートン アトラスをベースにしたプロダクションレーサー、ノートン アトラス ローボーイ ドミレーサー 745㏄につきる。text:江本 陸 [aheadアーカイブス vol.166 2016年...

  
978

あの人への手紙

8月も半ばになると、照りつける日差しも、ひそかに夏の終わりを忍ばせる。夏の終わりの予感は、同時に亡き人たちへの郷愁を呼び起こす。もう二度と会うことの叶わない人たち。生きていたら伝えたかったこと、生きていたら聞いてみたかったこと。みな、たくさんの想いを胸に抱いている。もう決して届く...

  
849

今後、マイカーで観光地に入ったら課金になる!?

休日のドライブは、クルマ好きの私達にとって楽しみのひとつです。都内近郊であれば、鎌倉や湘南がアクセスも比較的良いことから、日帰り行楽の人気スポットとなっています。しかし数年後、こうした観光地にクルマで行くと、「課金」されるようになるかもしれません…。

  
4930

素人の夏目さんが試してみた!手軽にできる車の添加剤LOOP!

季節はすっかり春。桜のシーズンこそ過ぎてしまいましたが、これから梅雨までの間は絶好のドライブシーズンです。シュアラスターカーウォッシュ講座を受けた夏目さんはというと、今までの努力もあって愛車プリウスはいつもピカピカ。春の陽気に誘われて、鎌倉への1人ドライブへとお出掛け…、の前に今...

  
2759
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives