「自動運転」の検索結果(52件)

記事

なぜ上方から車の周囲を確認できるのか?

最近の車は便利なもので、バックモニターで自車の後ろを確認できるだけではなく、高いところからの映像で自車と障害物(他の車など)の位置関係を把握することができます。まさに「神の目」とも言えるこの技術は、どういった仕組みで成り立っているのでしょうか。

  
3357

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化している10年代。あなたはどの年代の車が好きですか?

  
2098

マイチェンした新型Sクラス…どこが進化した?

メルセデス・ベンツのSクラスに大幅改良が加えられました。欧州では2017年7月から、日本では8月より受注が始まります。Sクラスといえばメルセデスブランドを象徴するフラッグシップで、最新鋭の豪華な装備は驚かされるものばかりです。さて、今回のマイナーチェンジでは、どのような進化を遂げ...

  
5098

5万台突破!日産の自動運転技術「プロパイロット」ってどんな悪条件下でも作動するの?

2016年8月に販売開始した現行型日産 セレナに搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」。2017年6月にはエクストレイルにも搭載され、約2ヶ月後の7月末には、搭載車の販売が5万台を突破。大ヒットとなっています。プロパイロットとは、具体的にどのようなシステムなのでしょうか...

  
3066

ハイキャス、アテーサ、フル電子制御5速AT …「技術の日産」が生み出した先端技術

永ちゃんが「“やっちゃえ”NISSAN」というセリフとともに、車をドライブするCMで話題を呼んだ日産自動車は、自動運転や電気自動車で時代をリードしていくことを熱くアピールしています。これまでも技術の日産として、長年にわたってさまざまな先進技術を採用してきました。そんな日産の先進技...

  
3107

左折直前でウインカー、急ブレーキなど…マナーの悪いドライバーに遭遇した際の対処法

ドライブ日和の夏は、免許取りたての初心者ドライバーやサンデードライバー、さらに他地域からのドライバーも多くなり、公道が少なからず混乱する季節でもあります。そんな季節にローカルルールで運転していたら、いらぬ誤解を招いてしまったなんて方もいると思います。逆もまたあるでしょう。すべてマ...

  
11158

忘れていませんか?白色の実線と破線、黄色の実線はどう違う?

道路上で車両通行帯を示す白色や黄色の線。正式名を区画線といい、昭和35年より使用されています。黄色は実線のみですが、白色は実線と破線があります。それぞれの違いを、覚えていますか?---------------------------------------------------...

  
7673

捕まらないために!覆面パトカーの取り締まり方法を再確認しておこう!

覆面パトカーは、用途別に3種に大別されます。捜査用、要人警護用、そして、交通取り締まり用です。一般車両に紛れ込み、違反車両を待ち構える覆面パトカーの取り締まり方法についてまとめました。

  
22052

あなたもこれでテスラデビュー!約390万円のモデル3とはどんな車?

テスラ社といえば、世界最先端のEVを生産していることで知られる企業です。問題はあるものの、公道での自動運転もあと一歩というところまで迫っています。しかし問題が車両価格です。モデルS、Xともに約8万ドル。そこで登場したのが、エントリーモデルのモデル3です。価格は3万5,000ドルと...

  
11061

新型スバル レヴォーグ、注目すべき改良ポイントは?

2017年7月3日、スバル レヴォーグが、大幅な改良を受けてD型に進化しました。そのスタイリッシュながらもどこか無骨な魅力はそのままに、さらなる進化を遂げた新型レヴォーグの注目すべきポイントはどこでしょう?

  
3142

自動運転のおかげでサーキットをプロ並みに走れる可能性はあるのか?

2017年現在、注目を集めている技術が自動運転です。我が国の道路交通法や道路運送車両法はジュネーブ条約を批准しているため、ドライバーなしの運転は認められず、実際には運転支援技術となります。そんな技術を応用して、誰でもサーキット走行を楽しめる未来は訪れるのでしょうか?

  
5482

車幅の感覚を最短で把握するにはどのような練習法がある?

狭い道で車同士すれ違う時や、路肩に幅寄せして停車するときなど、車両感覚を掴めていない人は苦労しますよね。いっそのこと左ハンドルの車なら、これらの問題を解決してくれそうですが、ドライブスルーや駐車券の発券時など、不便なことが多いです。では右ハンドルの車で、車両感覚をうまく掴むにはど...

  
9100

SUVを買うなら2WDと4WDどちらを選ぶべき?

クロスオーバーSUVの登場後、2WDモデルを設定するSUVが年々増えています。となれば同じSUVで、2WDと4WDのどっちを選んだほうが良いのか、迷う方も多いかもしれません。どちらが良いのか見ていきましょう。

  
10464

【車好きインプレ】先進技術満載!メルセデス新型Eクラス セダンの乗り味は?

2016年から日本国内販売が開始されたメルセデス・ベンツの新型Eクラス。自動で車線変更が出来るなど、先進技術を用いた運転支援システムを搭載し、安全技術の進歩においても注目なモデルです。では、そんな新型Eクラスの走りはどうなのでしょう?2.0L 直列4気筒直噴ターボを積んだE200...

  
3725

日産、NISMOシリーズのラインナップを拡大!今後どんな車が登場する?

日産のスポーツブランドに位置付けられるNISMO。エコで経済的な車が主流の現代ですが、運転そのものを楽しめるクルマというのもブランドとしては欠かすことのできないカテゴリーで、日産ではベース車にスポーツテイストを付加したモデルをNISMOブランドから発売されています。現在は、コンパ...

  
7629

テスラ モデルSの維持費っていくらかかるの?

電気自動車の概念を覆し、2017年現在では定番モデルとして定着、さらには進化を続けているテスラ モデルS。そんなモデルSを購入した場合、維持費はどれほどかかるのでしょうか?

  
20694

ドライバーの疲労を軽減する車に!? メルセデスSクラスがマイナーチェンジ!

メルセデス・ベンツのSクラスといえば、誰もが認める高級ラグジュアリーセダン。流れるようなフォルムも他のセダンとは一線を画すポイントです。今回、上海モーターショーでワールドローンチとなった新型Sクラスは、さらに高級感溢れる仕上がりになっているようです。

  
10159

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

近年、飛躍的に向上しているのが安全装備です。エマージェンシーブレーキを皮切りに、現在ではレーンキープ走行を可能にするなど、自動運転技術も徐々に実装されつつあります。さて、現在各メーカーが用意している安全装備ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  
37965

車の高寿命化や開発コストの増加など…自動運転の一般化による車メーカーのジレンマ

自動車の開発には莫大なコストがかかるのは周知の通りかと思います。各社は、その投資に見合う利益を販売というカタチで取り戻さなくてはならないわけですが、昨今、メーカーサイドもジレンマがあるといえるのです。

  
8550

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサには、スバルの新世代プラットフォーム”SGP”が採用されています。このSGPに直噴エンジンを搭載し、新世代へと刷新するのが、株式会社SUBARUの戦略です。そんななか、インプレッサ、XVは、すでにフルモデルチェンジが完了。次の刷新は...

  
49622