「超高級車」の検索結果(64件)

記事

ベントレー、新型フライングスパー・グランドツーリング・セダン発表

今年、創業100周年を迎える英国高級グランドツーリング・カーメーカーであるベントレー・モーターズは、まったく新しい第3世代のフライングスパー・グランドツーリングセダンを発表しました。

  
1530

ライバルと比較して分かった、新型RAV4の革新性とは?

RAV4が久しぶりに日本に戻ってきました。すでに北米で先行発売されていたので、そのデザインは媒体で知っていた方も多いと思いますが、実車に触れてみると驚く性能を秘めていることが分かりました。文・山崎友貴

  
24367

「おっさんホイホイ」の次は「ジムニー女子」!?ジムニーは女性の心も掴めるか?【吉田由美のYou & ...

去年発売されたスズキ ジムニー/ジムニー シエラは、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は辞退したものの、「グッドデザイン賞金賞」や「Yahoo!検索大賞」でも自動車部門でトップ。「2018年DIMEトレンド大賞」でも「ライフスタイルデザイン賞」を受賞するなど数々の賞を受賞し、まさに2...

  
44380

スズキがジムニーに託すもの【世界自動車業界見聞録】

今回のテーマが、スズキ・ジムニーだと聞いて正直困惑しました。本コラムでは、そのタイトルの名の通り、テーマとなるモデルやメーカーについて、世界中を取材する中で筆者が感じたことをマクロな視点でまとめていくことを常としていました。しかし、ジムニー、しかもグローバル販売されているジムニー...

  
23362

桁違いな超高級車!メルセデス・マイバッハのラインナップ

「マイバッハ」という聞き慣れないクルマのブランドをご存知ですか? 110年前の1909年。のちに自動車開発、ガソリンエンジンのパイオニアとして、のちに出会うカール・ベンツともにダイムラー・ベンツを立ち上げたゴットリープ・ダイムラーとエンジンの研究をしていたヴィルヘルム・マイバッハ...

  
14461

お値段3000万円!それでもデザインは量販ラインのベントレー・ベンテイガ

いきなり値段の話から入るのも野暮ではありますが、やはり3000万円のSUVと聞くと多くの人は驚きを隠せないでしょう。そうです、ベントレーが2016年に発表したSUVの世界最高峰、ベンテイガの話です。2017年にランボルギーニ・ウルス、2018年にロールスロイス・カリナンが登場し、...

  
3003

日本ではレア!? 新車価格1億円以上の超高級車たち

2019年2月1日現在、日本で買える新車(カタログモデル)で最高価格になっているのは、ロールス・ロイスの「ファントム・エクステンデッド・ホイールベース」の6540万円。じつは、日本で普通に買えるカタログモデルで1億円超となるとほとんどないのだが、世界を見渡せば日本円で1億円超とな...

  
4634

和製ハマー!? 自衛隊高機動車の民生版「トヨタ メガクルーザー」ってどんな車?

和製ハマーとも称されるトヨタ メガクルーザーが初めてお披露目されたのは1993年、千葉幕張メッセで開催された第30回東京モーターショーのトヨタブースでした。当時は空前のクロカン4×4ブームということもあり、究極のRV、4×4として大きな話題を集めました。自衛隊用に「高機動車」とし...

  
54173

2050年、高級車はどのようになっているのか? ベントレー、英国美大の学生たちと共同研究

2018年10月、ベントレーはイギリスの美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのインテリジェント・モビリティ・プログラムでデザインを学ぶ学生たちとの共同研究として、「未来の英国のラグジュアリー」について予測しました。

  
12615

100万円オーバー!? 車が買えるレベルの高額オプション5選

自動車には、かならずオプションパーツが用意されています。メーカーがオプションを用意する理由は、ユーザーのさまざまな好みにできるだけマッチさせることですが、世の中には、コンパクトカーよりも高額なオプションなんてものが存在しています。今回は、そんな高額オプション5つを紹介します。知れ...

  
11347

初代クラウンってどんなクルマだったの?

15代目となる新型がデビューし話題となっていますが、初代クラウンが誕生したのは1955年と半世紀以上も昔のことでした。量産乗用車として、うぶ声をあげたばかりのクラウンは、いまのような”トヨタを代表する重厚なモデル”というイメージではなく、時代とともに成長してきたという側面を持って...

  
8435

今の時代にクルマを選ぶということ

ごまんとあるクルマの中から、買って後悔しない1台を選ぶというのは大変なことだ。新車を購入する場合は、最低でも100万円を超える出費を覚悟しなければならない。しかもそのクルマとは数年間は付き合うことになるし、維持費だって掛かってくる。それに最近のクルマにはハイブリッドをはじめ、ダウ...

  
1334

LAST CHANCE 憧れのままでは終わらせない

いつか、そのうち、貯金ができたら…。人生の折り返し地点を過ぎても若いころと同じ理由をつけてやりたいことを先延ばしにしていませんか。もしくは、仕事が忙しいとか子供がいるからと仕事や家族のせいにして自分をごまかしていませんか。text:小沢コージ、山下敦史、まるも亜希子、伊丹孝裕、p...

  
2065

黄色いビートルを見ると幸せになれる!? クルマに関わる都市伝説4選

クルマに関する都市伝説は、1980年代から盛んに語られるようになりました。ここでは、雑学的な都市伝説をご紹介します。

  
10694

カーマニアも思わずうなる!? 希少でマニアックでかっこいい車8選

高速道路のサービスエリアやドライブ途中に立ち寄ったガソリンスタンドで、思わず声を掛けられてしまいそうなちょっと変わった車だけの自動車ガイド。他人が思わず振り返ってしまうのは、ヴィンテージカーや高級車だけではありません。日常シーンではまず出逢うことのない、希少でマニアックでかっこい...

  
28026

砂漠で壊れてもヘリコプターで新車が届く!?…ロールス・ロイスにまつわる5つの噂

先日ブランド初となるSUV「カリナン」が発売されたことでも話題のロールス・ロイス。その価格は21万ポンドと発表されましたが、日本円に換算すればおよそ3,100万円。ただしこれはロールス・ロイスの中では決して高額とはいえません。そんな世界一のプレステージ性を持つ超高級車ブランド、ロ...

  
45031

トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

豊田自動織機製作所(現在のトヨタ自動車)初の生産型乗用車が『トヨダ AA』です。そう、発表時の社名(車名)はトヨタではなく、”トヨダ”でした。お値段3,350円(名古屋店頭渡し)。現在の価値に換算すると、およそ2,000万円という超高級車でした。では、トヨダAA型とは、どんな車だ...

  
14162

新生ベントレーの立役者、コンチネンタルGT

世界を代表する超高級車ブランドとして、ベントレーは欠かすことのできない存在です。1919年の創設以来、ロールスロイスとの合併や分裂、VWグループ傘下への吸収など紆余曲折を経てはいますが、いまもなお世界最高峰のブランドとしての地位を保っています。今回は、そんなベントレーの販売主力モ...

  
3123

高級車ブランドが続々とSUV市場に参入する理由

ひと昔前、クルマと言えば、ボンネットとトランクの間にキャビンがあるセダンこそがもっとも典型的なものでしたが、いまではすっかり少なくなりました。その一方で、勢力を伸ばしているのがスポーツ ユーティリティ ビークル(SUV)です。クロスカントリー系と呼ばれる、いわゆる本格的な悪路走破...

  
5632

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.37 幼稚園バスのシートベルト

シートベルトは全席装着が基本中の基本。だが、幼稚園バスにはシートベルトの設置義務はない。国土交通省が、火災時の避難のしやすさや、異なる体型への対応の難しさを理由に特例扱いしているからだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
1528
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives