「若林葉子」の検索結果(146件)

記事

三好礼子、終わらない夏。

2008年に取材を通して出会い、仲良くなったレイコさん。2010年のモンゴルラリーでは、私がドライバー、レイコさんがナビとして、モンゴルの大地をともに走った。その年、私はレイコさんの100kmマラソンのサポートカーを運転。——そうやって少しずつ絆は深まり、たまに会えば、少ない言葉...

  
1210

「リンドバーグ」から「代官山 蔦屋書店」へ

かつて、世田谷区尾山台の環八沿いに「リンドバーグ」という書店があった。日本で最初のクルマ・バイクの専門書店として1985年にスタートした。日本国内のみならず、海外で発売された雑誌や書籍も取扱い、翻訳出版なども手掛け、マニアや業界関係者にとってなくてはならない大事な書店だった。te...

  
3194

私の考えるカワイイ、カッコイイ

どんな人も、自分の好きなクルマに乗るのがもちろん一番だ。でも人もクルマも社会的存在である以上、そのクルマにはどんなイメージがあるのか。そのクルマに乗ると、どんなふうに見えるのか。知っておくのも大事なことだと思う。クルマは移動する道具であるとともに、女性にとっては、大きなアクセサリ...

  
2296

クルマと橋と道

橋はあらゆるものの境界だ。町と町、国と国を結ぶ物理的な境界でもあり、生と死、聖と俗を隔てる境界でもあって、だから、橋はこの世ならぬものが現れる場所としても描かれる。text:山下敦史、松本 葉、山下 剛 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1...

  
1326

ダカールへの道 Vol.1 HINO TEAM SUGAWARAに参加

この春、3月も終わりに近づこうとする頃、1本の電話があった。電話の主は菅原照仁さん。ダカールラリーに参戦しているHINO TEAM SUGAWARA 2号車のドライバーだ。1号車のドライバーである父・菅原義正さんとともに、日頃からお付き合いがある。電話の主旨は、次のダカールで協力...

  
864

夜迷い言 2013夏

30代で、結婚し、いったん仕事を辞め、クルマも手放した元ahead編集部の村上、40代に入っても、独身で仕事を続ける若林。今はまったく違う人生を送る二人が、これまでを振り返り、クルマのこと、仕事のことを語り合った。まとめ・村上智子 写真・渕本智信 [aheadアーカイブス vol...

  
396

“ガイシャ”のイメージを変えるフォルクスワーゲン

ここ数年、輸入車の販売が好調だという。1996年に32万台弱を記録して以来、2009年まで右肩下がりが続いて来たが、2010年から回復基調に乗り、2013年には前年比+10%の28万台を記録。これは軽自動車を除いた国内の登録車販売に占める輸入車のシェアとしては過去最高だそうだ。聞...

  
962

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。自分であり続けるための闘い ~坂田和人氏~

連載第三回目となる今月は、世界GP 125ccクラスで2度の世界チャンピオンを獲得した坂田和人氏。その冷静な走り、圧倒的な強さの秘密はどこにあったのか…。text:ahead編集長・若林葉子 写真協力・アライヘルメット/TSR [aheadアーカイブス vol.112 2012年...

  
4620

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。陰の立役者

本連載第1回では、’90年代に日本人が世界GPで活躍するその端緒を開いたノビーこと上田 昇氏を取り上げ、彼の強さの秘密について考えてみた。第2回となる今回は、初めての GPをノビーと共に闘った、メカニックの松山弘之さんに話を伺った。text:ahead編集長・若林葉子 [ahea...

  
2033

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。『nobbyからの手紙』連載を終えて

前号(vol.109)で、1年9ヵ月に渡って上田 昇氏に書いていただいた連載、『nobbyからの手紙』をいったん終了した。上田昇と言えば、ロードレース・ファンなら知らない人はいない。時には3つの表彰台を独占するなど、日本人が華々しく活躍した’90年代のWGP(現MotoGP)で、...

  
725

ひこうき雲を追いかけて vol.39 片道5キロ

あれほど好きだった深夜のドライブに、ここ1年はほとんど出掛けなくなった。思い当たる要因はいくつかある。text:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
407

And I Love Car

-だけど好きなんだ いいだろ こんなにも愛しているよ- 奥田民生の歌うこんなフレーズとともに流れるCM、一度は目にしたことがあるのではないだろうか。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
559

ミニスカートは戦闘服

男性が圧倒的に多いクルマの世界でも、情報を発信する側に立って、それぞれの得意分野を活かして、活躍している女性たちがいる。カーライフエッセイストの吉田由美さんもその一人。クルマ業界ではもうベテランの域といってもよい経歴をお持ちなのに、そのキュートさと美しさは、今も多くのファンを魅了...

  
1821

Pay it forward 堀ひろ子からの贈り物

若いとき、人は、誰かから何かを与えられても、それを受け止めることで精一杯。大切なものを与えてくれたその人にお返しできるのは稀なこと。だから人は年齢を重ねると、次の世代に自分の受け取ったものを手渡そうとする。これはそんな女性たちの物語である。text:若林葉子 photo:原 富治...

  
2484

真のライトウェイトスポーツに生まれ変わった新型コペン

6月に発売が予定されている新型コペンが注目されている。軽オープンスポーツの市場を開拓した初代コペンは、2002年から2012年の間に累計5万8000台を売り上げた。オープンカーでありながら、女性ユーザーが24%を占めたというから、いかに幅広い層に支持されたかが分かる。それだけに新...

  
2260

チャイルドシートの「誤装着」をなくす“ISOFIX(アイソフィックス)”

「自分だけは事故に遭わない」 何の根拠もなく、どこかでそう思い込んではいないだろうか。私も多分、そのうちの一人だった。でもラリーの途中、ジムニーで横倒しになったり、サーキットでスピンしたりという経験をするうち、操作を誤れば、クルマは転がるし、ぶつかるものなのだと今は知っている。だ...

  
1526

石の上にもスーパーGT

日本国内で最も人気のあるレースがスーパーGTだ、ということをご存知だろうか。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
965

Rally Mongolia 2012

2009年から3年続けて出場したモンゴルラリーに、今年は出るつもりはなかった。右も左も分からなかった1年目。三好礼子さんをナビに、しっかりと走りきった2年目。菅原義正さんのナビとしてジムニークラスでクラス優勝した3年目。今年は日本でこれまでのラリーをゆっくり振り返ろう、そう思って...

  
678

Mazda Women in Motorsport Project 2015

去る3月14日、お台場で開催されたモータースポーツジャパン2015において、"Mazda Women in Motorsport 2015 Project"が発表された。これはレーシングドライバーの井原慶子氏とマツダがタッグを組み、「モータースポーツ界における女性...

  
647

7/1よりISOFIXチャイルドシート普及へ大きな一歩!

皆さんは「チャイルドシートアセスメント」をご存じだろうか。これは国土交通省と独立行政法人・自動車事故対策機構が、チャイルドシートを製品別に試験し、評価するもの。text:若林葉子 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
590
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives