「試乗会」の検索結果(117件)

記事

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.69 手軽なボディ剛性アップ術

試乗記を読むたびに「ボディ剛性」という言葉を目にすると思う。僕もよく使うし、同業者もよく使う。でもそれ以上にこの言葉を連発するのが自動車メーカーのエンジニアたちだ。ボディ剛性とは、外部からボディに力が加わったときの変形しにくさのこと。衝突などに対する壊れにくさは「強度」であり、剛...

  
3935

KTM新社長・野口英康氏という人 バイクを売る責任とは

KTMジャパンの新社長になった野口英康さんは、無類のバイク好きだ。バイクメーカーのインポーターの社長なんぞを務めるのだから、そりゃバイク好きに決まっているでしょ! などと思っている人も多いとは思うけれど、実際はそうとは限らない。text:鈴木大五郎 photo:長谷川徹 [ahe...

  
1837

日常を犠牲にしないルノースポール

8分7秒97。昨年の6月17日、タイムアタックの聖地として世界的に名高い、ドイツの「ニュルブルクリンク」において、「メガーヌRS(ルノースポール)トロフィー」が記録したタイムである。text:神尾成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号...

  
667

忘れられないこの1台 vol.69 KTM 125 DUKE

KTMのDUKE(デューク)シリーズは、オフロードバイクメーカーとして名高いKTMが考えるロードモデルとして登場した。モタードとネイキッドを融合したようなスタイルは、軽快なハンドリングでライディングの自由度が高い。本文に登場する125ccをはじめ、200cc・390ccと、基本的...

  
3013

新型ロードスターのプロトモデルに試乗

昨年末に伊豆修善寺サイクルスポーツセンターにおいて「マツダロードスターエクスペリエンス」と名付けられた次期マツダ「ロードスター」のプロトモデル試乗会が行われた。4代目となるND型ロードスターは、1.5ℓと2.0ℓの「スカイアクティブ-G」と呼ばれるガソリンエンジンが用意される。基...

  
886

BMWのアプローチ

スーパースポーツの分野でも絶好調のBMWがブランニューのマキシスクーターを発売する。国内導入に先駆け3月に開催された国際試乗会。スペインはマドリードに集まった各国報道陣に披露されたのがC600 SportとC650 GTだった。text:近田 茂 [aheadアーカイブス vol...

  
397

忘れられないこの1台 vol.43 DAIHATSU NAKED

「今、走行どのくらい?」「26万9千キロかな」「譲ってから10万キロ! 凄いね」「実は明日、次乗るクルマの引き渡しなんだ。ネイキッドは…ちょうど車検切れるしね」「えっ!(と電話口で絶句の私)」。text:三好礼子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号]

  
2254

首都高生誕50年 vol.2 首都圏のネットワークから、日本のネットワークへ

東名高速道路を東京方面に向かって走ると、世田谷区の用賀で終点の東京インターに到着する。しかし多くのクルマは東京インターでは下りず、そのまま接続する首都高速で都心方面を目指す。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
402

クルマと音の関係性

クルマの中の〝音〟というのは、無意識だとあまり気にならないが、意識した途端にその〝音〟ばかり気になってしまうという経験をしたことはないだろうか。text:神谷朋公 [aheadアーカイブス vol.153 2015年8月号]

  
1387

服のサイズを合わせるようなスマートさとカッコ良さ

ミドルクラスを牽引しているカワサキが満を持して発表した新型「ニンジャ250」。前作との共通項は並列2気筒エンジンを搭載するフルカウルスポーツモデルという基本コンセプトのみ。エクステリアデザインから装備まであらゆる面が改良されている。text:横田和彦 [aheadアーカイブス v...

  
690

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.41 トヨタ流・バランスの方程式

トヨタが2013年3月期の連結営業利益見通しを発表した。円高や尖閣問題による中国での販売減などが目に付くなか、その中身はといえば意外なことに1兆500億円の黒字。しかもこれは尖閣問題以前の従来予想より500億円上乗せした額となる。text:岡崎五朗  [aheadアーカイブス v...

  
1454

オンナにとってクルマとは Vol.26 女性のライフサイクルとクルマ

愛車のホンダ「CR-Z」がマイナーチェンジをして、その試乗会で久しぶりに友部開発主査にお会いした。クルマはとても良くなっていて、初期オーナーとしてはちょっぴりジェラシーもありつつ、さらに「CR-Z」のファンが増えてくれたら嬉しいと思った。text:まるも亜希子  [aheadアー...

  
730

20年乗れるジムニーにするために

数ヶ月前、普段使いに中古のジムニーを手に入れた。10年落ち近い車両である。一般的には、これほどの年式のクルマであれば、フルモデルチェンジがなされ、同時に、アフターマーケットパーツの選択肢も急速に縮小していくものだ。しかし、世代ごとのライフサイクルが長いジムニーは、10年を過ぎたモ...

  
2504

BMWは、Mスポーツ MINIは、ジョン・クーパー・ワークス

「ジョン・クーパー・ワークス」というクルマをご存知だろうか。ミニにはミニ・ワンをはじめ、ミニ・クーパー、ミニ・クーパーSと、3つのグレードがラインアップされている。しかし、「ジョン・クーパー・ワークス」は、それらの3グレードとは別のミニとして位置付けられている。text:桜間潤 ...

  
1358

HKSは、宇宙をめざす

「いつかウチの技術で大気圏を越えてみたい。そう宇宙に行きたいんです。そのためにもどんどんチェレンジして、革命を起こさないと。のほほんと過ごしているヒマはありませんよ」text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
723

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.89 LAのパーキングメーター

先日、LAモーターショーに取材に行った際に、ウェストハリウッド界隈をぶらぶらと歩いてみた。そこで目に付いたのが新型パーキングメーターだ。1セント、5セント、10セント、25セントの各種コインの他、クレジットカードでも支払えるようになっている。text:岡崎五朗 [aheadアーカ...

  
4663

メディア向けペーパードライバー講習

以前は運転していたものの、もう何年も運転していない。あるいは免許を取ったものの、ほとんど運転していない。そういう人が改めてクルマに乗ろうとするときのハードルは本当に高い。私自身がそうだったからよく分かる。都会に住んでいて維持費を考えれば、タクシーを使った方がよほど効率がいいのだか...

  
602

埋もれちゃいけない名車たち VOL.12 解っている人が選ぶ"通"の四駆「FIAT PANDA 4×...

4〜5年前、イタリアのとあるスポーツカーのプレス向け試乗会の会場でひとりのエンジニアと話していたとき、特に深い理由もなく、普段は何に乗ってるの? と尋ねてみた。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.128 2013年7月号]

  
3175

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.49 「DUTSAN」は、復活したのか?

かつてフェアレディZや510ブルーバードといった名車を生み出したダットサンがついに蘇った。40代以上の人なら、きっとワクワクするような話題だろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
2641

トライアンフに熱狂する日

最近、インターネットを使って世界中のモーターサイクルカルチャーの渦中を徘徊していると、驚くほど多くの〝現行トライアンフ〟に遭遇する。その活躍の場は、他のブランドと比較にならないほどに広い。text:河野正士 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
595
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives