「荷物」の検索結果(270件)

記事

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。自分であり続けるための闘い ~坂田和人氏~

連載第三回目となる今月は、世界GP 125ccクラスで2度の世界チャンピオンを獲得した坂田和人氏。その冷静な走り、圧倒的な強さの秘密はどこにあったのか…。text:ahead編集長・若林葉子 写真協力・アライヘルメット/TSR [aheadアーカイブス vol.112 2012年...

  
2868

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。陰の立役者

本連載第1回では、’90年代に日本人が世界GPで活躍するその端緒を開いたノビーこと上田 昇氏を取り上げ、彼の強さの秘密について考えてみた。第2回となる今回は、初めての GPをノビーと共に闘った、メカニックの松山弘之さんに話を伺った。text:ahead編集長・若林葉子 [ahea...

  
145

トランクにゴルフバッグが積めるオープンカー5選

爽やかな春、到来です。オープンカーを所有している方なら、ゴルフ場までの往復のドライブは屋根を開けたいものですね。では、オープン状態でもトランクにゴルフバッグが収納できるオープンカーとは、どんな車種があるのでしょう。

  
8006

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
820

DOG meets RENAULT KANGOO 『カングー』は“スーパー”ペットフレンドリーだ!

個性的なライフスタイルを持つ人たちに絶大な人気を集めるクルマとして知られている『カングー』。実はこれほどペットフレンドリーなクルマも少ないのです。text:青山尚暉 photo:長谷川徹 犬:Leo [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
92

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智之、河村 大、世良耕太、石井昌道、岡崎五朗 photo:長谷川 徹、マルイ工業(www.marui-ind.c...

  
1538

自動車評論家から見た“犬にやさしいクルマ”って?

イヌの寿命は10年から15年。人間とくらべとても短い犬生。家族の一員として迎えた以上、できるだけ多くの幸せな時間、楽しい思い出を作ってあげるのが飼い主の役目だと思います。日々、お留守番も多いイヌがもっとも幸せに感じる時間が家族とのお泊まり旅行。1日中飼い主といっしょ。移動中やドッ...

  
159

4トントラックの積載量は、4トンじゃなかったという事実

一般的に4トントラックというと、「荷物が4トンまで積めるトラック」だと思っている人が多いと思いますが、じつは4トントラックであっても、4トンの荷物を積むと過積載になってしまうことがあります。どうして、そんなことが起きるのでしょうか?

  
35207

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

ユーザーの自動車購入に大きな影響を与えることで知られる調査会社JDパワー社が、米国で新車として販売されてから3年経過した時点でのメーカーごとの不具合率を発表した。調査対象は4万1000人で、31ブランド、178モデル。なお、この調査での「不具合」には、故障に加え、エンジンのもたつ...

  
956

フランス車を考える

「サイクル・オブ・ライフ」という言葉をご存知だろうか。ルノーのデザイナーであるオランダ人のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が2013年に発表した全く新しいデザイン構想のことだ。text:岡崎心太朗 [aheadアーカイブス vol.146 2015年1月号]

  
860

日常を犠牲にしないルノースポール

8分7秒97。昨年の6月17日、タイムアタックの聖地として世界的に名高い、ドイツの「ニュルブルクリンク」において、「メガーヌRS(ルノースポール)トロフィー」が記録したタイムである。text:神尾成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号...

  
248

埋もれちゃいけない名車たち vol.31 “軽”の世界の自由形「スズキ マイティボーイ」

排気量660㏄以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下という厳格な規定内で作られる軽自動車。室内をより広く使うため、あるいは燃費などの経済性を稼ぎ出すためためにありとあらゆるアイデアやテクノロジーが投入され、日本人が日本国内で乗るための利便性も徹底的に吟味され...

  
2095

大人の選択肢 〜ジオランダーSUV

高速の追い越し車線を目を三角にしながらカッ飛んでいたバブル期のクルマ達。近ごろはそんな風景もめっきり減った。クルマにスピードだけを求めていた時代は終り、今や環境や財布に優しいことがキーワード。そんな世界でやや肩身の狭い思いをしているのがSUVだ。大きい、重い、うるさい、燃費が悪い...

  
55

忘れられないこの1台 vol.43 DAIHATSU NAKED

「今、走行どのくらい?」「26万9千キロかな」「譲ってから10万キロ! 凄いね」「実は明日、次乗るクルマの引き渡しなんだ。ネイキッドは…ちょうど車検切れるしね」「えっ!(と電話口で絶句の私)」。text:三好礼子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号]

  
918

首都高生誕50年 vol.2 首都圏のネットワークから、日本のネットワークへ

東名高速道路を東京方面に向かって走ると、世田谷区の用賀で終点の東京インターに到着する。しかし多くのクルマは東京インターでは下りず、そのまま接続する首都高速で都心方面を目指す。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
129

オンナにとってクルマとは Vol.71 夏の甲子園の立役者

野球選手になりたかった夢を、女だからという理由で簡単にあきらめてしまったことを後悔しつづけている私は、リトルリーグから野球一筋に打ち込んできた甥っ子が、甲子園の土を踏む姿をいつしか夢見るようになっていた。高校3年生になり、レギュラーの座をつかんだ甥っ子はこの夏、その最後のチャンス...

  
112

ヨコハマタイヤ『ジオランダーSUV』 ワンコも快適に乗れる、優しいタイヤ

出会いは唐突に、別れは突然やってくる。永遠に続くと思われたバーニーズ マウンテンドッグとの蜜月が癌によって失われ、心にポッカリ穴の開いた我が家。そんな家にゴールデンレトリバーがやって来た。text /photo:河村大 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
83

ああ懐かしい、ウッドパネルが使用されている車

かつて80年代の日本でもブームになった、木目調のサイドパネル。多くのステーションワゴンに採用されていました。最近では、シトロエンのクロスオーバーモデル、カクタスにもその雰囲気をフューチャーしたエクステリアが採用されており、話題を呼びました。今回は、こうした木目調のサイドパネルが奢...

  
10957

片山右京 常に熱くありたい

1963年生まれ。「カミカゼ・ウキョウ」の異名を持つ元F1ドライバー、片山右京。50代になって落ち着いた日々を過ごしているかと思いきや、やっていることや立ち位置は変化しても、今も現役の時と変わらない勢いでチャレンジし続けている。50歳を超えても尚、熱を失わず、自らもチャレンジし、...

  
78

現在人気カテゴリーの「SUV」はどのように誕生したのか

今や自動車市場で空前絶後のブームとなっている「SUV」。セダンやミニバンを抜いて、自動車カテゴリーのベーシックになりつつあります。このSUV、一体どのように生まれたのでしょうか?今回は、SUVの成り立ちを追ってみましょう。

  
9092
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives