「車」の検索結果(2330件)

記事

高級車に多いボンネットマスコット…なぜ最近減っているのか?

最近、めっきり見かけなくなったパーツのひとつにボンネットマスコットがあります。かつては、高級メーカーの作るサルーンには、必ずといって良いほど光輝いていたボンネットマスコットは、どこに消えたのでしょうか。

  
3

知っているあなたは、かなりのマニア!? ダイハツの迷車5選

2016年にトヨタの完全子会社となったダイハツですが、その歴史は古く、日本の量産車メーカーでは最古ともいわれます。そんなダイハツも、かつてはオリジナリティ溢れ(すぎ)る名車・迷車の数々をリリースしていたのです。

  
3215

日産新型リーフに搭載のワンペダルって実際どうなの!? 本当に事故は減るのか?

2017年9月に新型モデルが発表される日産 リーフ。いろいろ楽しみなモデルですが、なかでも「e-Pedal」なる先進装備が搭載されるとのこと。ワンぺダル操作が可能なこのシステムは、すでにBMW i3でも使われている機構ですが、これによって安全性は向上するのでしょうか?

  
1371

ついにオートライトが義務化へ!なぜ義務化するのか?

新型の乗用車は2020年4月、継続生産中は2021年10月から、ロービームの自動点灯=オートライト機能が義務化されます。オートライト機能は、2017年現在、販売されている車両にも装備されている機能ですが、なぜ法令で義務化しなければならないのでしょうか?

  
6495

【車好きインプレ】安全装備を強化!新型フィット ハイブリッドに乗ってみた!

2017年6月にマイナーチェンジを受けたホンダ フィット。全車にHonda SENSING(ホンダ センシング)を搭載するとともに、内外装ともに質感を向上。さらには、サスペンションダンパーの改良に加え、パワートレインにはきめ細かなチューニングを施したとアナウンスされています。Yo...

  
248

新型NSXを間近で見ないけど…本当に売れているの?

2017年2月より日本でも発売を開始したホンダ NSX。初代モデルからステップアップし、まさにスーパーカーに対抗し得るクルマになりました。しかし、ライバルのフェラーリやランボルギーニは街中で見かけるのに、NSXはほとんど見かけません。これはなぜでしょう?

  
12388

前輪幅が後輪幅より太い場合、走行性能にどう影響する?

自動車の前後輪サイズを比較してみると、同じサイズもしくは、後輪が幅広い・扁平率が低い・インチ数が大きいタイヤが採用されています。反対に前輪の大きな車種は、ほぼありません。これはどうしてなのでしょう?

  
3326

動物が飛び出してきたから急ブレーキ!は違反!? 正しい行動とは?

クルマに轢かれて死んでしまう事故、いわゆる”ロードキル”は、市街地でも多く見られます。また、高速道路でも多くの野生動物が被害に遭っています。走行中、動物が道路に飛び出して来たときは、どうすれば良いのでしょうか?小動物か、シカのような大動物か、によっても対処方法は変わってくるようで...

  
6811

絶大な支持率アリ!S30 フェアレディZってどんな車?

日本を代表するスポーツカーのひとつ日産フェアレディZ。のびやかなスタイリングは輸入スポーツカーに通じる高級感がありますね。2000年に一度生産を終了し、存続が危ぶまれましたが、2002年には復活。やはり、日産というブランドを象徴する上ではなくてはならない存在ということなのでしょう...

  
4236

アメリカTVドラマ『24』に登場する車はフォードのみ!?

レンタルビデオ店では常にレンタル状態、日本中が夢中になり寝不足に苛まれていたドラマといえば『24』です。その『24』に登場する車両は、フォード車が多く目に止まります。他メーカーの車両は登場しないのでしょうか?

  
960

悲劇の世代1992年生まれの初代絶版車7選

1992年生まれを世間一般では「悲劇の世代」と呼ぶそうです。生まれた年にバブル崩壊、高校入学式には爆弾低気圧が直撃、成人式は大雪、世の中に出れば”ゆとり世代”と呼ばれ…。1992年に誕生した日本車も同様、悲劇の世代だったようです。

  
6188

FFスポーツとして生まれ、デートカーとして幕を閉じたホンダCR-X…歴代モデルを振り返ります!

3代目シビックの派生モデルとして誕生したバラード スポーツCR-Xは、走る楽しさを求めたライトウェイトスポーツ。ところが、3代目では、その立ち位置を大きく変更し、スタリッシュなデートカーとして生まれ変わりました。1983年に生まれ1997年に、その歴史に終止符を打ったホンダCR-...

  
3396

オフロード仕様のフェアレディZ!? 見た目からは考えられない走破性

フェアレディZといえば、日産を代表する2シータースポーツカーです。どうやらそのフェアレディZをオフロード仕様にした人がいるようです。近年は、SUVであってもクーペのようなボディデザインがもてはやされているようですが、このフェアレディZはメーカー非公式。さて、その仕上がりはどれほど...

  
11327

知ってましたか?高速道路の真ん中車線が一番広い理由

2車線以上の車線がある高速道路では、一部に道路の幅が異なるケースがあります。たとえば片側3車線の高速道路であれば、真ん中が少し広くなっています。これはどのような理由からでしょうか?

  
9700

スバル6代目サンバーといえば「農道のポルシェ」なぜここまで人気になったのか?

スバルが販売していた軽商用車サンバーが、かつて「農道のポルシェ」という異名を持っていたのはご存知ですか?ポルシェといえば、世界を代表する高級スポーツカーですが、日本の軽トラックがなぜポルシェと形容されるのでしょう。軽自動車はさまざまなメーカーが販売しているにもかかわらず、なぜサン...

  
6822

アメリカで人気のレクサスES…なぜ日本では発売されないのか?

レクサスLSとともに、北米でレクサスブランドが立ち上がった当初からラインナップされているモデルがESです。アメリカでは、RXと並ぶ最量販車種なのですが、2017年現在日本市場には導入されていません。なぜ日本では販売されないのでしょうか?

  
7186

最高400km/h以上のブガッティ ヴェイロン!実際に最高速度を出すために必要な条件とは?

ブガッティ ヴェイロンとは、フランスの自動車メーカーである、ブガッティ・オートモビル社が製造するスーパーカーです。車体価格は約2億円。最高速度は400km/h以上と言われ、世界で一番速い市販車としてギネス認定されています。しかし、ヴェイロンのオーナーであっても、実際に400km/...

  
4249

運転中に突然の雹!どうすればいい?損害は保険で直せる?

2017年7月18日15時過ぎ、東京の池袋で直径数cmの雹が降り、歩行者や家屋、自動車などに損害を与えました。降ってきた雹で、ボディがボコボコになった自動車も多いとか。この被害に、保険は適用されるのでしょうか?

  
6133

ホットハッチという言葉が流行った80年代のコンパクカー5選

80年代はホットハッチが盛り上がりました。実用的な3ドアハッチバックモデルに高性能エンジンを搭載し、スポーツクーペにも負けない走行性能を秘めたマシン。それがホットハッチです。そんな80年代の国産車ホットハッチを振り返ってみましょう。------------------------...

  
6691

シーゴウ、坂落し…警察が取り締まりで使う隠語、あなたはいくつ知っている?

どの業界にも業界用語と言われる、一般にはあまり知られていない暗号のような言葉が存在します。警察でも数々の隠語があるのをご存知ですか?テレビ番組で聞いたことがある人もいるかもしれませんが、解説がないとチンプンカンプンなワードばかりです。そこで今回は、警察が取り締まりでよく使う単語を...

  
7421