「軽自動車」の検索結果(305件)

記事

悲劇の世代1992年生まれの初代絶版車7選

1992年生まれを世間一般では「悲劇の世代」と呼ぶそうです。生まれた年にバブル崩壊、高校入学式には爆弾低気圧が直撃、成人式は大雪、世の中に出れば”ゆとり世代”と呼ばれ…。1992年に誕生した日本車も同様、悲劇の世代だったようです。

  
6188

スバル6代目サンバーといえば「農道のポルシェ」なぜここまで人気になったのか?

スバルが販売していた軽商用車サンバーが、かつて「農道のポルシェ」という異名を持っていたのはご存知ですか?ポルシェといえば、世界を代表する高級スポーツカーですが、日本の軽トラックがなぜポルシェと形容されるのでしょう。軽自動車はさまざまなメーカーが販売しているにもかかわらず、なぜサン...

  
6822

アンチ軽も認める!? 日本が誇る軽自動車3選

庶民の足、ともいえるのが日本の独自規格「軽自動車」。サイズ、排気量などスペック面で大きな制約がある反面、税制度に圧倒的な優遇があるため、各メーカーが販売に力を入れている人気カテゴリーです。その一方で、小排気量からくるパワー不足や黄色ナンバーによって、普通乗用車オーナーからは蔑視さ...

  
12883

サムライ、ジャズ、ショーグン、あなたはこれらの車種がわかりますか?

日本で親しまれている名前が海外では使われていない、そんな日本車は数多く存在します。今回は、海外展開されている変わった車名の日本車をいくつかピックアップしましょう。

  
4880

救急車のベースとなっている車種5選

救急車とは、傷病者を医療機関へ搬送する専門車両のことです。最近では、救急車内で応急手当てを行うドクターカーも登場しています。なお救急車の正式名称は、消防法によると救急自動車といいます。そんな救急車のベースとなっている車種は何でしょう?

  
12786

タイヤがフェンダーからはみ出してもOK!? クルマの保安基準、どう変わった?

スポーティな車種のドレスアップで、よく話題になるのがツライチです。ホイールやタイヤをフェンダーからはみ出さない、ギリギリのサイズまでアップさせる手法です。しかしそれはもう昔の話。2017年6月22日から、10mmまでならはみ出しても良いことになったのです。

  
12432

軽スポーツ対決!アルト ワークス vs S660…どちらが買いか?

2015年末にデビューした現行アルト ワークス。同年の春にターボモデルのターボRSが発表されたときに、多くのユーザーが「ワークスじゃないのか!?」と落胆したことを受けて、スズキは即座にワークスをデビューさせました。一方、ホンダはミドシップの軽スポーツ、S660を投入しています。さ...

  
9814

昔は国産車も多かった!ドイツ車は今でもエンジンバリエーションが多いのか?

BMWやメルセデス・ベンツなど、ドイツ車は1車種で何種類ものエンジンを使い、さまざまな需要に応えているというイメージがあります。はたして現在でもそうでしょうか?

  
4354

5,000万超のロールスロイスなど…選挙カーに使われる車って?

選挙シーズンになると看板と拡声器をつけた選挙カーが走りまわりますよね。この選挙カーに使われるクルマについて、気にする方は少ないと思いますが、実は意外にバラエティ豊かなんです。今回は、知っているようで意外と知らない、選挙カーについてのお話です。

  
5463

バモス、フェローバギー、ミニモーク…いまは無きレジャービークルの魅力

レジャービークルというカテゴリーをご存知ですか?現在ではまず見ることがなくなってしまったため、知らないという方も多いでしょう。レジャービークルの最大の魅力は、なんといっても一般的な車では味わえない解放感。今回は、レジャービークルの魅力と、かつて販売されていた3車種を紹介します。

  
6311

日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、韓国…世界の自動車税事情

若者のみならず、クルマ離れが議論になっている昨今。さまざまに理由はあるものの、やはり維持費が最大のネックになっているのではないでしょうか。その維持費で毎年、ユーザーの懐を直撃するのが「自動車税」です。日本、そして他国の自動車税事情をチェックしてみましょう。

  
8122

日本では発売されていないトヨタ アイゴってどんな車?

国内トップの自動車メーカーであるトヨタ。VWグループと世界のトップシェア争いをするほどの存在です。そんなトヨタは、さまざまなセグメントにそれぞれ魅力的なモデルを投入していますが、なかには日本で発売されていないモデルもあります。コンパクトカー、アイゴ(AYGO)もそんな1台です。

  
6755

キャンピングカーではないけど、キャンプにおすすめな車5選

夏は、オートキャンプが楽しいですよね。しかし、車中泊を専門とするキャンピングカーは高価です。大人2人なら軽キャンパーでもなんとか対応できますが、お子様も含めるとどうしても400万円クラスのバンコンやキャブコンが必要となってきます。そこで今回は、無改造、シートアレンジのみで車中泊が...

  
12624

寒冷地仕様って標準車と何が違うの?温暖地仕様はないの?

中古車を検索していると、ときどき寒冷地仕様というものが目に入ります。どんな特別装備が施されているのか、気になったことがある人もいるのではないでしょうか?その内容をみると、冬季に車を使う際、どういうものを装備すれば、快適に運用できるのかが理解できます。では、反対に温暖地仕様の車とい...

  
6392

なぜ日本の高速道路は車の大きさによって値段が変わるのか?

高速道路の乗り口で料金表をチェックすると、車の大きさで料金が変わっています。今更ではありますが、これはどういった理由からなのでしょうか。

  
9330

愛車をキャンピングカーに!?「ポップアップルーフ」のメリット・デメリット

BBQやキャンプ場などでたまに見かけるポップアップルーフ車。クルマの屋根が斜めや垂直に立ち上がり、実際見るとかなり圧倒されます。今回は、そんなポップアップルーフについてまとめてみました。

  
6279

軽自動車とスポーツカー、年間維持費の差はたったの15万円!?

自動車を購入する際、多くの方は、車体金額だけではなく、維持費の事も考慮するでしょう。軽自動車が人気を集めているのは維持費の安さからですし、スポーツカー離れもまた、維持費の高さ…と言われていました。ですがこの両車、年間の維持費にすると15万円程度しか差がないという衝撃の結果が出たの...

  
17330

地図帳は必須アイテム!三角窓、匂い玉…懐かしい昭和の車あるある10選!

現在でも普通にカー用品店などで販売されて、実際に使われているものもあります。今回は、昭和時代に全盛期だった、懐かしい「昭和の車あるある~」を集めてみました。

  
12435

市街地で大活躍!? 全長3m以下の小さな車5選

日本の道は狭いですよね。住宅街や路地に入ろうものなら、3ナンバーのクルマだととり廻しに神経を使いますし、ときにはボディやホイールをガリッなんてことも…。つまり、小さいサイズのクルマのほうが、市街地では圧倒的有利です。そんなわけで、全長3メートル未満のクルマを調べてみました。

  
8411

2000GTや117クーペ等…中身を最先端にして、復活してほしい外見の車4選

自動車技術の向上は目覚ましいものですが、一方であの頃のクルマは良かったなぁ、という意見も多く聞かれます。その理由のひとつに、デザインの変化があげられますが、それにはクルマにとって大事な安全上の理由が多々あります。今回は、それでも復活してほしいと思うデザインに優れたクルマをピックア...

  
18092