「違い」の検索結果(1768件)

記事

モタスポ見聞録 Vol.9 ダカールで勝てないホンダ(HRC)

「このバイクは遅い」。ホンダの本格的な取り組みは、ライダーが漏らしたこの言葉から始まった。24年ぶりの復帰。かつての「パリダカ」を知る人間は、すでにチームにはおらず、すべてが手探りの挑戦。マシンは市販車の改造型だった。text:春木久史(BIG TANK MAGAZINE編集長)...

  
5

トタルのオイルを知る ①ロータス横浜

前身となった会社も含めると90年以上の歴史を持ち、現在世界第4位の規模を誇るフランスの総合石油企業がトタルだ。F1や世界ラリー選手権、世界耐久選手権といったモータースポーツ最前線で技術を磨き、2017年のダカールラリーを制したプジョー・2008DRのテクニカルサポートも務めるなど...

  
4

ハンドルの付け根にある黒い物体。これってなに?

クルマに装着できる便利アイテムは、時代によって変化しています。近年なら、スマートフォンに関するアイテムがその代表例といえるでしょう。あると本当に便利なものが多いわけですが、なかには「ナニコレ?」となるものがありますよね。たとえば、ハンドルの付け根あたりにある黒いアレとか…。

  
4

ランボルギーニで、一番売れたモデルって?

ランボルギーニが世に放ったクルマたちは、その特徴的なスタイリングで見る者を魅了します。まさにスーパーカーのなかのスーパーカーといっても過言ではないでしょう。そんなランボルギーニですが、大量生産されるマスプロダクツから外れたところにスーパーカーとしての価値があることも事実で、基本的...

  
18526

月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

「月給30万円からの輸入車生活」ここでは、税引き後の手取りが30万円、ボーナスは60万円ずつ年2回。さらに既婚者は、金銭面以外の問題も発生してきますので、条件は独身子供なし。新車にこだわって考えてみましょう。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局 ライティングGT代表ライター

  
501

【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】王道をゆく、安心感たっぷりの進化を見せた新型カイエン

ポルシェとはいわず、いまや世界のスポーティSUVの代表格となるカイエン。その最新モデルを試乗した。昨年の夏に欧州で発表され、日本にも今年になってようやくデリバリーが始まった、第3世代のカイエンだ。文・鈴木ケンイチ 写真・S.Kamimura

  
17

Rolling 40's VOL.110 モーターショー裏読み(その2)

東京モーターショー2017を見に、プレスデー初日の朝イチからビッグサイトに行った。各メーカーの前情報は雑誌やネットである程度は出ていたが、あえて頭でっかちにならない程度の予習しかしなかった。「晴海スーパーカーショー世代」としては、会場で各メーカーの演出をリアルに楽しみたいからだ。...

  
52

レッドブルのサンプリングカーってどういう構造?

”翼をさずける”のキャッチコピーで有名な、「レッドブル」の巨大な缶を背負ったサンプリングカーは、全国各地さまざまにイベントに出没しています。Wing Teamと名づけられたレッドブルガールがドライブし、各イベントに訪れるそうなのですが、サンプルドリンクを運ぶサンプリングカーは、ど...

  
2729

車のATFとは?定期的に交換すべきなの?

オートマチックトランスミッションを正常に動作させるために必要なATFですが、その交換については、2万、7万、10万キロごと、交換の必要なし、などさまざまな意見があります。いったいどれが正しいのか、ディーラー勤務時代の実体験も交えて紹介していきます。文・赤井福

  
3855

タイヤに窒素ガスを充填するメリット・デメリット

ガソリンスタンドやカー用品店、タイヤ専門店などで、タイヤに窒素ガスを充填するよう勧められたことはありませんか?航空機やレーシングカーでも行われるタイヤに窒素を充填することには、どんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットはないのでしょうか?文・立花義人

  
5415

ついやってしまいがち!? 愛車の寿命を縮めてしまうNG行為 Part.2

その昔、車の寿命は10年10万kmが1つの目安とされていましたが、現代の車は技術の進歩により、耐用年数が延びています。しかし、普段の運転の癖や何気ない操作方法、メンテナンスの仕方によっては、車の寿命を縮めてしまうこともあるのです。 今回は、ついやってしまいがちな愛車にダメージを与...

  
9285

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー10月8日〜10月14日

過ごしやすい季節になり、仕事へのモチベーションも高まる1週間が始まります。運気のアップダウンを先に知ることで、チャンスを上手につかみ、トラブルも回避して過ごすことができるはず。星座占いで、運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イングリット監修★

  
851

スカイラインGT-R、レガシィなど...バブル期の「羊の皮をかぶった狼」たち

羊の皮をかぶった狼は、一見セダンやハッチバックなど、平凡に見える外観なのに、実際はパフォーマンスに優れたモデルを指します。今回は、日本経済が活況だった1986年から1991年までの”バブル期”と呼ばれる時期に生まれた、羊の皮をかぶった狼を紹介しましょう。

  
4258

一年中使える!? シートヒーターの有効な使い方

猛暑だった夏も終わり、徐々に肌寒くなってきました。寒い日に役立つクルマの装備のひとつに、シートヒーターがありますが、本革シートを備えた高級車だけでなく、最近ではスタンダードクラスの車種でも装着しているクルマが増えてきました。今回は、そんなシートヒーターの有効な使い方をご紹介します...

  
3892

秋は、オープンカーのベストシーズンだ!

日本でオープンカーといえば、アメリカ西海岸やハワイなど、温暖な気候の下で乗られているイメージですよね。しかし、いざ日本でオープンカーを走らせようとすると、季節の移り変わりや渋滞など、イメージしたオープンカーライフとの違いに愕然とします。それでもオープンカーに乗りたい場合、ベストシ...

  
2582

リアスポイラーとリアウイングの違い

クルマの車体後部に取り付けられている「スポイラー」と「ウイング」は、似ているようでじつは効果や機能が異なります。スポーツカー好きには人気の高いエアロパーツのひとつなので、しっかりと違いを理解した上で、目的にあったパーツを選択したいものです。文・赤井福

  
2237

抜群の操縦安定性!マツダの「SSサスペンション」は何が凄かったのか?

1979年の第2次オイルショックで販売が低迷し、経営危機に陥ったマツダ。そのどん底の状況から立ち直るキッカケとなった5代目ファミリアには、横置きFFという特徴だけではなく、リアに採用された「SSサスペンション」による抜群の操縦安定性がありました。

  
4499

大きさや地域で差が出る、希望ナンバーの人気の数字とは?

平成9年8月に施行された「希望ナンバー制度」。これにより、ナンバープレートの4桁の数字部分を選択できるようになりました。そんな希望ナンバー制度ですが、実際にどんな数字が人気なのでしょうか?

  
2812

トール系・スーパーハイト系ワゴンの軽自動車はブレーキダストが難点?原因と解決方法とは?

最近の軽自動車は、トール系・スーパーハイト系ワゴンが主流。しかし、その重量と引き換えに、ブレーキダストが多いことはご存知でしたか?もはや輸入車だけでないブレーキダスト問題について考察します。

  
4828

軽自動車にハイオクを入れると何が起きるのか?

ハイオクは品質が良いガソリンだろうから、軽自動車に入れても、燃費が良くなったり、走行性が高まったりと、良いことが起きるのでは?と思われるかもしれません。はたしてどうなのでしょうか。文・赤井福

  
28308
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives