「軽量化」の検索結果(233件)

記事

待ちくたびれたよ!間もなく、新型ジムニー登場!どのような車に?

1970年の発売から、小さなボディと卓越した悪路走破性を持ち、ヘビーデューティーで信頼できるスズキ ジムニー。日本の4×4として世界に広く愛されているモデルでもあります。そんなジムニー、ついに待望の4代目が今秋の東京モーターショーで登場するとの噂です。どんな車になるのでしょうか?

  
5360

500馬力クラス、約1,300万円!TVRのグリフィスってどんな車?

イギリスのスポーツカーメーカー、TVRの歴史は古く創業1947年。その後、紆余曲折を経て現在はイギリス人オーナーのもとで復活を図っています。その第1段として発表されたモデルがグリフィスです。新しいグリフィスは、2018年より生産開始、2019年よりデリバリーとのこと。新世代のグリ...

  
3214

ボクサーディーゼル搭載の夢は叶わぬものに!? スバル、ディーゼル車撤退!

年々厳しさを増す排ガス規制。そんななか環境性能の高さで再注目されているディーゼルエンジンですが、スバルをはじめとした自動車メーカーは撤退の決断を下す方向のようなのです…。

  
3792

レーシングハイブリッド「THS-R」ってなに?

トヨタのハイブリッドシステムが、THSです。このTHSをレース用に転用したものが、THS-R。2005年のレース参戦当初は量産に近いシステムでしたが、年々進化し、いまやTHSの限界を引き上げる実験的な側面も持ちます。

  
1011

新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

クロスオーバーSUVカテゴリーに、2002年よりポルシェが投入しているモデルがカイエンです。その卓越した走行性能とデザイン性に魅了されるオーナーも多く、いまやポルシェの屋台骨を支える重要なモデルです。そんなカイエンがフルモデルチェンジを敢行しました!

  
2851

レガシィ アウトバック/B4を大幅改良!その内容は?

2017年9月4日、スバルは、レガシィ アウトバック/B4の大幅マイナーチェンジを発表しました。その改良の中身は、安全装備と乗り心地に集中している模様。詳しい内容を見ていきましょう。

  
2557

日本ではイヴォークのみ!? SUVのオープンカーはなにが魅力?

日本では、気候やライフスタイルの影響もあって市場の小さいオープンカーですが、その爽快感は他に代えがたいものです。屋根の取り外せる(格納できる)オープンカーは、スポーツモデルイメージが強い車種です。しかし、過去にはレジャービークルを始めとしたRVでも多く見られました。その波は、ふた...

  
2196

鋳造ホイールは鍛造ホイールに負けていない? モータースポーツで証明される実力。あなどれない鋳造ホイー...

アルミホイールといえば車両のイメージを大きく変えるアイテムです。最近では純正アルミホイールのデザインも進化してきていますが、やはりこだわりのあるユーザーは社外ホイールをチョイスすることが一般的ですよね。その中でもスポーツ系の車種に乗っている人であれば、デザインはもちろん性能にもこ...

  
5029

600馬力のV8ツインターボ搭載!新型M5はどんな車に?

続々ニューモデルを投入し、高いブランド力を背景に攻め続けるBMW。世界最速4ドアサルーンと呼ばれたM5の新型が、発表となったようです。

  
3404

スイフト120kg減、アルト140kg減…スズキは、なぜこんなに軽量化できるのか?

スズキ スイフトはモデルチェンジを機に120kg、アルトは140kgもの減量に成功しました。日々、ダイエットに悩む方に羨ましいお話ですが、スズキ車の大幅ダイエットの秘密を探ってみました。-----------------------------------------------...

  
11249

なんと6,000万円!! ホンダ NSX GT3の売れ行きはどうか?

2017年7月27日、ホンダはプライベートチーム向けにレース専用車両である「NSX GT3」の受注を発表、翌日より受付を開始しました。FIA公認GT3レースにエントリー可能なNSX GT3とは、どのようなマシンなのでしょう?また、その売れ行きはどうなのでしょう?

  
13414

新型NSXのタイプRは、誕生するのか?

2016年に復活したホンダのフラッグシップスポーツ、NSX。駆動方式をハイブリッドAWDとして走行性能と環境性能を両立。2,370万円という価格も話題となりました。さて、そうなると気になるのが次の一手、そう!タイプRの存在です。

  
5343

2,370万円の新型NSX、6時間7万200円で乗り回すなら、なにする?

現在、日本最高峰のスーパースポーツモデルといえば、新型NSXがその筆頭といえるでしょう。2,370万円というプライスに加え、V6 3.5Lターボエンジンにハイパワーモーターを組み合わせた、まさに次世代のスポーツモデルかくあるべしという内容になっているモデルです。その新型NSXが、...

  
4815

バブル期に生まれた車が再販されたら、あなたは買いますか?

ヒストリックカーの人気が高まっている昨今、80年代やバブル期のクルマたちもヒストリックカーの域に入ろうとしています。あの頃のクルマがもし再販されたなら、あなたは買いますか?

  
14233

BMW Z4 コンセプトモデル公開!新型Z4とスープラに共通点はあるのか?

2016年に生産が終了したBMW Z4の次期型コンセプトモデルが、2017年度のペブルビーチ・コンクールで公開されました。BMWが発表した内容とは、どのようなものだったのでしょうか?

  
2990

フェラーリ599がベース!日本人が開発した2億円超えのスーパーカーとは?

億単位の高級スーパーカーといえば、ブガッティやアストンマーチンなど、メーカー純正モデルであってもなかなかお目にかかることはできません。しかし、なかには日本人デザイナーの手により、日本で2億円を超えるスーパーカーが生産されています。いったい、どんなマシンに仕上がっているのでしょうか...

  
9566

「スチールホイール」と「重いアルミホイール」は、どれほどの差があるのか?

アルミホイールは、軽量でデザイン性に優れると幅広く使われています。しかし最近は、インチが大きくなっていることもあり、必ずしもアルミホイール=軽いとは言えない状況になってきました。スチールホイールと重いアルミホイールを比較した場合、その差はどこにあるのでしょうか?

  
9754

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化を行うといった手法が見られましたが、最近では減少しています。その理由とは?

  
9491

アメ車、イタ車、仏車、日本車など、国による車の特徴の違い

よく日本車は金太郎飴、アメ車は大味、フランス車はネコ足、イタリア車はデザイン、ドイツ車は質実剛健などと評価されます。最近でこそ、その違いは薄れてきましたが、いまだに生産国によりそれぞれ特徴があります。どんな違いがあるのでしょうか?

  
5419

開かない!閉じない!電動オープンが壊れてしまった場合の対処法

ロードスターやS660など、オープンカーがトップを開けて走っている姿は、なんとも気持ちよさそう。そんなオープントップの開閉は、手動の幌と電動があります。構成パーツの少ない手動タイプは、軽量化とコスト削減を図ることができますが、近年のオープンカーの立ち位置は、セカンドカー(贅沢品)...

  
3615