「輸入車」の検索結果(411件)

記事

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
2387

定番とは何か

スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、そしてクラシック。どれもクルマやバイクのことを表現するときによく使われる言葉だ。言葉の意味はそれぞれ微妙に異なるけれど、どの言葉も一様にそれが「定番」であることを表している。定番がなぜ存在するのか、なぜ人は定番を求めるのか。クルマ...

  
951

第36回 輸入車試乗会2016 女性ジャーナリストの選んだクルマは?

毎年2月の初めに、JAIA(日本自動車輸入組合)が主宰するメディア向けの輸入車試乗会が開催されます。インポーター各社の取り扱う最新モデルが一堂に揃うため、”輸入車一気乗り”試乗会とも呼ばれています。[aheadアーカイブス vol.160 2016年3月号]

  
1122

ファストバック、ノッチバックとは?ハッチバックと何が違うの?

「美しいファストバックスタイル」「典型的なノッチバックスタイル」といった表現を、自動車情報誌やウェブサイトで目にすること、ありませんか。どちらもクルマの形状を表す言葉ですが、それぞれの違いを正しく説明できる方は少ないはず。また、ハッチバックとは何が違うのでしょうか?文・立花義人

  
7559

意外と知らない!? 一瞬で給油口の位置がわかる方法

レンタカーや友人のクルマなど、慣れないクルマを運転しているとき、給油のために訪れたガソリンスタンドで、給油口の位置がわからずに慌てた経験はありませんか?店員さんがいれば、給油口のある方向に誘導してくれますが、セルフスタンドではそうもいきません。そんなときに役立つ、ちょっとしたマメ...

  
20598

今、私が伝えたいこと

二輪、四輪を問わずモータージャーナリストの役割は、時流に沿った新しい情報や社会的な問題を発信していくことである。しかし情報発信の専門家であるがゆえ常に中立であり、考えていることを率直に語ることは少ない。今回は、自らの想いや普段から感じていることを4人のジャーナリストにフリースタン...

  
1043

日本のクルマはどこにいく

日本を代表するクルマ産業は、景気の動向に左右されながらも発展を続けてきた。古くはオイルショックやバブル崩壊に打ちひしがれ、最近ではリーマンショクや3.11を乗り越えて、日本のクルマは進化しているように見える。スバルやマツダは欧州と同じようにメーカーの個性を前面に押し出し、レクサス...

  
1305

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
1256

荷室スペースの広さが自慢!おすすめステーションワゴン5選【輸入車編】

ステーションワゴンは、日本では商用バンを乗用車化した車種であるのに対し、欧米では旅行の際に多くの荷物を載せるために使用される車種として発展してきました。そんなバックボーンのためか、欧州のステーションワゴンは、どことなく大旅行を想起させます。そんな欧州生まれのステーションワゴンを紹...

  
6734

なぜ、スバルのシンメトリカルAWDが理想と言われるのか

水平対向エンジンに、4WDを組み合わせるスバル。この構造は「シンメトリカルAWD」と呼ばれており、全世界に多くのファンをかかえています。そのシンメトリカルAWDの歴史と、メリットを紹介しましょう。文・立花義人

  
15730

日本で一番売れている輸入車。MINIを買うべき7つの理由

日本自動車輸入組合(JAIA)の発表によると、2017年度日本で一番売れた輸入車はミニでした。ミニが国内販売台数日本一に輝いたのは、2016年度に続き2年連続。私たち日本人を魅了し続けるミニという車は、いったいどれだけの魅力が詰まっているのでしょうか。可愛らしい見た目だけでなく実...

  
9302

日本の駐車場事情に最適!全高1,550mm以下の輸入SUV5選

自動車にはセダンやクーペ、ステーションワゴンやミニバンなど、さまざまなモデルがありますが、最近より人気が高まっているのがSUV。なかでも輸入SUVは各メーカーがこぞって新型車を発表し、活況を呈しています。そこで今回は、そんな輸入車のSUVを“日本の駐車場事情”に照らし合わせて紹介...

  
14000

大ダメージ!? クルマが止まった状態でハンドルを回す"据え切り"をしてはいけない理由

「クルマが止まった状態で、ハンドルを回してはいけない」とベテランのドライバーや、クルマに詳しい人から言われたことはありませんか?この”据え切り”と呼ばれる行為は、クルマにとって大きなダメージとなるのです。なぜ、据え切りをしてはいけないのでしょうか?文・立花義人

  
11318

欠点もあるが、魅力いっぱい。買ってよかった中古ロータス エリーゼの初期モデル

90年代末期に発売されるや否や、日本でも人気となったロータス エリーゼ。フェイズⅢの現在は、非常に現代的で誰にでも乗りやすい車になっていますが、初期のフェイズⅠはいろいろな面でオーナーを選ぶクルマでした。それでも、いまだ僕に強い印象を残してくれているエリーゼの魅力を、お伝えしたい...

  
9216

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
17365

レクサスとかでよく見る「切削光輝ホイール」とは?

ここ数年、アルミ削り出しデザイン+ブラック塗装を施した「切削光輝ホイール」と呼ばれるアルミホイールを見かけるようになりました。この切削光輝ホイール、いったいどうやって作っているのでしょうか。製造方法とともに解説していきます。文・吉川賢一

  
12081

プジョー 2008、ジープ レネゲードなど…200万円台で購入できる輸入SUV

国産とは違う個性的なスタイリング、高級感のあるインテリア、そして独特の乗り味。SUVに乗るなら輸入モデルに乗りたいという人も多いのでは?でも、国産車に比べると高いというイメージも。そこで今回は200万円台で買える輸入SUVを集めてみました。文・山崎友貴

  
22545

おすすめ7人乗りSUV5選〜国産車編〜

日本でのミニバン人気は相変わらずですが、昨今ミニバンに取って変わろうとしているカテゴリーがあります。それが7人乗りSUVです。国産車の中では意外と少ない7人乗りSUVですが、今回はその中から筆者が選ぶベスト5をご紹介したいと思います。文・山崎友貴

  
26893

BBS鍛造ホイールの代名詞 Super RS は35年変わらぬデザインで現行車にもマッチする?

クルマの進歩の日進月歩であり、10年前には一部の高級車にしか用意されなかった追従型クルーズコントロールや自動ブレーキなども、今や軽自動車にも装着されるほど進化しています。その中でもひと際変化が大きいものと言えば、やはりデザインを含めたルックスではないでしょうか?例えば、今から35...

  
5838

輸入車No.1の座を奪い合うMINIとゴルフ、それぞれの魅力とは

ここ数年、右肩上がりに販売台数を伸ばしている輸入車。その中で、目立って好調なのが「MINI」と「ゴルフ」です。ここ数年、ライバルとして常に輸入車新車登録台数トップの座を巡ってしのぎを削ってきた2台。今回は、この2モデルにスポットを当てます。文・山崎友貴

  
13585
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives