「運転」の検索結果(1363件)

記事

「バチッ!」飛び石でフロントガラスに傷がついた時にしてはいけないこと

走行中に「バチッ!」という音が聞こえたと思ったら、フロントガラスに傷がついていた、という経験は多くの方にあると思います。飛び石によるフロントガラスの傷は、大小さまざま。ボディならタッチアップやボディリペアで直すことができますが、ガラスの場合はどう対処したら良いのでしょうか?文・立...

  
25

トランクに鍵穴がない!? 鍵紛失!そんな時の対処法

スマートキーが普及するにつれて、トランクやリアゲートに鍵穴のない車が増加しています。鍵穴がない車のトランクやリアゲートは、どうやって開けるのでしょうか。それと合わせて従来型・キーレス型の鍵をなくしたときの対処法を紹介します。

  
1046

日本の交差点がすべてランドアバウトになったらどうなる?

ヨーロッパでは、広く取り入れられているラウンドアバウト(環状交差点)。日本においては、ようやく徐々に増えつつあります。しかし、もし日本の交差点が、すべてラウンドアバウトになったらどうなるのでしょうか?検討してみましょう。文・吉川賢一

  
7600

欠点もあるが、魅力いっぱい。買ってよかった中古ロータス エリーゼの初期モデル

90年代末期に発売されるや否や、日本でも人気となったロータス エリーゼ。フェイズⅢの現在は、非常に現代的で誰にでも乗りやすい車になっていますが、初期のフェイズⅠはいろいろな面でオーナーを選ぶクルマでした。それでも、いまだ僕に強い印象を残してくれているエリーゼの魅力を、お伝えしたい...

  
3809

BBS RE-Xをポルシェマカンに装着 モータージャーナリスト五味康隆氏の評価・インプレッションは?

BBS初のSUV向けアルミホイール「RE-X」が発売され、数ヶ月。各メディアでの発表への反響は非常に多く、大きな期待が寄せられています。しかし、高価で知られるBBS鍛造ホイールです。購入検討には色々な判断材料が必要かもしれません。そこで、CarMe編集部ではモータージャーナリスト...

  
340

ポルシェやマツダが使うオルガン式ペダルのメリット

クルマのアクセルペダルには、2つの形式があります。多くの国産車で使われている「吊り下げ式ペダル」と、ポルシェ、BMW、メルセデス・ベンツなどの欧州車や、一部の国産メーカーが採用している「オルガン式ペダル」です。今回は、この吊り下げ式ペダルとオルガン式ペダル、それぞれの特徴について...

  
22392

90年代も今も中古でしか買えない「ランエボⅡ」。購入したからこそわかるランエボⅡの魅力。

80年代から90年代にかけて、「ハイパワー4WD」がひとつのムーブメントになりました。それを牽引してきたのは、“ランエボ”こと三菱 ランサーエボリューションです。2016年を最後に絶版となった同モデルですが、その輝きはいまだ消えていません。文・山崎友貴

  
5230

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
3738

新年度の始まり!4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

新年度が始まり、早くももうすぐ2ヶ月が経とうとします。新しい生活・環境が始まった方は、慣れましたでしょうか。さて、CarMe[カーミー]では4月公開された記事の中で、どの記事が一番読まれたのか、もっともアクセス数の多かったトップ10を紹介します。文・CarMe[カーミー]編集部

  
3305

プジョー 2008、ジープ レネゲードなど…200万円台で購入できる輸入SUV

国産とは違う個性的なスタイリング、高級感のあるインテリア、そして独特の乗り味。SUVに乗るなら輸入モデルに乗りたいという人も多いのでは?でも、国産車に比べると高いというイメージも。そこで今回は200万円台で買える輸入SUVを集めてみました。文・山崎友貴

  
14247

買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷…そんな時の対応手順

愛車に乗り込もうとしたとき、駐車時にはなかった見覚えのない傷や凹みを発見したら、どのような対応をすればいいのでしょうか?対策と合わせて紹介します。

  
8359

保険料だけでなく、洋服まで安くなる!? ゴールド免許の“お得”の話

優良運転者の証である「ゴールド免許」。5年間無事故無違反などの条件を満たすと交付される免許証ですが、じつは取得すると思わぬメリットがあるのです。今回はゴールド免許の“お得”の話です。文・山崎友貴

  
17976

約10億円のものも!? 大型トラック、救急車など…働く車の意外な値段

身の回りにたくさんあるのに、私たちとは縁遠い乗り物たち。重機や救急車、大型トラックなど種類は様々ですが、それらの価格はいくらぐらいなのでしょうか?調べると、意外なプライスが見えてきました。文・山崎友貴

  
13279

タイヤの騒音低減!高級タイヤが採用する「インナータイヤアブソーバー」とは?

今から10年ほど前、タイヤメーカーから「インナータイヤアブソーバー(振動吸収装置)」という技術が登場しました。これは、路面の継ぎ目を乗り越える際に鳴る、「ドン」という空洞共鳴音を低減することを目的に開発されたものです。どんな技術なのか、今後の普及の可能性についても考えてみました。...

  
3041

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
34036

自動運転の国際基準制定、国土交通省も発表

2018年3月、国土交通省は、自動で車線変更を行う自動ハンドル操作に関する国際基準が新たに成立したことを発表しました。この基準は、今後の自動運転に関して、重要な内容を含んでいます。私たちには、どういった影響があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
2078

総資産5,000億超え!? ZOZO社長、マイバッハG650ランドレーを愛車購入!

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの創業者であり、代表取締役社長である前澤友作氏は、先日自身のツイッターでメルセデス・マイバッハのG650ランドレーを購入したと発表しました。このメルセデス・マイバッハG650ランドレーとは、いったいどのような車な...

  
23063

天井タッチ、強いドア閉め…車好きならわかる同乗者にして欲しくないことは?

なかには「土足厳禁」にする方もいるように、クルマを大切にしたい思いは、多かれ少なかれ皆さんお持ちかと思います。これは、クルマへの愛着と同時に”資産”という側面もあるからではないですようか?とはいえ、自分以外の誰かを乗せるのもクルマの使命。そんな折に同乗者にしてほしくないこと、あり...

  
4640

都心からアクセス良好!埼玉県のおすすめドライブスポット10選

これから夏に向けて絶好のドライブシーズンです。とはいえ長距離ドライブはちょっと疲れますよね。そんなときにおすすめなのが、都心からもアクセスのよい埼玉県です。大きな市街地を抜ければ、森や田畑が広がり、秩父まで足を延ばせば、森林浴もできる自然の多い県なのです。今回は、そんな埼玉県のド...

  
7248

パンクしない!? 「シーリングタイヤ」って知ってる?

近年、ランフラットタイヤを標準装着したクルマが増えています。ランフラットタイヤは、パンクしても、ある程度走行が継続でるように設計されたタイヤです。このランフラットとは違った仕方で、パンクしても走行が継続できるようにした「シーリングタイヤ」をご存知でしょうか。今回は、このシーリング...

  
5164
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives