「販売台数」の検索結果(448件)

記事

スズキ新型スイフトのシート【標準車とRSの違いを実車画像で比較してみた】

世界累計販売台数が500万台を突破したスズキの世界戦略車の新型スイフト(SWIFT)が2017年1月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。4代目となった新型モデルと先代モデルの大きな違いの一つが、グレード設定。今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、先代モ...

  
7340

【先代よりも格段に良くなった!?】新型スイフトRSの乗り心地レビュー

スズキの普通乗用車のフラッグシップモデルの新型スイフト(SWIFT)が2017年1月にフルモデルチェンジをして、4代目がデビューしましたね。今回発売された4代目モデルの注目ポイントの一つが、RSグレード。先代モデルでは特別仕様車だったRSですが、モデル末期では全体の販売台数の約3...

  
960

輸入車販売台数"ナンバー1"を3年連続で達成したメルセデス・ベンツが「Mercedes me GIN...

2016年から4年連続で輸入車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド首位に輝いているメルセデス・ベンツ。その原動力はもちろんブランド力ではあるが、国産メーカーも含めてナンバー1といえそうな積極的なブランドアピール、多彩なマーケティングの賜物でもある。2019年4月15日...

  
16430

【新型XVがヴェゼルはどっちがおすすめ?】新型XVの方が優れているところとは?

インプレッサから派生したクロスオーバーSUVのスバルの新型XVが、2017年5月に3代目に生まれ変わりました。今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVが属するコンパクトSUVカテゴリーは、現在大人気。なので、各メーカーともチカラを入れており、競合車・ライバル車もか...

  
10378

トヨタ RAV4を国内初試乗!ひとまわり大きくなって日本復活…どんな車になった?

1994年に初代モデルが発売され、「気軽に付き合えるコンパクトRV」として瞬く間に大ヒットしたRAV4が、満を持して日本市場に復活!国内初試乗しました!文・工藤貴宏/写真・宮越孝政

  
6760

ノートe-POWER NISMOの納期【ノーマルモデルよりも遅い!?その理由とは?】

オーテックジャパンが開発をし、エンジンや足まわりなどに専用チューニングを施したノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)が、遂に発売されましたね。先日、このNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)を試乗してきたのですが、デザイン性・乗り心地すべての面にお...

  
229

【実車画像大量】新型カムリの外装レビュー【先代モデルと徹底比較】

2017年7月10日、トヨタの世界戦略車新型カムリ(CAMRY)が約6年ぶりにフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。先日、この新しくなった8代目モデルを見に行ってきたのですが、あまりの変貌ぶりにビックリ!先代モデルはまさに王道のセダン車と言ったイメージの外観・エクステリア...

  
9477

新型カムリのインパネ【各装備の使い勝手とデザインを徹底レビュー】

累計販売台数1800万台を誇るトヨタの人気セダン車の新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。先代モデルと比較してスポーティーなデザインになった外装・エクステリアが話題になっているこの新型モデルですが、内装・インテリアも質感の高さが...

  
13207

日産ノートe-POWERニスモの新色ガーネットレッドの実車画像レビュー

専用のチューニングを施したノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)が早くも新発売されましたね。また、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)が発売されたタイミングで、新色のガーネットレッドが追加されました。先日、この日産のノートe-POW...

  
1446

バブル期の車で今でも人気といったらこの5台

1980年代後半のバブル期、クルマは憧れでありステータスであり、ときにはモテるためのアイテムでもありました。そんな時代ですから、生まれたクルマもユニークなものが多く、今も根強い人気を誇るモデルが数多くあります。今回はそんなバブルの一翼を担い、今も人気の高いクルマたちをピックアップ...

  
44590

レバーが全部青!? "熱帯仕様車"って知ってますか?

東南アジアのモーターショーでクルマを見たり、現地でクルマに乗ったりしているときになんとなしに車内を観察してみると、日本のクルマとは違う部分があることに気づくことがあります。日本ではそれがないということはありえないので、その部分を見たとしても気づくかどうかは怪しい。でも明確な違いで...

  
1627

人気はプロボックス?営業車に多く採用されるクルマたち

営業車といえば、軽自動車からハイエース(スーパーロング ワイド ハイルーフ)まで多様なサイズが揃っている。配達に特化したクルマをのぞくと、定番といえる営業車に多く採用されるクルマは意外と限られてくる。文・塚田勝弘

  
1590

国産車で3列シートが用意されている車種20

今やファミリーカーの定番となっている3列シート車。普段は2列目までしか使わなくても、お友達やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるときに3列目メートがあるのは便利なもの。では、2019年3月現在、日本にはどんな3列シート車がラインナップされているのでしょうか?国産3列シート車を...

  
3563

レクサス ES日本導入で、GS、LSはどうなる?

2018年10月から、北米市場で人気の高かったレクサスESが日本でも販売されるようになりました。すでに、フラッグシップセダンのLSと、アッパーミドルクラスのGSがラインナップされているなか、ESが国内導入されることによって、レクサス製セダンはどのような棲み分けになるのでしょうか。...

  
2424

受け継がれた"86"という名前。トヨタ86とAE86に共通点はあるのか?

早いもので2012年にトヨタ86とスバルBRZが登場してから7年が経った。トヨタ86の車名は、1983年から1987年に掛けてFRとしては最後となった名機4A-GEを積むカローラレビン&スプリンタートレノの型式AE86に由来するものではある。しかし発売当初から「トヨタ86はAE8...

  
1908

【動画あり】トヨタ C-HR G試乗レビュー(乗り心地や車内の広さはどう?)

今、一番売れているSUV、トヨタ C-HR。ボディを絞り込んだスタイリッシュなデザインが人気を博し、2017年SUV販売台数No.1となっています。本日は、トヨタ C-HRの試乗動画をご紹介します。2018/4/25

  
33246

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2300

お値段3000万円!それでもデザインは量販ラインのベントレー・ベンテイガ

いきなり値段の話から入るのも野暮ではありますが、やはり3000万円のSUVと聞くと多くの人は驚きを隠せないでしょう。そうです、ベントレーが2016年に発表したSUVの世界最高峰、ベンテイガの話です。2017年にランボルギーニ・ウルス、2018年にロールスロイス・カリナンが登場し、...

  
2397

三菱の新世代SUV、エクリプスクロスの実力は?【試乗レポート】

鮮やかなレッドにX型のフロントグリル、クーペスタイルのエッジの効いたボディなど、このクルマはエクステリアからして特徴的です。日本車離れしたこのクルマは、三菱の新型SUV、エクリプスクロスです。今回はこのエクリプスクロスの試乗をしてみたので、その感想をお伝えしてみたいと思います。2...

  
1182

埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「ポルシェ 928」

初恋というのは、ほんのりとした淡い憧れじみたものだったり、いきなり熱病のような重篤なものだったりする。その双方の普遍的な対象としてポルシェの名前を挙げたとしても、異論はないだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.156 2015年11月号]

  
730
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives