「運転技術」の検索結果(23件)

記事

車幅の感覚を最短で把握するにはどのような練習法がある?

狭い道で車同士すれ違う時や、路肩に幅寄せして停車するときなど、車両感覚を掴めていない人は苦労しますよね。いっそのこと左ハンドルの車なら、これらの問題を解決してくれそうですが、ドライブスルーや駐車券の発券時など、不便なことが多いです。では右ハンドルの車で、車両感覚をうまく掴むにはど...

  
7615

日産、NISMOシリーズのラインナップを拡大!今後どんな車が登場する?

日産のスポーツブランドに位置付けられるNISMO。エコで経済的な車が主流の現代ですが、運転そのものを楽しめるクルマというのもブランドとしては欠かすことのできないカテゴリーで、日産ではベース車にスポーツテイストを付加したモデルをNISMOブランドから発売されています。現在は、コンパ...

  
6729

ドライバーの疲労を軽減する車に!? メルセデスSクラスがマイナーチェンジ!

メルセデス・ベンツのSクラスといえば、誰もが認める高級ラグジュアリーセダン。流れるようなフォルムも他のセダンとは一線を画すポイントです。今回、上海モーターショーでワールドローンチとなった新型Sクラスは、さらに高級感溢れる仕上がりになっているようです。

  
9243

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

近年、飛躍的に向上しているのが安全装備です。エマージェンシーブレーキを皮切りに、現在ではレーンキープ走行を可能にするなど、自動運転技術も徐々に実装されつつあります。さて、現在各メーカーが用意している安全装備ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  
17729

車の高寿命化や開発コストの増加など…自動運転の一般化による車メーカーのジレンマ

自動車の開発には莫大なコストがかかるのは周知の通りかと思います。各社は、その投資に見合う利益を販売というカタチで取り戻さなくてはならないわけですが、昨今、メーカーサイドもジレンマがあるといえるのです。

  
8032

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサには、スバルの新世代プラットフォーム”SGP”が採用されています。このSGPに直噴エンジンを搭載し、新世代へと刷新するのが、株式会社SUBARUの戦略です。そんななか、インプレッサ、XVは、すでにフルモデルチェンジが完了。次の刷新は...

  
27937

今後交通事故がゼロに!? テスラはやはり時代の先を行く…

2003年に設立されたテスラモーターズは、シリコンバレーに本社を置く電気自動車専門メーカーです。圧倒的な速さと高い安全性で、何もかも革新的な車です。テスラは、現在セダンタイプのモデルSとSUVモデルのモデルXを生産販売中で、もうすぐ日本円で400万円以下となるであろうモデル3の発...

  
6176

三菱、新型エクリプス クロスを世界初披露!コンパクトSUV首位を奪えるか!?

2017年3月7日から19日までスイスで開催されるジュネーブモーターショーで世界初披露となる三菱「エクリプス クロス」。今もっとも旬なカテゴリーであるスタイリッシュSUVマーケットに、三菱が満を持して投入するモデルだけに、多方面から注目を浴びているのです。

  
13249

黄色信号で止まらない、車間距離が近い…「女性が嫌がる男の運転」ワースト10は?

恋人や好きな人とのドライブデート。楽しいはずの時間が、ちょっとした言動でブチ壊しになってしまう可能性がある「女性が嫌う男の運転」について、WEB調査の結果を見てみましょう。

  
19944

2017年にモデルチェンジされるデリカD:5!どんな車に進化するのか?

燃費偽装問題等で揺れに揺れた三菱。危機的状況に陥ったわけですが、結果的に日産が三菱自動車の筆頭株主となり、日産傘下になることで収束しています。そんな中、看板車種「デリカD:5」のモデルチェンジが噂されています。

  
37811

いまや誰でもドリフトができる時代に!?BMWが描く未来とは

近年、急速に進化が進む「運転支援システム」。日産をはじめとしたメーカーが市販車に部分的に導入するほどの熟成が進んでいますね。さて、数年前にBMWが行った自動運転の興味深いテストがあるのです。

  
8706

自販連が発表!2016年ミニバン新車登録販売台数トップ3は?

一般財団法人日本自動車販売協会連合会が2016年(1月〜12月)の新車登録販売台数を発表しました。はたしてトップ3には、どの車種がランクインしているのでしょうか?今回は、日本で軽自動車に次いで人気のミニバンにしぼって見ていきましょう。

  
1986

大型トラックの高度な運転技術集

基本的にクルマは小さい方が運転しやすいもの。大きさの把握だけではなく、死角も少なくなるからです。一方で、大きいクルマは大きさの把握が難しく、更には死角も出来やすいので運転技術が求められます。今回ご紹介する動画は、「大きいクルマ」の代名詞とも言うべきトラックの素晴らしい運転技術を集...

  
17412

車幅10m以下?!18輪トラックが驚異のUターン

Uターンは普通の道路であっても少々気を使う物。大きなクルマであればあるほど難易度が高くなるものですが、まさかと思うようなUターンの動画を発見しました…まさに「神業」です。

  
1895

「完全自動運転」を実現!テスラの技術はやはり最先端!

自動車業界のまさに「革命児」とも言うべきテスラ。そのテスラの自動運転技術はやはり素晴らしいものでした。

  
5421

雪の季節がやってきた!インプレッサ WRX STiやGT-Rは深雪を走破できるのか!?

2016年11月、東京都心ほか関東圏で降雪が観測されました。11月としては1962年以来54年ぶりのようです。雪の季節がやってきた昨今ですが、そんな雪をものともせずに走るクルマたちの動画を発見しました。

  
9592

トヨタ カローラ セダンはおじさん車!?購入者の平均年齢が70歳に!

トヨタのカローラが初代の誕生から50年という節目を迎えました。日本では大衆車として親しまれてきましたが、実は海外でもカローラは根強い人気を持っています。しかし、ここへきてある問題に直面しているのです。

  
7383

2017年発売?!最新技術の結晶、レクサス LF-FCは何がすごいのか?

東京モーターショーで発表された、「自動運転システム」と「燃料電池」を搭載したレクサス次期フラッグシップカーのコンセプトモデル「LF-FC」。実用化が始まったばかり、あるいは数年後には実用化が想定される新技術を一つのパッケージとしてまとめ上げた姿から、既存の新技術搭載モデルとの比較...

  
36572

本物の走り屋?それとも偽物?簡単な見分け方とは?

走り屋に抱くイメージは様々かと思います。一般的には(漫画の影響等で)峠をカスタムマシンで駆け抜ける、あるいは首都高、湾岸線を駆け抜ける...などなど。海外のサイトでそんな走り屋の「見分け方」と称した動画がUPされました。

  
73546

ドイツは更新なし、日本は5年に1度に運転免許更新。なぜなのか?

2013年1月にEU基準での改正となるまでは、ドイツの免許証は更新なし、無期限使えるものだったそうです。改正後にいたっても、15年の期限といいますから、数年に一度更新している私達日本人からするとちょっと考えにくい制度なのですが、どういった事情があったのでしょうか。今回は免許の更新...

  
12200