「荷物」の検索結果(282件)

記事

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

ユーザーの自動車購入に大きな影響を与えることで知られる調査会社JDパワー社が、米国で新車として販売されてから3年経過した時点でのメーカーごとの不具合率を発表した。調査対象は4万1000人で、31ブランド、178モデル。なお、この調査での「不具合」には、故障に加え、エンジンのもたつ...

  
1255

フランス車を考える

「サイクル・オブ・ライフ」という言葉をご存知だろうか。ルノーのデザイナーであるオランダ人のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が2013年に発表した全く新しいデザイン構想のことだ。text:岡崎心太朗 [aheadアーカイブス vol.146 2015年1月号]

  
1056

日常を犠牲にしないルノースポール

8分7秒97。昨年の6月17日、タイムアタックの聖地として世界的に名高い、ドイツの「ニュルブルクリンク」において、「メガーヌRS(ルノースポール)トロフィー」が記録したタイムである。text:神尾成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号...

  
344

埋もれちゃいけない名車たち vol.31 “軽”の世界の自由形「スズキ マイティボーイ」

排気量660㏄以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下という厳格な規定内で作られる軽自動車。室内をより広く使うため、あるいは燃費などの経済性を稼ぎ出すためためにありとあらゆるアイデアやテクノロジーが投入され、日本人が日本国内で乗るための利便性も徹底的に吟味され...

  
2303

大人の選択肢 〜ジオランダーSUV

高速の追い越し車線を目を三角にしながらカッ飛んでいたバブル期のクルマ達。近ごろはそんな風景もめっきり減った。クルマにスピードだけを求めていた時代は終り、今や環境や財布に優しいことがキーワード。そんな世界でやや肩身の狭い思いをしているのがSUVだ。大きい、重い、うるさい、燃費が悪い...

  
128

忘れられないこの1台 vol.43 DAIHATSU NAKED

「今、走行どのくらい?」「26万9千キロかな」「譲ってから10万キロ! 凄いね」「実は明日、次乗るクルマの引き渡しなんだ。ネイキッドは…ちょうど車検切れるしね」「えっ!(と電話口で絶句の私)」。text:三好礼子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号]

  
1093

首都高生誕50年 vol.2 首都圏のネットワークから、日本のネットワークへ

東名高速道路を東京方面に向かって走ると、世田谷区の用賀で終点の東京インターに到着する。しかし多くのクルマは東京インターでは下りず、そのまま接続する首都高速で都心方面を目指す。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
185

オンナにとってクルマとは Vol.71 夏の甲子園の立役者

野球選手になりたかった夢を、女だからという理由で簡単にあきらめてしまったことを後悔しつづけている私は、リトルリーグから野球一筋に打ち込んできた甥っ子が、甲子園の土を踏む姿をいつしか夢見るようになっていた。高校3年生になり、レギュラーの座をつかんだ甥っ子はこの夏、その最後のチャンス...

  
170

ヨコハマタイヤ『ジオランダーSUV』 ワンコも快適に乗れる、優しいタイヤ

出会いは唐突に、別れは突然やってくる。永遠に続くと思われたバーニーズ マウンテンドッグとの蜜月が癌によって失われ、心にポッカリ穴の開いた我が家。そんな家にゴールデンレトリバーがやって来た。text /photo:河村大 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
161

ああ懐かしい、ウッドパネルが使用されている車

かつて80年代の日本でもブームになった、木目調のサイドパネル。多くのステーションワゴンに採用されていました。最近では、シトロエンのクロスオーバーモデル、カクタスにもその雰囲気をフューチャーしたエクステリアが採用されており、話題を呼びました。今回は、こうした木目調のサイドパネルが奢...

  
11888

片山右京 常に熱くありたい

1963年生まれ。「カミカゼ・ウキョウ」の異名を持つ元F1ドライバー、片山右京。50代になって落ち着いた日々を過ごしているかと思いきや、やっていることや立ち位置は変化しても、今も現役の時と変わらない勢いでチャレンジし続けている。50歳を超えても尚、熱を失わず、自らもチャレンジし、...

  
132

現在人気カテゴリーの「SUV」はどのように誕生したのか

今や自動車市場で空前絶後のブームとなっている「SUV」。セダンやミニバンを抜いて、自動車カテゴリーのベーシックになりつつあります。このSUV、一体どのように生まれたのでしょうか?今回は、SUVの成り立ちを追ってみましょう。

  
9500

オンナにとってクルマとは Vol.26 女性のライフサイクルとクルマ

愛車のホンダ「CR-Z」がマイナーチェンジをして、その試乗会で久しぶりに友部開発主査にお会いした。クルマはとても良くなっていて、初期オーナーとしてはちょっぴりジェラシーもありつつ、さらに「CR-Z」のファンが増えてくれたら嬉しいと思った。text:まるも亜希子  [aheadアー...

  
341

多彩な使い方を受け止めてくれる フランス生まれのカングー

本国フランスでは商用車・乗用車ともにラインアップされているカングーだが、日本では商用・乗用の枠を超えて不思議なほど愛され続けている。text:石井昌道 photo:  長谷川徹 ルノー・ジャポン [aheadアーカイブス vol.122 2013年1月号]

  
416

忘れられないこの1台 vol.49 ホンダ アコードワゴンCE1

社会人になって初めてクルマ雑誌の編集に携わった20代前半の頃、すでに著名だった先生の受け売りで、ホンダ車に傾倒した。その理由は、本田宗一郎氏の不屈の精神とスポーツマインドだった。text:緒方昌子 [aheadアーカイブス vol.127 2013年6月号]

  
4998

埋もれちゃいけない名車たち VOL.30 伊版・醜いアヒルの子「フィアット ムルティプラ」

巻頭特集の中では〝ジャンル分けなんてどうだっていいじゃん〟みたいなことを書かせていただいたが、それはそれとして、あくまでひとつの事実として述べておくならば、クルマほどジャンル分けが多種多様であり、それぞれにカテゴライズされるモノの属性をハッキリと示しがちな乗り物はないのも確かだ。...

  
1228

愛犬とクルマでGO 〜TOYOTA DOGサークル

花粉のなくなったこの季節、愛犬メルとの早朝散歩も妻からバトンタッチ、ひと月ぶりに再開した。うちの子は1歳になるアメリカンコッカー。恥ずかしながら、ままならぬトイレ訓練に癇癪をおこしていたのも今は昔。近ごろようやく彼女の気持ちがわかるようになった。text:河村 大 [aheadア...

  
315

オンナにとってクルマとは Vol.30 美しすぎるハッチバック

この世でもっとも美しいクルマとは、クーペのことだと思い続けてきた。女性を最高に美しく引き立ててくれるクルマも、まちがいなくクーペだと信じてきた。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
567

軽自動車に大人5人は違反!もし乗車したらどんな問題が起きる?

ドイツのVW タイプ1、イギリスのBMC ミニのような国民車構想の元に誕生したのが日本の軽自動車です。軽自動車は、自動車税や重量税、さらに若干ですが自賠責保険料も普通車より安く設定されている反面で、さまざまな規定で縛られています。-------------------------...

  
39370

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.54 軽自動車税のあり方とは

軽自動車の保有にかかる税金が現行の年7200円から1万800円へと大幅に引き上げられる見込みだ。しかも普通車の税金は据え置き、軽自動車だけを増税するものだから、金持ち優遇、庶民いじめなどと批判はヒートアップするばかり。たしかに公共交通の発達していない地方では買い物に行くにも通勤に...

  
894
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives