「趣味」の検索結果(399件)

記事

やっぱり初代 (NA) が忘れらんねえよ...そんな思いから新車でマツダ 4代目(ND)ロードスター...

2015年3月、Webで商談予約を行った4代目(ND)ロードスターは自身にとって久しぶりの新車だ。購入グレードはSスペシャルパッケージの6MT、それにメーカーオプションのセーフティパッケージと、ディーラーオプションのナビゲーション用SDカードにフロアマット、そしてDSRC車載器と...

  
1755

クルマで良い音の音楽を楽しみたい…車載スピーカーについて解説します!

日本はカーオーディオ大国といわれることもあります。クルマというのはオーディオを楽しむのに条件がよいわけではありませんが、クルマの中だけが音楽を楽しめる空間というオーナーも少なくないようです。ホームオーディオを本格的に楽しもうとすると防音などをしっかりとしないと近所迷惑になってしま...

  
11563

ハイブリッドカー燃費ランキングTOP3!

量産車初のハイブリッドカーとして初代トヨタ・プリウスがデビューしたのは、1997年のこと。それから20年以上が経ち、燃費の良い車としてハイブリッドカーはすっかり当たり前の存在となりました。令和元年6月の今、特に燃費のいいハイブリッドカーは何でしょうか?カタログ燃費の上位3台を調査...

  
47267

1991年式アルファロメオ スパイダー シリーズ4との生活…ナビカーズ創刊編集長、河西氏が語る「もう...

編集者である僕が、「もういちどクルマと暮らそう」というキャッチフレーズを掲げた自動車雑誌『NAVI CARS』を創刊したのが2012年のこと。それと同時に僕自身も、若い頃から憧れていたアルファロメオ・スパイダーとの暮らしを始めたのだった。文/写真・河西啓介

  
5290

現役のプロカメラマンが教える!予算10万円前後で買える一眼等のおすすめのカメラ5選!

新しい趣味としてカメラを初めてみたいけど、高価なものから安いものまでたくさん種類があって選ぶのが大変!それならば実際にプロとしてカメラを使ってお仕事をされている"プロカメラマン"がおすすめする商品ならば安心なはず、今回は、現役のプロカメラマンである、黒田明さんにお...

  
7483

日本レースクイーン大賞初代グランプリ美波千夏(元RQ)の愛車は“特別”な日産・キューブ【It’s M...

5月とは思えない強い日差しが降り注ぐ中、柏の葉T-SITEのスターバックスにやってきた彼女は、ひと目見てそれとわかるオーラをまとっていた。かつてモータースポーツという泥臭い世界の中で、まさに野に咲く一輪の花のように咲き誇っていた彼女だが、一線を退いた今でもまるでスポットライトを浴...

  
45125

車のエンブレムって他社のものに変えても大丈夫?

街でみかけるクルマのエンブレムを見て、あれ?と違和感を感じることがあるのではないでしょうか。国産モデルでも海外仕様のブランドエンブレムになっていたり…。こうしたエンブレムをオーナーが替えるのは法的に大丈夫なのでしょうか?

  
4621

心地よい“旧さ”を味わうべき一台…3,873万円ベントレー ミュルザンヌ スピード 試乗レビュー

ベントレーのフラッグシップ「ミュルザンヌ」は、今から10年前、2009年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でワールドプレミアに供された。2017年モデル以降はフロントマスクを中心にフェイスリフトを受けたが、残念ながら筆者自身はこれまでドライブする機会に恵まれなかった。しか...

  
21095

おしゃれな“プロ仕様”のルノー・カングーに、お値打ち装備の限定車

200台限定で価格は265万9,000円(税込)です。

  
1167

スーパーカーチャリティフェスティバルin宮ケ瀬

今年で10回目となる「スーパーカーチャリティフェスティバルin宮ケ瀬」が5月12日(日)に開催されました。日本でも唯一と言ってもいいほどの珍しい企画が中心となります。私も微力ながら自分のフェラーリ・カリフォルニアで参加してきたのでさっそくレポートさせていただきます。文/写・山里 ...

  
12327

フリードプラスの内装レビュー【3列目シートモデルとの違いは?】

先代では”スパイク”として発売されていた2列シート仕様が名前をフリードプラス(Freed+)と改めて、発売されましたね。ホンダ フリードプラス(Freed+)は3列目シートを撤去しただけではなく、ラゲッジスペース・荷室を専用のデザインにしました。また、荷室・ラゲッジスペース以外に...

  
3565

【標準車との違いは何?】フリードプラスの2列目ソファーシート徹底レビュー

広い荷室・ラゲッジスペースが魅力的な5人乗りフリードプラス(Freed+)がフルモデルチェンジをして、発売されましたね。このプラス(Freed+)は、荷室・ラゲッジルームの広さや使い勝手を重要視しているため、5人乗りモデルに…。また、後部座席にはソファーシートを採用しているのです...

  
7700

ペットオーナーもおすすめ!車でのお出かけにペット用カー用品・便利グッズ15選

アウトドアライフや旅行が気持ち良い季節ですが、愛犬や愛猫と一緒にドライブに行く機会も増えるのではないでしょうか?しかしドライブは、ペットにとって意外とストレスがかかるもの。そこで、愛犬や愛猫が思わず車に乗りたくなる快適グッズをご紹介します。

  
5590

輸入車販売台数"ナンバー1"を3年連続で達成したメルセデス・ベンツが「Mercedes me GIN...

2016年から4年連続で輸入車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド首位に輝いているメルセデス・ベンツ。その原動力はもちろんブランド力ではあるが、国産メーカーも含めてナンバー1といえそうな積極的なブランドアピール、多彩なマーケティングの賜物でもある。2019年4月15日...

  
16919

車やバイクを複数台所有する際に気をつけるべきこと3つ

クルマは実用品でも趣味の対象でもあるので、「一人1台必要だから」、「クルマが好きだから」という理由はともかくとして、クルマを複数所有している人はいくらでもおり、複数所有を考えている人もいるかもしれない。筆者は後者の理由に加え仕事柄「いろいろなクルマに乗ることはこの仕事の基本であり...

  
50575

約2年1万キロ走ってわかった ルノー ルーテシアR.S.…特別なクルマ、だけどリーズナブル

ちょうど2年前の春、10年乗ったポルシェ・ボクスターSを手放した僕はフランス製の特別なハッチバックを手に入れることになった。それが「ルノー・ルーテシアR.S.」。それから共に過ごした2年間で感じたことをお届けしよう。文/写真・工藤貴宏

  
38028

最近聞かなくなった自動車チューニング用語&パーツ4つ

チューニングやドレスアップといったカスタマイズは、自動車趣味のひとつとして完全に市民権を得ている。それには合法チューンといわれる保安基準を満たしたカスタマイズが主流になってきたことも貢献していることだろう。とはいえ、日本でチューニングが盛んになりはじめた1970年代からしばらくは...

  
50375

スズキがジムニーに託すもの【世界自動車業界見聞録】

今回のテーマが、スズキ・ジムニーだと聞いて正直困惑しました。本コラムでは、そのタイトルの名の通り、テーマとなるモデルやメーカーについて、世界中を取材する中で筆者が感じたことをマクロな視点でまとめていくことを常としていました。しかし、ジムニー、しかもグローバル販売されているジムニー...

  
23687

趣味に仕事にレイアウトが自由!新型NV350キャラバン バン荷室レビュー

工事現場やアウトドアなど多くの荷物を詰め込む現場で活躍する新型NV350キャラバン。今回の記事では荷室の広さについて解説します。2017/12/7

  
28682

高性能エンジンオイルの代名詞「100%化学合成」「エステル」って一体何?

高級エンジンオイルの容器を見ると「100%化学合成」とか「エステル」という言葉が書かれています。これは一体どういったものなのでしょう。そこでSUPER GTをはじめとするモータースポーツの世界を支えるエンジンオイルの製造をするMOTULでレーシングカーをはじめとする様々なエンジン...

  
6294
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives