「試乗会」の検索結果(105件)

記事

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.89 LAのパーキングメーター

先日、LAモーターショーに取材に行った際に、ウェストハリウッド界隈をぶらぶらと歩いてみた。そこで目に付いたのが新型パーキングメーターだ。1セント、5セント、10セント、25セントの各種コインの他、クレジットカードでも支払えるようになっている。text:岡崎五朗 [aheadアーカ...

  
4074

メディア向けペーパードライバー講習

以前は運転していたものの、もう何年も運転していない。あるいは免許を取ったものの、ほとんど運転していない。そういう人が改めてクルマに乗ろうとするときのハードルは本当に高い。私自身がそうだったからよく分かる。都会に住んでいて維持費を考えれば、タクシーを使った方がよほど効率がいいのだか...

  
436

埋もれちゃいけない名車たち VOL.12 解っている人が選ぶ"通"の四駆「FIAT PANDA 4×...

4〜5年前、イタリアのとあるスポーツカーのプレス向け試乗会の会場でひとりのエンジニアと話していたとき、特に深い理由もなく、普段は何に乗ってるの? と尋ねてみた。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.128 2013年7月号]

  
2703

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.49 「DUTSAN」は、復活したのか?

かつてフェアレディZや510ブルーバードといった名車を生み出したダットサンがついに蘇った。40代以上の人なら、きっとワクワクするような話題だろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
1767

トライアンフに熱狂する日

最近、インターネットを使って世界中のモーターサイクルカルチャーの渦中を徘徊していると、驚くほど多くの〝現行トライアンフ〟に遭遇する。その活躍の場は、他のブランドと比較にならないほどに広い。text:河野正士 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
356

マン島に勝利するための「無限」製EV

「ゼロから何かを生み出そうとする気持ちを忘れちゃいけない。だからやるんです」と、無限(M-TEC)の勝間田聡エントラント代表は言う。彼らが作り上げた電動レーシングバイク「神電・貳(シンデン・ニ)」の試乗会が開催された筑波サーキットでのことだ。text:伊丹孝裕 photo:長谷川...

  
794

ランボルギーニやフェラーリは、簡単に試乗できるの?

憧れのスーパーカーである、ランボルギーニやフェラーリ。そんなスーパーカーを、余裕で所有出来るほどの成功をビジネスで収めたいと考えている読者諸兄は多いはず。そんなスーパーカーに限らず、初めての車を購入する前には、試乗しておきたいものですが、高価なスーパーカーは簡単に試乗できるのでし...

  
18395

DUKE生誕20周年の解答 KTM 1290 SUPER DUKE R

毎年春に「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」を貸し切って行われるKTMのメディア向け試乗会に今年も参加した。今回の目玉は、斬新なスタイルと新設計された75度V型2気筒1301㏄のエンジンが話題の「1290 SUPER R」(車名は1290となる)だ。text:神尾 成 photo:渕...

  
661

ストーリーのあるEV NEW BMW i3

BMW「i3」の試乗会が屋久島で行われると聞いて、EVだから屋久島っていうのはちょっと安易じゃない? と思ったのだが、浅はかだったのは私の方だった。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.137 2014年4月号]

  
433

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
1732

大島優子2輪免許を取る

『かつてバイクという乗り物があった。現在ではごく一部の愛好家をのぞけば、一般にはほとんど乗られていない』 未来の図鑑にオートバイがそんな風に記載されたらなんだか悲しい。だがそんな妄想が冗談でなくなるくらいバイク市場は縮小し、若者のバイク離れも深刻化している。text:山下敦史 [...

  
2323

空気で守る空気を守る シトロエン・C4カクタス

テレビ、パソコン、洗濯機など、 自分の身のまわりには、10年以上使い続けているモノが多い。買うときにデザインから使い勝手まで、とことん悩み抜いて選んだ結果ではないかと勝手に考えている。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.142 2014年9月号]

  
600

忘れられないこの1台 vol.64 ルノー・ルーテシア 1.2 クイックシフト5

本誌で仕事を始めたとき、私はペーパードライバーだった。そればかりか、ハッチバックとセダンの違いもろくに分からぬずぶの素人。それでも、偶然出会ったこの雑誌に魅力を感じていたので、「興味さえ持てれば大丈夫」という当時の編集長の言葉だけを頼りに、編集部に入ったのだった。text:ahe...

  
1280

小沢コージのものくろメッセ その9 最近のマツダはなぜ凄いのか?

最近、ヤケに進捗著しいマツダ。セダンのアテンザ、ハッチバックのアクセラ、コンパクトカーのデミオ。いわゆる「スカイアクティブ技術」が導入されてからの一連の新車は、デザインの質、インパクト、一貫性、走りの良さ、燃費の良さ、ディーゼル技術の投入と明らかに勢いを感じる。text : 小沢...

  
799

クラスレス感が魅力の孤高の存在

「390 DUKE(デューク)」が納車されて8ヵ月ほどたった。僕にとって人生初めてのバイクだ。待ちに待って手に入れたこのバイクを僕はかなり気に入っている。text:岡崎心太朗、神尾 成 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.143 2014年10月号]

  
840

オンナにとってクルマとは Vol.58 ギャップのトキメキ

茶髪で反抗的なワルっぽい男の子が、電車の中でおばあさんに席を譲っていたり、いつも勉強ばかりしている無愛想な彼が、道ばたで猫に微笑んでいたり。偶然にもそんな姿を目にしちゃった時に、オンナはトキめいてしまうものだ。これは“ギャップ”の魔法というのだろうか。text : まるも亜希子 ...

  
168

ドゥカティの描く日本地図 〜DUCATI ROUTE OF JAPAN

バイクを作って売るのがバイクメーカーの本分だが、バイクという工業製品が誕生して百余年、それだけやっていればいい時代はとっくに終わっている。バイクをどう使い、どう楽しむのか、どのような方法ならその製品の魅力を十全に味わうことができるのかについての提案も、今や本分のひとつだろう。te...

  
533

DUCATI Multistrada 1200S(ドゥカティ ムルティストラーダ)

ムルティストラーダはイタリア語で「多様な道」という意味。オンロードからオフロード、ツーリングから街中まで、すべての道を快適に走破できるというコンセプトで作られた。スーバーバイク1198と同じ水冷エンジンでサーキットも楽しむことができるはず。オフロードを走れるバイクなのに都会も似合...

  
929

小沢コージのものくろメッセ その21 偉大なるマンネリの旨さ

先日、アメリカ西海岸に行ってマツダ・ロードスターのUS版に乗ってきた。ベタな日本人旅行者の自慢みたいでイヤだが、恒例の「WCOTY」こと世界カー・オブ・ザ・イヤーの試乗会があるからだ。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.157 2015年12月号]

  
365

ひこうき雲を追いかけて vol.49 ミラノを巡る2つの出会い

今号の特集でご紹介したカーデザイナーの内田盾男さんは、この4月にミラノで松本 葉さんが引き合わせてくださったのだが、この出会いを「奇跡みたいだ」と言う人がいる。私のラリーレイドの先生である菅原義正さんだ。text/photo:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス ...

  
320
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives