「走行性能」の検索結果(436件)

記事

中身を最新技術にして復活してほしいクルマ5選

日本のクルマ社会は、1950年代後半に始まり、オイルショックやバブル崩壊を乗り越えて、かれこれ半世紀以上が経過しました。その間には、さまざまな事情から惜しまれながら消えた名車もたくさんあり、いまでも人気のクルマも少なくありません。しかし、古い車は運転にコツがあったり、燃費が悪かっ...

  
3792

TWS、Ferrari専用設計「EXspur EX-fF+udm」などを出展!東京オートサロン201...

高い鍛造技術を有し品質の高いホイールを生産し続けるTWSより、気になる2019年の最新作を紹介します。文・山里真元

  
15878

Hondaブース、ヴェゼルやS660などのModulo X最新モデルが勢揃い!東京オートサロン201...

東京オートサロンのHondaブースは、ホンダアクセスが手がけるスポーティーモデルが数多く展示されていた。文/写・栗原祥光

  
1803

和製ハマー!? 自衛隊高機動車の民生版「トヨタ メガクルーザー」ってどんな車?

和製ハマーとも称されるトヨタ メガクルーザーが初めてお披露目されたのは1993年、千葉幕張メッセで開催された第30回東京モーターショーのトヨタブースでした。当時は空前のクロカン4×4ブームということもあり、究極のRV、4×4として大きな話題を集めました。自衛隊用に「高機動車」とし...

  
51190

威厳や迫力あり!全長5m超えの国産車5選

日本の狭い道路事情では、小回りがきいてキビキビ走れるコンパクトカーや軽自動車が有利と感じる人は多いようです。実際、多くの人がセカンドカーに軽自動車や、アクアやノートなどのコンパクトカーを購入しています。その一方でファーストカーは、威厳や迫力、すぐれた居住性や動力性能をもつ、全長5...

  
3815

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種

農作業から宅配便、さらには移動販売など、さまざまなシーンで活躍する軽トラック。現在、新車で販売されているのは、スズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼット、ホンダ アクティの3車種です(※この他のメーカーはOEMとなります)。今回は、これら3車種の特徴のいくつかを項目別に比較していきま...

  
4632

マフラーの取り付け位置に決まりってあるの?大きくはみ出ても平気?

車の後ろ姿や排気音をカッコよくするため、または走行性能をアップするために、マフラーを交換される方は多くいらっしゃいますよね。ところがマフラーは、車検の重点項目ですので、不適合な改造をしてしまうと、警察の取り締まり対象になってしまいます。今回は、このマフラーの改造について、紹介して...

  
2809

もう一度SUZUKIに乗る ー後編 スズキに乗る理由

「特別すごいヤツがほしいわけじゃない、シンプルなバイクが良い」「アップライトなポジションで、重た過ぎず、一泊二日程度のツーリングに行けて、2人乗りがしやすければ尚イイ」それなりの年齢になったライダーにとって、理想のバイクのイメージは、大方これに近いのではないだろうか。加えて数字や...

  
1303

法人登録にぴったり!? プレミアムパーソナルカー3選

企業の重役さんや社長さんがどういったクルマを乗っているのか、興味はありませんか?第一線で活躍する多忙なビジネスパーソンにとって、仕事の合間にリラックスする場所であったり、お客様をおもてなしする空間であったりするクルマですが、そうした方にピッタリなプレミアムなクルマは多々あります。...

  
2135

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.103 ウィンタータイヤという選択

先日の大雪で首都圏の道路は大混乱に陥った。とはいえ今年の気候が特別だったわけではない。毎年一度か二度は東京も大雪に見舞われ、サマータイヤのまま走るクルマによって多数の事故や通行止めや大渋滞が引き起こされる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2...

  
1623

全幅2メートルの堂々たる体躯!BMWの新型SUV「X7」とは?

BMWの誇るSUV、Xシリーズに、待望のフラッグシップがついに登場します。「X7」と名付けられたハイエンドモデルは、堂々たる体躯、圧倒的なラグジュアリー感、あらゆる路面状況でも揺るぎない走行性能など、すべてがワンランク上の仕上がり。BMWのこだわりが凝縮された、X7を検証してみる...

  
3948

独身貴族だったら、スポーツカーとSUVどっちを選ぶ?

バブルの時代にさかのぼると、スポーツカーとRV(当時はSUVなんて言葉はなかった)の若者人気は二分されていました。しかし、現在ではクロスオーバーSUVが一人勝ち。昭和生まれのクルマ好きにはやや寂しい状況とも言えます。そんな時代にあって、もしもあなたが独身貴族だったら、どんなクルマ...

  
4322

美深町と共に歩む ースバル研究実験センター美深試験場

冬の最低気温がマイナス30度を下回り、最深積雪が150㎝を記録する日本でも屈指の豪雪地帯。北海道中川郡美深町仁宇布にスバルのテストコース(スバル研究実験センター美深試験場)がある。美深試験場が開設されたのは1995年。しかし1970年代にはすでにスバルと美深町の歴史は始まっていた...

  
273

ボンネット、ルーフ、ミラーなど…乗用車のカーボン化は意味があるのか?

純正採用からアフターパーツまで、クルマにおけるカーボン素材の用途は、タイヤ以外のパーツに広がっています。その一方で、そこまでカーボン化することに意味があるのか?という疑問の声もあります。今回はその真相に迫ってみましょう。

  
4320

メルセデス・ベンツ、BMWなど…日本で人気の輸入車メーカー、トップ5

日本車はその品質や燃費性能、耐久性の高さなど、海外でも非常に高く評価されており、世界中の国で日本車が走っています。それに対し、日本人にとって輸入車は、ダイナミックなデザインや高級な車内装備、高速走行時の安定感の高さが魅力で、一度は乗ってみたいと憧れる人も多いでしょう。今回は、日本...

  
10949

なぜ背の低いミニバンが減ったのか?

2000年代前半、トヨタのイプサムやウィッシュ、ホンダのオデッセイやストリームなど、ミニバンのなかでも背の低い車種が人気を博しました。しかし、当時は年間販売台数トップ20に何度も登場したこれらのクルマが、現在は低迷し、コンセプトの変更や生産中止にまで追い込まれています。これは、な...

  
6882

助手席には謎の美女?故障自慢をする?…スーパーカーオーナーあるある5選

スーパーカーと言えば、人目を引く派手なデザインや極端に低い車高、高額な車両価格に圧倒的な走行性能と、一般的な車とは異なる特徴が盛りだくさん。そんなスーパーカーだからこそオーナーにしかわからない共通の悩みや、思わず「そうそう!」と頷いてしまう“あるある”が存在するはず。今回は、そん...

  
15013

運転する?いやくつろぎたい!ラグジュアリーなインテリアの輸入車5選

近年の車は走行性能や安全機能の充実はもちろんのこと、インテリアの装備についても各メーカーが趣向を凝らしています。そんな贅沢なインテリアのなかでも、もはや車ではなく部屋であるかのような、ラグジュアリーな空間をもつ輸入車たちを紹介しましょう。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局...

  
5382

スポーツカーを超える!? パワーウェイトレシオが小さいコンパクトカー5選

クルマの加速力の目安となるのが「パワーウェイトレシオ」。絶対的なエンジンパワーが小さくても、車重が軽ければ、スポーツカーに匹敵する加速力を期待できます。今回は、パワーウェイトレシオに優れたコンパクトカーを紹介します。文・立花義人

  
11257

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
11518
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives