「重さ」の検索結果(100件)

記事

マイバッハ初の超ゴージャスSUV「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ラグジュアリー」...

中国、とくに北京など大都市圏では非常に高い人気を誇るメルセデス・ベンツですが、その最高峰に位置付けられるメルセデスマイバッハから、中国富裕層向け?の驚きのコンセプトカーが発表されました。プレスデーには世界各国のメディアが殺到した「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ...

  
4478

ばね下の軽量化は、クルマに悪影響って本当?

ばね下の軽量化を”正義”と考えている方は多くいます。昔から、「ばね下1kgの軽量化はばね上○kgの軽量化に相当する」などと言われてチューニングに励んできたのですが、じつはばね下の軽量化にはデメリットもあるのです。そこで今回は、ばね下の軽量化によるメリットとデメリットについて紹介し...

  
18043

1馬力ってどれくらいのパワー?人間でもだせるの?

自動車のエンジン出力を示す単位として使われている"馬力"。「このクルマ、○○馬力もある!」という会話があるかと思いますが、1馬力とは一体どれくらいのパワーのことなのでしょうか。はたして人間でも出せるものなのでしょうか。今回は、この馬力を他のものに置き換えながら紹介...

  
20440

【樽見祐佳の”女子流”】アメ車らしくないけどやっぱりアメ車、最新デバイス充実のキャデラックXT5

アメリカ映画の中の、大統領や裏社会のボス、そしてセレブ一家に生まれたお嬢様。そんな重要人物を運ぶのは決まってキャデラック、というイメージがある。文・樽見祐佳

  
7863

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.40 ブランディングの重要度

クルマ業界に限らず、日本企業に不足しているのがブランディングだ。ブランド価値のない商品は泥沼のような価格競争に巻き込まれ、企業だけでなく下請けや小売店も次第に疲弊していく。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
147

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.56 奥深いタイヤの溝

2度にわたる2月の大雪は、首都圏に住む人にもスタッドレスタイヤの重要性を印象づけた。僕も、次の冬は自分のクルマにスタッドレスタイヤを履かせることに決めた。新商品が出揃う夏になったら商品選びを始めるつもりだ。しかしスタッドレスのことを考える前に、もっと大切なことがある。夏に向け、次...

  
627

買ってからデザインを変えられる ~コペン DRESS-FORMATION

コペンは気軽にオープンドライブを満喫できる2シーターの軽スポーツカー。丸目のヘッドランプが愛嬌を振りまいていた初代の登場から12年の月日を経て、2014年6月に2代目が登場。樹脂製のボディパネルが着せ替えできるというユニークな発想で、乗り手がクルマを通して自分らしさを表現したり、...

  
338

美しすぎるレーシングドライバー塚本奈々美が2018年はラリーに挑戦?過酷な現場で一役買うフロントガラ...

2018年度からTGRラリーチャレンジに参戦する「美しすぎるレーサー」としても知られる塚本奈々美さん。今回は、ラリーの相棒となるトヨタ・86のフロントガラスをクールベールに交換するということで、作業の見学とラリーに対する意気込みをお伺いしてきました!参加の経緯、クールベールの効能...

  
9767

ラダーフレームを採用する車5選〜国産車編〜

トラックなどを除く、乗用車カテゴリーではすっかり絶滅危惧種となっている「ラダーフレーム構造」。SUVの一部に残るこのメカニズムについて、今回はスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
19810

レッドブルエアレース 室屋義秀はなぜ勝つことができたのか?

2016年6月5日、究極の3次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの日本大会で日本人パイロット室屋義秀が優勝した。最後まで気が抜けないレースだった。決勝戦で最後にフライトしたマーティン・ソンカは中間のラップタイムで室屋を一時上回る見事なフライトを...

  
143

PIAA ─モータースポーツの灯をともし続ける

フィニッシュまで速く安全に走り抜くためには、パワフルなエンジンよりも、ドライビングテクニックよりも、もっと必要なものがある。それが「視界」なのだと言ったドライバーがいた。ライティング、ワイパーブレードのトップブランドとして知られるPIAAは、そんな、ドライバーの気持ちに最も近いと...

  
101

4トントラックの積載量は、4トンじゃなかったという事実

一般的に4トントラックというと、「荷物が4トンまで積めるトラック」だと思っている人が多いと思いますが、じつは4トントラックであっても、4トンの荷物を積むと過積載になってしまうことがあります。どうして、そんなことが起きるのでしょうか?

  
14052

忘れられないこの1台 vol.41 YAMAHA XT250T

免許を取ってすぐに購入したのはヤマハのXT250T、もちろん新車だ。バイク屋のおじさんも「本当のバイク好きはオフロードがいいんだ。これならどこだって走れる」と言ってくれた。text:春木久史 [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
476

メガネは、突き詰めればレンズだ レンズをオーダーメイドできるアイメトリクスのメガネ

「メガネにそこまでのこだわりは持っていなかった。でも、アイメトリクスにしてから考えが変わりました」。そう話すのはピストン西沢さん。text:世良耕太 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
67

クラシック ミニ(mimi)が中古でも愛される理由

人生に彩りを与えてくれるものの一つにクルマがあります。ただし、すべての車が”彩り”になれるわけではありません。大切なポイントは「デザイン」。デザインといっても見た目のことだけではなく、その車の開発背景や目的、設計思想、また開発陣の志、そしてそれらの具現化度合いなども含みます。当初...

  
2780

125と共通車体の390 〜KTM 390DUKE〜

KTMは、なんとユーザーの心を昂らせるのが巧いメーカーなのだろう。今回発売された「390DUKE(デューク)」のフレームや外装パーツは、すでに発売されている125/200DUKEと共通部品である。しかしKTMオレンジに塗られたフレームやホイール、専用にカラーリングされたタンクカバ...

  
102

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.55 いいものを評価する世に

同じ事柄でも、立場が違うと見え方が180度違うことがある。最近よく思うのが、クルマ作りをする際のコストに対する考え方だ。現場のエンジニアと話していると、1円にも満たない〝銭〟単位でのコストコントロールを要求される辛さが痛いほど伝わってくる。彼らにとって1円は大金だ。text:岡崎...

  
542

BBSジャパンがSUV向けアルミ鍛造1ピースホイール「RE−X」をリリース!その開発秘話に迫る

プレミアムな鍛造アルミホイールで知られるBBSジャパンが、新たにSUV向けアルミホイール「RE-X」の発売を開始しました。モダンなデザインに秘められた特長や開発秘話に迫ります。

  
15667

高級車は「バンッ」、大衆車は「パタン」。この音の違いとは?

さすが高級車と唸らせる要素のひとつにドアを閉めたときの音があります。大衆車のドアは「パタン」と軽い音質ですが、高級車のドアは「バンッ」と重く響きます。この違いはどこからくるのでしょうか?

  
13584

ミドルツイン+ターボという提案 〜SUZUKI Recursion〜

モーターショーの醍醐味のひとつは、多くのコンセプトモデルを一堂に見ることができることだと思う。コンセプトモデルは、メーカーの提案するメッセージがダイレクトに表現されているので、未来の市販車が予想できる。そういう意味で昨年の「東京モーターショー」は見応えがあった。その中でも個人的に...

  
270
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives