「車検」の検索結果(474件)

記事

中身は最新、見た目はクラシック!? レトロフューチャーなクルマ4選

昭和30〜40年代に幼少時代を過ごした方々は、当時のSF映画や科学雑誌に描かれた未来像にワクワクしたという経験があるでしょう。流線型のクルマやロボットのデザインは、当時の文化や技術から想像する未来への憧れをカタチにしたものでした。では、そんな時代と現代が融合した、いわゆる「レトロ...

  
2442

映画『TAXi』誕生から20年!気になる新作の登場車種は?

20年前の1998年に大ヒットした、痛快カーアクション映画『TAXi』。そのシリーズ新作となる『TAXi ダイヤモンド・ミッション』が、2019年1月に公開されます。第5弾となる今回は、どんなクルマが登場するのでしょうか?文・立花義人

  
3815

大坂なおみ選手が、日産アンバサダーに!自動車メーカーのアンバサダーに就いた日本人スポーツ選手たち

テニスの4大大会のひとつ全米オープンで、日本人選手として初めてシングルス優勝をはたした大坂なおみ選手。おめでとうございます!そんな大坂選手が、日産のブランドアンバサダーに就任しました。自動車メーカーのアンバサダーには、どんな役割があるのでしょうか?また、これまでどのような日本人ア...

  
22681

車台番号と車両番号の違い

車台番号と車両番号(ナンバープレート)は、自動車を所有していると、ことあるごとに必要になります。しかし、この2つの文字や数字は、それぞれ役割が異なり、記載される文字や数字、桁数も異なります。それぞれの役割を説明しましょう。

  
2649

現代のクルマだけどデザインがレトロなクルマ5選

普遍的なデザインを持った製品は、時を経ても多くの人々に長く愛されています。レトロなデザインとは、そんな普遍的要素をモチーフに取り入れたもので、かわいらしくておしゃれなことが特徴です。ここでは、そんな中身や機能が最新で、レトロなデザインのクルマをいくつか紹介しましょう。文・立花義人

  
5703

国内自動車市場にインパクトを与えた!? 90年代後半の名車5選

バブル経済崩壊後の1990年代後半は、景気低迷と就職氷河期に加えて、大きな災害や事件が重なるなど、社会不安が日本を覆う一方、インターネット社会の始まりともいえる時代でした。経済・社会・文化の多方面で大きな変化を日本が経験したころ、どんなクルマが人気となっていたのでしょうか?文・立...

  
6579

逆スラントノーズのカッコ良いクルマ5選

「逆スラントノーズ」を知っていますか?現在は、一部のモデルで採用されているデザイン手法ですが、1960~70年代にはとても流行しました。ここでは、1970年代から現在まで、筆者の印象に残っている5台をピックアップしてみました。文・立花義人

  
5869

意外と知らない?車の反射板をつけていい箇所、ダメな箇所

反射板(リフレクター)が組み込まれた自動車のリアコンビネーションランプを社外品に交換する場合、その製品に反射板が無ければ、別に反射板を取り付ける必要があります。このとき、取り付けるべき場所は厳密に決められているのをご存知でしょうか?文・立花義人

  
2203

昔と今、日本車各メーカーの大衆車はどう変わった?

現代の私たちにとって、クルマは生活に欠かせないものとなっています。その土台となっているのは、戦後、急速に自家用車が普及するきっかけにもなった各メーカーが作る大衆車ですが、時代の変遷とともに、大衆車も変化を遂げています。日本の主な自動車メーカーが販売してきた大衆車には、どんなクルマ...

  
1999

スポーツカーを超える!? パワーウェイトレシオが小さいコンパクトカー5選

クルマの加速力の目安となるのが「パワーウェイトレシオ」。絶対的なエンジンパワーが小さくても、車重が軽ければ、スポーツカーに匹敵する加速力を期待できます。今回は、パワーウェイトレシオに優れたコンパクトカーを紹介します。文・立花義人

  
6338

新車、中古車、レア車、それぞれどこで整備すればいいの?

車は購入したらそれで終了というわけにはいきません。購入後も定期的な点検は必要ですし、消耗品の交換やトラブルに見舞われたときの修理、新車以外では2年もしくは1年毎の車検もあります。多くの人は、そんなときにディーラーなり修理工場なりに頼ることになりますが、どこでみてもらうのが”最適”...

  
1762

独特のフィーリングが魅力!空冷エンジンを搭載していた車5選

自動車に限らずエンジンを冷却する方法は、大きく分けると水冷式と空冷式の2つ。なかでも水冷式は、エンジンの温度管理がしやすく、性能を安定して発揮させることが容易なことから、現代のスタンダードになっています。しかし、かつては空冷式のエンジンを搭載していたクルマもいくつかありました。今...

  
2752

事故やいたずらでナンバープレートがボコボコに…どうしたらいいの?

ぶつけられたのか、いたずらされたのか。道を走っていると、ナンバープレートがボコボコになっているクルマをたまに見かけます。表面に傷などがついているくらいならまだしも、なにかにぶつかったり、引っ掛けたりなどで、プレートが変形してしまったら、どうしたらよいのでしょうか。どの程度なら、そ...

  
2563

空き地に放置されているクルマって誰が処分するの?

近所の空き地で朽ち果てそうになっているクルマや、マンションの駐車場などに長期間放置されて大量のホコリを被ったクルマ。土地の持ち主なり、マンションの管理人なりが、処分すれば良さそうに思いますが、簡単には処分することが出来ない事情があるのです。今回は、このように放置された車は、誰がど...

  
2833

旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺とは?

年式の古いクラシックモデルに乗っている人共通の悩み、それはパーツの供給状況ではないでしょうか?内外装のパーツなどはネットオークションなどで程度の良い中古パーツなどを探すこともできますが、実際の走行に関する部分や車検取得に必要な消耗品に関しては中古品というわけにもなかなかいかない部...

  
7069

あなたの認識あってますか? 3ナンバーと5ナンバーの違い

自分の車が3ナンバーなのか5ナンバーなのか、気にされている方も多いようです。それではその「3」と「5」はいったい何で見分けているのか?その違いによって何かメリット/デメリットは生じているのか?そんな疑問をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。なんとなく分かっているようで分...

  
8643

脱ガソリンしたい人へ!おすすめEV5選

国内のガソリン価格の上昇が続くなか、少しでもクルマの維持費を節約したいと考える方は少なくないでしょう。また、排気ガスの環境への影響も気になります。そんな方におすすめな自動車が、EV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)です。しかしFCVは水素ステーションが無ければ、燃料補給がままな...

  
3767

平成の名車といえばこれだ!国産車5選

2019年4月で「平成」という時代の幕が降ろされることになりました。金融危機、震災、グローバル化といった激動の平成時代には、技術の進歩とともに数々の名車が誕生しました。今回は、そのなかでも特に印象深い5台を紹介しましょう。文・立花義人

  
10283

所有して9年!フェラーリ カリフォルニアの走りや燃費、維持費は?オーナーが答えます

フェラーリが2008年に発表したカリフォルニアは、新規顧客を獲得するために投入されたまったく新しいスモールフェラーリでした。そんなカリフォルニアを新車で購入したオーナーが、燃費はもちろんメンテナンスコストや維持費など、掛け値なしのインプレションをお届けします。文・山里真元|日本ス...

  
8544

あなたの愛車のタイヤは大丈夫? タイヤの劣化具合を一瞬で確認する方法

ゴム製のタイヤが、路面との摩擦を生み出すことで車の曲がる・止める・動くが実現されるのですが、タイヤの劣化具合によっては、少しの雨でもスリップする確率が高まることがあります。そうならないための、タイヤのチェック方法を紹介します。

  
10551
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives