「芸能人」の検索結果(21件)

記事

できる社長は中古ベンツが好き!? そのカラクリを解説しましょう。

プロスポーツ選手や企業の社長など、高額所得者が税金対策のためにクルマを買う、ということをよく耳にしますよね。どうしてクルマを買うと節税となるのか、そのカラクリと効率的な節税方法を、元金融マン・元カーディーラー営業マンの立場から紹介していきます。文・赤井福

  
6049

耳出しヘルメットの是非を問う

バイクに乗る時のヘルメット着用義務は、時代に応じて道路交通法が見直され、'75年(政令指定道路を走行する51㏄以上)、'78年(すべての道路での51㏄以上)、'86年(原付も含めたすべてのバイク)と段階的な規制強化を経て、浸透してきた。text:伊丹...

  
1301

大きさや地域で差が出る、希望ナンバーの人気の数字とは?

平成9年8月に施行された「希望ナンバー制度」。これにより、ナンバープレートの4桁の数字部分を選択できるようになりました。そんな希望ナンバー制度ですが、実際にどんな数字が人気なのでしょうか?

  
4186

子供が乗ってます、番組名、旧車ロゴ…貼っているとカッコいいステッカーは何なのか?

クルマのドレスアップアイテムとして、もっとも手っ取り早くポピュラーな"ステッカーシール"。カー用品店に行けば、レーシーなものからファニーなものまで、じつに幅広く揃っています。それだけにステッカーを見れば、クルマのオーナーの趣味や嗜好が垣間見えることも…要は、オーナ...

  
6259

クルマやバイクに文学はあるのか 前編

これまでに多くの人がさまざまな言葉を用いてクルマやバイクに関わることを表現してきた。それはクルマの乗り味だったり、バイクがもたらすフィーリングであったり、技術の解説だったりと幅広い。ときにその言語表現は、読む側の心の奥に入り込み、その人の人生にまで影響を与えることがある。今回と次...

  
1276

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
3596

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
1740

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.59 芸能人の交通事故

先日、タレントのつちやかおりさんが交通事故を起こしたというニュースが新聞、テレビ、webで盛んに報じられた。どうやら一時停止を無視した自転車が横から突っ込んできたようだ。多くの事故はドライバーの注意とテクニックで防げるが、なかには今回のように防ぎようのないケースもあるわけで、彼女...

  
2632

30アルヴェルの乗り心地を追求したHKS新型車高調HIPERMAX S-style Lをインプレッシ...

アルファード/ヴェルファイアと言えば、日本における高級車という概念を変え、クラウンなどのビッグセダンから王冠を奪い去る勢いで増殖している新しいジャンルのハイエンドサルーンです。最近では会社の重役などのVIPから芸能人に至るまで、多くのユーザーが使用していることからもその実力をうか...

  
9058

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.68 参戦する理由

今年、ホンダが7年ぶりにF1に復帰する。しかもタッグを組むのはマクラーレン。マクラーレン+ホンダの黄金コンビは23年ぶりの復活だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
1475

特集 熟成の時代へ

クルマやオートバイは、時代と共に進化してきた。工業製品は、常に変化していくことが必然だからだ。しかし今、本気でほしいと思うクルマやオートバイが少なくなったという声が多く聞こえてくる。これからの時代は、求める側も今までとは違う視点に立ち新たな価値観を持つ必要があるのではないだろうか...

  
886

モーターショーをはじめる前に

大小合わせて年間50はあると言われるモーターショー。そのうちデトロイト、ジュネーブ、パリ、フランクフルト、東京の5つが世界5大モーターショーと呼ばれている。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
347

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.54 軽自動車税のあり方とは

軽自動車の保有にかかる税金が現行の年7200円から1万800円へと大幅に引き上げられる見込みだ。しかも普通車の税金は据え置き、軽自動車だけを増税するものだから、金持ち優遇、庶民いじめなどと批判はヒートアップするばかり。たしかに公共交通の発達していない地方では買い物に行くにも通勤に...

  
1714

なぜ私はSUZUKIなのか vol.2 スズキという魔界

バイク乗りだけのスラングだが、スズキのバイクでないと気持ちが燃えないバイク乗りのことを「スズ菌感染者」と言う。そしてバイク乗りの中でも特殊な一派だと、羨望と異形の混沌とした視線を受けている。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.144 2014年11月号]

  
1290

小沢コージのものくろメッセ その18 SNS的ジマン爆弾

アナタは朝起きた時、あるいはふと空き時間が出来た時に何をするだろうか。今や多くの人がスマホやパソコンでのインターネットチェック、それもFacebookやツイッター、LINEなどでのたわいのないやり取りだと思う。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.154 201...

  
427

ロードスター卒業組の新しいセグメント〜アルピーヌ・ヴィジョン

昨年は19年ぶりにル・マン24時間レースの取材に行って現代のスプリント並のハイスピード耐久を目の当たりにしてびっくりさせられたが、それ以上に嬉しいサプライズだったのがアルピーヌのコンセプトカーの初走行に立ち会えたことだった。往年の名車、A110と連なってユノディエールを駆け抜けて...

  
881

小沢コージのものくろメッセ その30 ネット裁判時代

ネットやTV、雑誌などで「またまた始まったか、新たな公開処刑が」と最近よく思う。公開処刑とは言い過ぎかもしれないが、感覚的には結構ソレ。あえて具体的には言わないが、最近目に付く芸能人やスポーツ選手に対する事件&スキャンダル報道だ。今年だけでも何回目だろう?ありすぎて思い出せないが...

  
386

ひこうき雲を追いかけて vol.61 男と女とSUV

今やSUVは時代の本流に躍りでようとする勢いだ。一児の母である友人はスバルのXVに乗っているし、最近ポルシェのマカンを買ったという女友だちもいる。昨年は2人の男ともだちがセダンからSUVへと乗り換えた。text:ahead編集長・若林葉子 photo:Kazumasa Yamao...

  
601

新型ムラーノが200万円?歴代ムラーノの中古価格・燃費から新型情報まで

日本では2015年3月末で販売終了となった日産ムラーノ。ムラーノといえば、日産を代表するSUVとして有名な車種です。しかし、日産 ムラーノも2015年3月に国内での販売は終了となってしまいました。ムラーノの中古車情報、口コミ、燃費、維持費などムラーノに関する情報を全てまとめていま...

  
126250

メルセデス・ベンツの中古価格|なぜ"小金持ちの社長"は中古ベンツに乗るのか?

お金持ちの社長が持っているものというと何を思い浮かべますか?多くの人は”高級車”が頭に浮かぶのではないでしょうか。新車で買った高級車に乗り、飽きたら次に乗り換える。そんなイメージですね。しかし、実際にお金持ちが乗っているのは”中古のベンツ”が多いです。ベンツは確かに高級車ですが、...

  
196264
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives