「融雪剤」の検索結果(25件)

記事

マフラーの交換って意味あるの?

ドレスアップ、カスタマイズの世界で王道といえるのが、タイヤ&アルミホイール、エアロパーツ、サスペンション、マフラーなどをアフターパーツに交換することだろう。どれも共通するのが見た目と機能向上への期待がそこにはあるはず。ここではマフラーについて考えてみたい。文・塚田勝弘

  
41285

自動車の下回りって洗うべき?どうやって洗えばいいの?

洗車の際、クルマの下回りまで洗っているという方は少ないと思います。なによりクルマの下回りは、隙間も狭く、どう洗ったら良いのかわかりません。また目に見えない部分なので、そもそも汚れているのかもわかりませんから、どうしても見落としがち。しかし、クルマの下回りは知らず知らずのうちに、サ...

  
5067

冬場のスタッドレスタイヤ交換でBBS鍛造ホイールはいかが?氷上でBBS鍛造ホイールを装着して走行テス...

日を追うごとに気温が下がってきて、そろそろスタッドレスタイヤを装着しようか?そう考えている人もいるでしょう。しかし、お気に入りのホイールを履き替えることを寂しく思う人もいるかもしれません。そんな時期ではありますが、今シーズンの冬は、冬用のホイールとしてもBBSを履くことを提案した...

  
4270

ブレーキを踏むと聞こえる「ガタガタ」「グワングワン」音について解説

クルマは、乗っていても乗っていなくても劣化は進み、いたるところにその影響が出てきます。特に気を付けなければならないのが、ブレーキング時の異常振動や異音です。一般にブレーキジャダーと呼ばれるこの現象が出ていたら、愛車はすでに危ない状況なのかもしれません。文・吉川賢一

  
44046

電気のチカラでサビを止めるラストアレスター Vol.2

蒸した梅雨の時期に、街中で稀少なクラシックカーを目にすることは珍しい。とくに、ドロップトップが艶やかな60年代のジャガー・マーク2が現れるとは、よほどクラシックカーの扱いに慣れ、念入りなメンテナンスを行っている方なのだろう。text:まるも亜希子 photo:渕本智信  [ahe...

  
952

冬が終わったあとのカーケアは何をすべき?

寒い冬もいよいよあと少し。暖かい春になったら、一度愛車のケアをしてあげませんか。車も冬を越すといろいろな所にケアが必要なのです。今回は、春のカーメンテナンスをご紹介します。

  
7248

安全そうに見えて一番危険!? 都会でも発生するブラックアイスバーンとは?

2018年の冬は世界各地で寒波に見舞われています。日本も例外ではなく、全国で例年を越える降雪が確認されました。本稿執筆時、東京では大部分の雪が溶けていますが、外気温は10度以下。風が吹けば体感温度は、氷点下以下になることもあります。こんなときに気をつけたいのが、ブラックアイスバー...

  
6075

雪国で見かける道路の融雪、これってどういう仕組み?

2018年の冬は、日本列島が最強寒波に覆われ、九州南部でも積雪が観測され、関東地方も約20cmの積雪を記録。さらに雪の多い北陸や上越地方では、ひと晩で約1mもの積雪があったといいます。それでもほぼ通常通り日常生活が行われていた雪国の道路の融雪は、どういう仕組みになっているのでしょ...

  
18636

冬の高速道路に撒かれている白い粉の正体とは?どんな役割があるの?

冬の時期、高速道路を走っていると、いつより路面が白っぽくなっていることに気付きませんか?あの正体とはなんでしょうか?またどうして冬場にしか見られないのでしょう。

  
9132

車に積もった雪を落とさずに走行。その危険性とは?

本格的なスノーシーズンが間もなく始まり、北海道や北日本、日本海側では降雪しています。また、首都圏でも年に1〜2回はチェーンが必要なくらいの雪が降ります。では、車に雪が積もった場合、落とさずに走行しても問題ないのでしょうか?

  
14686

なぜチタンマフラーを選ぶのか?マフラーの種類とその効果とは?

マフラーに使われる素材には、スチール、ステンレス、チタンなどがあります。標準で装着されているものの多くはスチールですが、スポーツカーや高性能車ではステンレスやチタンが採用されていることもあります。ステンレス製はスポーツマフラーの素材として、昔から人気がありますが、近年はチタンの人...

  
36746

ジムニー、ランクル…よく見る四駆のリフトアップにはどんな効果がある?

ジムニ―やランクルといったクロカン系のモデルでよく見られる定番カスタマイズがリフトアップです。見た目の変化はもちろん、どのような効果があるのでしょうか?

  
77195

寒冷地仕様って標準車と何が違うの?温暖地仕様はないの?

中古車を検索していると、ときどき寒冷地仕様というものが目に入ります。どんな特別装備が施されているのか、気になったことがある人もいるのではないでしょうか?その内容をみると、冬季に車を使う際、どういうものを装備すれば、快適に運用できるのかが理解できます。では、反対に温暖地仕様の車とい...

  
44919

ワックスとコーティングどちらを選ぶ?それぞれのメリット・デメリット

車の外観のお手入れは、以前ならしっかり洗車してワックスを掛け、最後にやわらかいウェスで拭き取りが定番でしたが、カーコーティングが普及され、最近では新車時からガラスコーティングをかけてピカピカの状態を保とうというカーケアもあります。それぞれのメリット・デメリットは何でしょう?

  
31755

車のシャーシ部分って洗う必要があるの?洗い方は?

愛車の洗車に気合を入れている方は、多いのではないでしょうか。自身で洗うもよし、ショップやガソリンスタンドで洗うもよし…。ボディの美しい輝きは、満足感を得られるものですよね。しかし、車体の下回りやシャーシ部分となると、洗車をする、しないで分かれるのではないでしょうか。

  
80911

なぜ昔の車は錆びるのか?

近年、注目を集めている日本製の旧車。特にアメリカでは、1980年代後半のR32GT-R、FD3S、Z32などが、ネオクラッシックと呼ばれ大人気です。国内でもハコスカやケンメリ、S30型ZをOHする専門店が注目されたり、トヨタ博物館では2000GT 50周年を記念し、所蔵する200...

  
28066

仕事に遊びに大活躍のリフトアップ軽トラ「SAMURAI PICK UP シリーズ」に注目!

悪路走破性が高いクルマといえば、クロカン4WDのような無骨なクルマを思い浮かべると思います。しかし、パワートレーンの高い信頼性と、軽量でありながらタフネスな作りの軽トラも負けてはいません。リフトアップで最低地上高を増せば、素晴らしいアウトドアギアになりますよ!

  
56958

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
25088

車のマフラーから異音…!? その原因と対処法は?

エンジンをかけた途端に、床下からカンカンとか、ビーとか、音はさまざまですが、普段と違う音が聞こえる時がありませんか?いわゆる異音というものですが、その原因はどこにあるのでしょうか。今回は、マフラーからの異音の原因と対処法を考えてみましょう。

  
136024

いきなり爆音!マフラーが折れてしまった際にはどうすればいい?

ちょっと古くなったクルマ、それも融雪剤が大量に撒かれたり、潮風をたっぷり浴びる地域のクルマではよくある話として「マフラーが折れる」というものがあります。マフラーが折れた際には、どういった対処をすれば良いのでしょうか?

  
110138
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives