「運転技術」の検索結果(36件)

記事

フォード、スピード自動制限機能を搭載!対する日本システムは?

フォードは、道路標識を読み取りドライバーに注意喚起するシステムを、2016年4月よりヨーロッパ市場で販売されるフォード車に搭載しています。このシステムは、速度制限標識を読み込むと、車両の速度を制限内に調整してくれるというのですが…。

  
2206

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

  
10067

カーナビ機能だけじゃない!スマホでオービス情報も表示できるって知ってました?

いまや必須装備となったカーナビ。およそ初期のカーナビは、センサーの精度が悪かったり、使えるGPS衛星が少なかったり、さらにはGPSセンサーやTVアンテナを取り付けるなど、現代に比べれば隔世の感があります。それがいまではスマホひとつ。しかもその機能は、超絶進化しています。

  
5842

無人自動車を見た人々の反応って?ある会社が調査してるようです。

無人運転車や自動運転車を目の当たりにしたら、人々はどんな反応を見せるのでしょうか?アメリカでとてもユニークな実験が行われました。

  
571

ジムニーやセレナなど…中古車価格が安い、OEM車5選

OEMとは、他車で製造したモノを自社製品として販売することです。本家であってもOEMであっても、新車価格はさほど変わりありませんが、買取査定はネームバリューで勝っている本家のほうが高く査定される場合があります。この見方を変えれば、買取価格が安いOEM車は、中古販売価格も安いという...

  
8472

新型リーフ、どう進化した?テスラ モデル3がライバル?

2017年9月6日、日産 リーフの新型が公開されました。ボディはわずかに大きくなっただけですが、走行性能は格段に進歩したと言って良いでしょう。では、新型リーフのポイントを整理してみましょう。

  
3488

ついに!自動運転のプラットフォームの駆け引きが始まりました

新型アウディA8がついにレベル3の自動運転機能を搭載し、販売される見込みです。2017年現在、各メーカーがもっとも注力している旬の技術が自動運転機能。そしてそのプラットフォームを巡って、メーカー間の駆け引きもスタートしているようなのです。

  
1869

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化している10年代。あなたはどの年代の車が好きですか?

  
2811

5万台突破!日産の自動運転技術「プロパイロット」ってどんな悪条件下でも作動するの?

2016年8月に販売開始した現行型日産 セレナに搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」。2017年6月にはエクストレイルにも搭載され、約2ヶ月後の7月末には、搭載車の販売が5万台を突破。大ヒットとなっています。プロパイロットとは、具体的にどのようなシステムなのでしょうか...

  
3713

ペーパードライバーなんだけど…お金をかけずに克服できる方法ってある?

自動車運転免許を取得したけれど、ペーパードライバーになっている方も多いといいます。今回は、なるべくお金をかけずに運転感覚を蘇らせる方法を考えてみました。

  
3635

ハイキャス、アテーサ、フル電子制御5速AT …「技術の日産」が生み出した先端技術

永ちゃんが「“やっちゃえ”NISSAN」というセリフとともに、車をドライブするCMで話題を呼んだ日産自動車は、自動運転や電気自動車で時代をリードしていくことを熱くアピールしています。これまでも技術の日産として、長年にわたってさまざまな先進技術を採用してきました。そんな日産の先進技...

  
3571

新型スバル レヴォーグ、注目すべき改良ポイントは?

2017年7月3日、スバル レヴォーグが、大幅な改良を受けてD型に進化しました。そのスタイリッシュながらもどこか無骨な魅力はそのままに、さらなる進化を遂げた新型レヴォーグの注目すべきポイントはどこでしょう?

  
3518

自動運転のおかげでサーキットをプロ並みに走れる可能性はあるのか?

2017年現在、注目を集めている技術が自動運転です。我が国の道路交通法や道路運送車両法はジュネーブ条約を批准しているため、ドライバーなしの運転は認められず、実際には運転支援技術となります。そんな技術を応用して、誰でもサーキット走行を楽しめる未来は訪れるのでしょうか?

  
5701

車幅の感覚を最短で把握するにはどのような練習法がある?

狭い道で車同士すれ違う時や、路肩に幅寄せして停車するときなど、車両感覚を掴めていない人は苦労しますよね。いっそのこと左ハンドルの車なら、これらの問題を解決してくれそうですが、ドライブスルーや駐車券の発券時など、不便なことが多いです。では右ハンドルの車で、車両感覚をうまく掴むにはど...

  
10435

日産、NISMOシリーズのラインナップを拡大!今後どんな車が登場する?

日産のスポーツブランドに位置付けられるNISMO。エコで経済的な車が主流の現代ですが、運転そのものを楽しめるクルマというのもブランドとしては欠かすことのできないカテゴリーで、日産ではベース車にスポーツテイストを付加したモデルをNISMOブランドから発売されています。現在は、コンパ...

  
9214

ドライバーの疲労を軽減する車に!? メルセデスSクラスがマイナーチェンジ!

メルセデス・ベンツのSクラスといえば、誰もが認める高級ラグジュアリーセダン。流れるようなフォルムも他のセダンとは一線を画すポイントです。今回、上海モーターショーでワールドローンチとなった新型Sクラスは、さらに高級感溢れる仕上がりになっているようです。

  
10843

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

近年、飛躍的に向上しているのが安全装備です。エマージェンシーブレーキを皮切りに、現在ではレーンキープ走行を可能にするなど、自動運転技術も徐々に実装されつつあります。さて、現在各メーカーが用意している安全装備ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  
77018

車の高寿命化や開発コストの増加など…自動運転の一般化による車メーカーのジレンマ

自動車の開発には莫大なコストがかかるのは周知の通りかと思います。各社は、その投資に見合う利益を販売というカタチで取り戻さなくてはならないわけですが、昨今、メーカーサイドもジレンマがあるといえるのです。

  
9433

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサには、スバルの新世代プラットフォーム”SGP”が採用されています。このSGPに直噴エンジンを搭載し、新世代へと刷新するのが、株式会社SUBARUの戦略です。そんななか、インプレッサ、XVは、すでにフルモデルチェンジが完了。次の刷新は...

  
99200

今後交通事故がゼロに!? テスラはやはり時代の先を行く…

2003年に設立されたテスラモーターズは、シリコンバレーに本社を置く電気自動車専門メーカーです。圧倒的な速さと高い安全性で、何もかも革新的な車です。テスラは、現在セダンタイプのモデルSとSUVモデルのモデルXを生産販売中で、もうすぐ日本円で400万円以下となるであろうモデル3の発...

  
8623