「重量」の検索結果(943件)

記事

冬キャンプを始めるなら石油ストーブ!電源不要で取扱いも簡単!使用時の注意点も。

冬キャンプを楽しむために、重要な役割を果たす「暖」。今年から冬キャンプを始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そんな初心者冬キャンパーにオススメなのが誰でも扱いやすい石油ストーブ。ただし、使用する際に注意するべきポイントがいくつかあります。その注意点と本体重量10kg...

  
1268

ハイブリッド車やアイドリングストップなど…じつはエコじゃない!? 事実3つ

地球温暖化抑制のために自動車の排出ガスによる大気汚染を抑える、といった目的で、環境省からも推奨されている「エコドライブ」や「エコカー」。燃費の改善もできるため、お財布に優しい(=エコ)とも言われますが、本当に”エコカーだからエコ”、”エコドライブすればエコ”と言って良いのでしょう...

  
3035

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.107 関税25%の思惑

トランプ米大統領が、通商拡大法232条に基づき乗用車の関税を現在の2.5%から25%に引き上げることを検討していると報じられた。これが実行されたら日本の自動車メーカーは大打撃だ。いや、大打撃どころか息の根が止まるだろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.187...

  
457

ヤマハの考えるニュースタンダード 〜YAMAHA MT-09 SP ABS〜

MT-09は、ヤマハのスタンダードモデルである。そのスタイリングはモダンを極め、2000年代後半に欧州を中心に人気を極めたストリートファイター系に見えるかもしれないが、それに惑わされてはいけない。text:河野正士 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.187 ...

  
652

もう一度SUZUKIに乗る ー前編 "スズキ"の源

決して、ブォーンやフォーンではなく、グゥオンでもない。「クォンッ、クォンッ」という歯切れの良いGSX-R系エンジンの排気音は、アクセルを急開閉した時に少しだけ「ジャワッ」とレーシングキャブのような吸気音が混じる。このいかにも〝完全燃焼してます〟というエンジン音は、スズキのバイクの...

  
898

ROLLING 50's VOL.116 キャンピングカーのトイレ

毎年7月に開催されるキャンピングカーの祭典「東京キャンピングカーショー」が賑わっている。全国のキャンピングカー製造会社・販売店が、最新のキャンピングカーを展示して、2017年は過去最大の車両がビッグサイトに並んだという。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.186...

  
337

EVオヤジの未来予想図 VOL.9 CO2を計算する

大型の貨物船の電動化の計画があった。あの臭い重油の燃えた匂いもなく、エントツから吐き出される真っ黒な排煙もなく、しかも静かで振動も少ないから乗組員の健康にも良く、きっと疲労も少ないに違いない。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
265

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.106 ディーゼル車規制の本質

2月末、深刻化する都市部の大気汚染を受け、ドイツの連邦行政裁判所が、各地方自治体が古いディーゼル車の乗り入れ規制を行うのは合法だという判断を下した。このニュースは日本でも大きく報道されたので覚えている人もいるだろう。問題は、ほとんどが「古い」という部分を抜いて伝えていたこと。その...

  
1355

25年間、1度もモデルチェンジをしなかった日産 ツルを知ってますか?

日産 ツル(TSURU)は、メキシコ日産で生産されてきたコンパクトセダンです。初代のデビューは1984年で、1987年と1991年にモデルチェンジを受けた後、2017年に生産中止となるまで基本設計を変えずに生産が続けられたロングセラーでした。今回は、メキシコ日産をメキシコ国内市場...

  
4621

誰でも知ってるクルマの王様!ロールス・ロイスのラインナップ

創立から100年以上という長い歴史を有するロールス・ロイスですが、そのブランド力は微塵も衰えることなく、現在も高級乗用車の代名詞ブランドとして揺るぎない地位を築き上げています。そんな現在のロールス・ロイスが販売しているラインナップをまとめてみました。文・西山昭智

  
3096

GT-Rやレクサス、BMWなど採用!ランフラットタイヤのメリットとデメリット

BMWやメルセデス・ベンツ、レクサス、日産 GT-Rなど、高級車に採用が多いのがランフラットタイヤです。パンクをしても、ある一定の距離を安心して移動できる優れモノですが、はたしてどれほどのメリットがあり、どのようなデメリットが存在しているのでしょうか。文・西山昭智

  
2597

バイエルンの青い空 〜人はなぜBMWに魅かれるのか

現在は不明ながら、E36型3シリーズ、ということは1990年代の後半だと思うけれど、開発中のBMW車の主にハンドリングについて(だったと記憶する)、最後の最後にオッケーのサインをするMr. BMWがいた。エンジニアでありながら運転のうまいひとで、スキッドパッドでドリフトしまくって...

  
370

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
1000

二重課税を解決か!? 自動車新税「環境性能割」とは?

クルマには、さまざまなかたちで税金が課せられています。そのため見方によっては、二重三重の課税となり、ことあるごとに問題となってきました。特に取得時には、自動車取得税と消費税が発生し、二重課税と言われてきました。その問題を解消するという目的で、消費税10%の引き上げと同時に検討され...

  
967

KTMのLC8cという答え〜KTM 790 DUKE

一昨年のEICMA(ミラノショー)でKTMが発表した790 DUKEのプロトタイプには、戸惑いを含んだ驚きを覚えた。それは並列2気筒のエンジンを搭載していたからだ。text:佐川健太郎 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
738

トランクのリアガラスが開く!? ガラスハッチ搭載車5選

たまに見かける「ガラスハッチ」を搭載したクルマ。テールゲートとは別に、リアガラスだけが開閉できる仕組みになっています。以前は、多くのワゴンやSUVで見られた機構でしたが、現在は希少な装備になっています。そんなガラスハッチを採用している新旧モデルを紹介しましょう。文・立花義人

  
27264

ランボルギーニの初代SUV「LM002」って知っていますか?

ランボルギーニの「LM002」というモデルをご存知でしょうか?近年、ポルシェ カイエン、ベントレー ベンテイガなど、高級SUVが人気を博し、ついに今年、ランボルギーニもウルスを市場に送り込みました。このウルスから30年以上前、ランボルギーニが販売していたスーパーSUVが、LM00...

  
3138

輸入車のホイールは真っ黒!? 国産車と輸入車のブレーキパーツの違い

輸入車のホイールは、国産車に比べて汚れやすいと言われます。実際、街中で輸入車(とくに欧州車)のホイールを観察してみると、ボディはきれいなのにホイールが真っ黒になっているクルマを見かけます。以前国産車に乗っていたときは気にならなかったのに、なぜか輸入車に多いホイールの汚れは、いった...

  
4166

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.104 あおり運転に巻き込まれない

相次ぐ重大事故の発生を受け、警察庁があおり運転対策に乗り出した。実は過去にも同様の措置は講じられていて、'09年には高速道路での車間距離保持義務違反の罰則が強化された。しかし事態が改善されない状況を受け、今回はさらに厳しい措置となった。text:岡崎五朗 [aheadア...

  
1167

パラツインへとシフトしたミドルデューク 〜KTM 790 DUKE

毎年、エキサイティングで魅力的なニューモデルを発表するKTM。2018年の話題作は790 DUKEだ。まだ実車は日本に入ってきていないが、すでに発表されている情報を見るだけでも高いスペックや運動性が垣間見え、期待が高まる。text:横田和彦 [aheadアーカイブス vol.18...

  
281
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives