「走り屋」の検索結果(65件)

記事

ソアラにプレリュード…今見ても乗りたい懐かしのデートカーたち

デートカー…そう聞いてピンと来た方はバブル時代に青春を過ごした方なのではないのでしょうか?厳密なデートカーの定義などはありませんが、当時スタイリッシュなスペシャリティークーペに乗ればモテた…らしい。今回はそんな当時の定番であったデートカーをご紹介していきます。これらのクルマに備え...

  
34302

忘れられないこの1台 vol.59 トヨタ スターレット(KP61)

時は平成元年。静岡県長泉町の旧街道沿い。プレハブ事務所の古びた中古車屋で「ヤツ」に出会う。道路に面した展示場所には本命のAE86レビン&トレノが3台並んでた。当時走り屋御用達といえば、トヨタ「ハチロク」。免許取りたての私にとっても憧れのクルマ。でも私が目をつけたのは、ハチロクのせ...

  
2885

燃費競争がもたらした功罪

ここ十数年の間、燃費が自動車にとって極めて重要な要素となってきた。思い起こすと、1997年12月の京都議定書が始まりだった。地球温暖化防止条約が締結され、未来の地球環境に警告が発せられた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
1115

モタスポ見聞録 Vol.16 日本映画 vs モータースポーツ

よし、俺はこの映画をひいきにしよう。正直に言えば、最初は「ラリーの映画やるんだ?そりゃ珍しい」とは思ったものの、それ以上に興味を持ったわけでは無かった。マンガの原作でもあるんだろうと勝手に思い込んでいたくらいだ。だってねえ、東出昌大と新田真剣佑が天才メカニックと天才ドライバーの兄...

  
860

Rolling 40's VOL.115 モーターショー三昧

ここ半年で、東京モーターショー2017、東京オートサロン2018、東京モーターサイクルショー2018と、三つの大きなモーターショーを見に行った。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
315

もう一度クルマにハマる

思い込みを捨ててみる。これまでのやり方を変えてみる。それがここ最近のaheadの大きなテーマである。そうすることでクルマやバイクの魅力を再発見できると信じているからだ。ふんだんにお金を掛けなくても、若い頃のような体力がなくても、自分の目をちょっといつもとは違う方向に向けてみるとも...

  
1326

Rolling 40's VOL.113 半世紀

バイク系の有名You Tuberが、80年代を走ったバイク世代に対して、あの時代の峠での「走り屋ブーム」を誇らしげに語らないで欲しい、あれは単なる暴走族の集会であり、そんな時代を美化して語って欲しくないと声高に語っていた。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.18...

  
316

ツウの選ぶR32スカイライン、GTS-tとは?GT-Rとの違い

歴史上もっとも高く評価され、発売から30年近くが経過した現在でも、絶大な人気を誇る日産のR32型スカイラインGT-R。そのGT-Rの影に隠れながら、走り屋に人気だったモデルに、GTS-tがありました。どちらもスカイラインの名が付いたモデルですが、どんな違いがあったのでしょうか?

  
19553

しげの秀一氏の新作漫画『MFゴースト』に登場する注目の5台

かつて絶大な人気を誇り、走り屋のバイブルとまでいわれた大ヒット漫画『頭文字D』。その著者である、しげの秀一氏による新作が『MFゴースト』です。2017年9月に連載が開始された『MFゴースト』は、市販車による公道を使ったレースを舞台にした作品。登場するハイパーカーを含めクルマ好きの...

  
25133

パトカーと市販車、どんな違いがある?

日々、市民の安全を守る警察官。その警察車両の代表といえばパトカーですが、私たちが普段乗っている市販車との違いはあるのでしょうか?

  
35516

欧州車って何だ。

「ヨーロッパのクルマは素晴らしい」「欧州車は日本車に比べて個性的だ」「日本の自動車メーカーは欧州メーカーを見習うべきだ」など、日本の自動車事情を語るときに必ず欧州車が出てくる。欧州車は日本車に比べて何が良いのか。欧州車は本当に日本のクルマより素晴らしいのか。欧州に50年以上在住す...

  
2852

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
2439

クルマやバイクに文学はあるのか クルマやオートバイには人を突き動かすエネルギーがある

前号では『クルマやバイクに文学はあるのか』と題し、その前編として、これまでにクルマやオートバイがどのように表現されてきたのか、どう語られてきたのかを振り返ってみた。後編の今回は、クルマやオートバイを乗ることに、文学的といえる要素が含まれているのか、それは、他の文学的存在と同じよう...

  
1112

新年度の始まり!4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

新年度が始まり、早くももうすぐ2ヶ月が経とうとします。新しい生活・環境が始まった方は、慣れましたでしょうか。さて、CarMe[カーミー]では4月公開された記事の中で、どの記事が一番読まれたのか、もっともアクセス数の多かったトップ10を紹介します。文・CarMe[カーミー]編集部

  
4708

頭文字DのAE86はなぜ速いのか?

『頭文字(イニシャル)D』は、1995年から2013年まで週刊ヤングマガジンに掲載されていた漫画です。10代の走り屋たちが、峠道でバトルを繰り広げる様子に憧れ、車好きになった方も多いのではないでしょうか。原作の冒頭で、主人公がコップの水をこぼさないように、クルマにかかるGの出方を...

  
85818

おしゃべりなクルマたち vol.46 もう一度スポーツカー

先月号のこの雑誌の巻頭を飾ったコラムに感激した。筆者は〝熱きバイク乗り〟、大鶴義丹さんで、タイトルは「モテるオッサンでいこう」。text:松本葉 イラスト:武政諒 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
579

Rolling40's vol.42 私のポイント・オブ・ノーリターン

映画「キリン」が3月3日より池袋シネマロサを封切りに、関西に続き、全国に順次公開されることになった。詳細は公式ホームページを参照して頂きたい。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.112 2012年3月号]

  
337

Rolling40's vol.44 モテるオッサンでいこう

新しいスポーツカーと大人たちの関係を探しているかのように、ハチロクとBRZが盛り上がっている。予約も一杯ですぐに手に入るような状況ではないという話も聞く。またメーカー自体が合法的な改造を推進しているのが興味ある動向で、改造パーツ専用の分厚いカタログもあるくらいだ。個人的には良い流...

  
489

Rolling 40's vol.95 リターンライダー

4月生まれの私は高校生になってすぐにバイクの免許を取ると、通学から2人乗り遊び、走り屋の真似事などと、毎日どこに向かうでもなく走りまわっていた。text:大鶴義丹  [aheadアーカイブス vol.165 2016年8月号]

  
774

忘れられないこの1台 vol.38

歳で免許を取る切っ掛けとなったバイクがZ400FX(フェックス)だ。仲間にはレーサーレプリカの走り屋も多かったけれど、僕は単車らしいスタイルのバイクが好きだった。しかも、速く走ろうなんて気は毛頭なく、海岸線を流したりツーリングに行ったりと、そんなバイクライフを夢見ていた。text...

  
904
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives