「警察」の検索結果(256件)

記事

スタッドレスでもチェーンが必要になるって本当?

2018年11月15日、国土交通省は国道などで大雪や路面凍結の恐れがあるときに、スタッドレスタイヤであってもタイヤチェーンの装着を義務化する「チェーン規制等に関する改正案」のパブリックコメントを開始。同時に、約20の区間で運用を始める見込みです。降雪地域にお住まいの方や運送業に従...

  
7034

下を向いたナンバープレート、これって違反じゃないの?

少しやんちゃなカスタムカーなどに多そうなイメージのある「下を向いたナンバープレート」。ナンバープレートに関してももちろん道路運送車両法でいろいろと決められているのだ。ロック(封印)されている後ろのナンバープレートはともかく、簡単に外せる前のナンバープレートをダッシュボードに置いた...

  
8911

移動販売車やキッチンカーでの商売って、誰でもできるの?

週末のイベントや、オフィス街など、にぎわいのあるところで見かけるキッチンカー(移動販売車)。皆さんも一度は、なにかしら購入したことがあるのではないでしょうか。さて、そのキッチンカーですが、クルマを購入すれば誰でも商売してもいいのでしょうか?文・CarMe編集部

  
1055

高速道路料金所にあるカメラって何を撮っているの?設置の目的とは?

道路に設置されているカメラには、警察が手配中の車両や盗難車両の捜査に使用する「Nシステム」や、区間の通過時間を計測して渋滞情報に利用される「Tシステム」、そして皆さんご存知の「オービス(自動速度違反取締装置)」など、さまざまなものがあります。では、高速道路の料金所にあるカメラは、...

  
2786

あなたもじつは違反かも!? うっかりやっている違法改造3選

フロントスクリーンにステッカーを貼ってしまう、ドライブレコーダーを法規以外の場所に設置してしまうなど、知らずにうっかりやってしまいそうな違法改造を集めてみた。文・塚田勝弘-------------------------------------------------------...

  
6152

気をつけたい!違反件数の多い交通ルールとは?

クルマを運転する際、守らなければならない交通ルールはさまざまです。なかには、私たちの認識が誤っていたり、制定された時代背景が古くて、現代には合わないなんてルールもあります。そこで今回は、数あるなかでも守られていない、普段私たちが破りやすい交通ルールを取り上げていきます。しっかりと...

  
3788

車内にカーテンつけっ放し。これって車検通るの?

ミニバンやSUVが人気の昨今、車中泊ブームの影響もあり、車内のプライバシーを確保するため、愛車にカーテンを取り付けるユーザーが増えてきました。しかし、カーテンを取り付ける位置には厳格なルールがあるのをご存知でしょうか。ここでは、違法改造にあたらない”カーテンの取り付け方法”につい...

  
1645

アウトランダーPHEVやスバルXVなど…海外で活躍する日本車パトカーたち

日本にも意外な車種のパトカー(白黒パトカー)や覆面パトカーがあるが、海外には日本にはない日本車のパトカーが活躍している。ここでは、海外で交通取締や治安維持に大活躍している日本車パトカーをお届けしよう。文・塚田勝弘

  
6479

U-18の運転予備校

「U-18運転予備校」は、自動車を運転できる体格(身長150㎝以上)を持ち、四輪の運転免許をまだ取得していない18歳以下の若者に、本物のクルマを運転してもらって交通安全の理解を深めてもらうための体験イベントだ。text:菰田 潔 写真提供:AJAJ [aheadアーカイブス vo...

  
251

たまに見かける、トランクから伸びたアンテナ。これって何を受信しているの?

最近はめっきり減ってきましたが、おもにセダンタイプのクルマのトランクに長さ50cmほどの太くて黒い棒状のパーツを装着しているクルマを見かけることがあります。あの棒にはどのような役割があるのか、ご存知でしょうか?

  
13453

「道路は誰のもの?」新しい交通安全の想像

スマートドライバー。この親しみやすく分かりやすい言葉を11年前から交通安全のために使ってきた人たちがいる。放送作家の小山薫堂氏を発起人として、「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに活動を続けてきた市民主体型交通安全プロジェクト「東京スマートドライバー」だ。text...

  
417

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.104 あおり運転に巻き込まれない

相次ぐ重大事故の発生を受け、警察庁があおり運転対策に乗り出した。実は過去にも同様の措置は講じられていて、'09年には高速道路での車間距離保持義務違反の罰則が強化された。しかし事態が改善されない状況を受け、今回はさらに厳しい措置となった。text:岡崎五朗 [aheadア...

  
1290

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.11 ミニバンの悲劇と女の直感

新年早々、我が家のミニバンはぶつけられて痛々しい姿になってしまった。修理に入ってから、もう3週間。代車での不便な生活が続いている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
460

災害時、じつはガソリンスタンドが安全って知ってましたか?

災害発生時の避難場所といえば、学校や公民館などを思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、意外と知られていないのが、ガソリンスタンドです。「ガソリンスタンドって、そんなときに爆発の危険性はないの?」と懐疑的な方に、災害時、ガソリンスタンドが安心・安全なわけを紹介しましょう。

  
5198

救急車など、緊急自動車の進路を妨害したらどんな罰則になる?

運転中に救急車や消防車がサイレンを鳴らして近づいて来た場合、皆さんはどのような対応をしていますか?緊急自動車には「事故や火事への対応、急病人を搬送」といった重要な役割があるため、一般車は道を譲らなければなりません。では、もしも緊急自動車の進路を妨害してしまったら、どんな罰則が科せ...

  
5740

バックミラーやMTなど… 近い将来消えるかもしれないクルマの技術5選

自動車に関する技術は、近年、めざましい発展を遂げています。特に自動運転化を見据えた技術開発は、自動車メーカーだけでなくさまざまな業種が参入し、クルマが社会において、さらに大きな役割を果たすことを目指して行われています。今回は、自動車の技術開発にともなって、近い将来消えてしまうかも...

  
14932

最近問題視されている"あおり運転"って、昔からあったの?

2017年、東名高速道路で、あおり運転がきっかけでご夫婦が亡くなるという、痛ましい事故がありました。これを契機に、日本ではあおり運転が問題視されるようになりました。そもそもあおり運転は、昔からあったのでしょうか?文・吉川賢一

  
2055

飲酒による死亡事故率は8倍!なぜ飲酒運転はなくならないのか?

10年前、20年前に比べ、飲酒運転に対するイメージはだいぶ厳しくなった気がします。しかし、飲酒運転が撲滅されたかといえば、そうでも無く、依然として飲酒運転による事故が絶えません。このままいけば、飲酒運転そのものを不可能にする装置が、標準装備となる日もそう遠くないのかもしれません。

  
2894

映画『TAXi』誕生から20年!気になる新作の登場車種は?

20年前の1998年に大ヒットした、痛快カーアクション映画『TAXi』。そのシリーズ新作となる『TAXi ダイヤモンド・ミッション』が、2019年1月に公開されます。第5弾となる今回は、どんなクルマが登場するのでしょうか?文・立花義人

  
4343

秋の交通安全運動、いったいどんな活動しているの?

9月21日(金)から、2018年(平成30年)の「秋の全国交通安全運動」が始まります。期間は9月30日(日)までの10日間です。この交通安全運動は、実際に街中ではどんな活動が行われているのでしょうか?文・赤井福

  
2201
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives