「腐食」の検索結果(25件)

記事

出張で海外に…。一年間放置した車を動かす際の注意点5選

あらゆるインフラが整備され、グローバル時代に突入した現代。ドメスティックで完結していた従来とは違い、現在の日本経済は国境を超えています。もちろん海外出張はおろか、年単位の赴任もあり得ます。もし1年間、海外赴任を会社から命じられ、愛車を運転できないとしたら…?帰国後に再び、愛車を運...

  
7625

なぜ昔の車は錆びるのか?

近年、注目を集めている日本製の旧車。特にアメリカでは、1980年代後半のR32GT-R、FD3S、Z32などが、ネオクラッシックと呼ばれ大人気です。国内でもハコスカやケンメリ、S30型ZをOHする専門店が注目されたり、トヨタ博物館では2000GT 50周年を記念し、所蔵する200...

  
9079

なぜフロントと前サイドのスモークフィルムは日本で禁止されているのか?

スモークフィルムを貼るとプライバシーの確保、車上荒らし防止、事故時の窓ガラスの飛散防止など利点が多くあります。しかし2017年現在、日本では運転席周りのガラスにスモークフィルムを貼ると不正改造となり、整備命令が出されます。これに従わないと6カ月以下の懲役、または20万円以下の罰金...

  
19976

16年間放置されたRX-7…搭載されたロータリーエンジンは果たして息を吹き返すのか?

長年動かさなかったクルマは、さまざまな箇所に劣化が押し寄せるもの。まずエンジンを始動することすら困難な状況になります。今回は、ベルギーで16年間放置されていたRX-7の顛末を紹介したいと思います。

  
26008

カーボン製のホイール!? やっぱり走行性能アップするの?

足回りのカスタマイズの定番メニューとして挙げられるのが、ホイールの交換です。豪奢なアルミホイールには、鍛造と鋳造があり、それぞれにメリットがあります。また古くからレースで用いられているのが、マグネシウム。アルミよりも軽量で剛性も高いと言われます。このような多くのホイールがマーケッ...

  
15731

豊富なインセット。欧州車にマッチする国産ホイールとは?「WORK GNOSIS」

国産車に輸入ホイールを使うことはあっても、輸入車に国産ホイールを好むユーザーは、案外少ないのでは無いでしょうか。ブランドの統一感、PCDやインセット、デザインなど理由はいろいろとあるでしょうが、輸入車向けに、クルマとの調和を基調としたシャープでエレガントなデザインを特徴とした、W...

  
8613

知っていますか?アイドリングストップ車には専用バッテリーが必要不可欠です!

近年、燃費向上や排ガス抑制など、環境対策に有効なアイドリングストップ車が増えています。その頻繁な再始動を支えるには、エンジンスターターに瞬間的な大電力を供給する強力な専用バッテリーが不可欠。しかし、専用バッテリーに求められるの力はそれだけではないのです。

  
15754

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
19140

ジムニー・ランクル…最も丈夫なクルマとは何か?

一番頑丈なクルマは何だろう?一番頑丈なエンジンは何だろう。とにかく耐久性があって長持ちするクルマに乗りたいという気持ちはだれもがあります。しかし、大抵はクルマの寿命が来る前に乗り換えるものですが...今回はそこをあえて「どれが一番丈夫か」を考えてみましょう。

  
35671

車のマフラーから異音…?!その原因と対処法は?

エンジンをかけた途端にカンカンカン!音はさまざまですが、普段と違う音がする時がありませんか?異音発生という事で、必ずしもマフラーが原因とは限りません。では、何が原因なのでしょうか。今回は、マフラーからの異音の原因と対処法を見ていきましょう。

  
23942

パンクの原因にも…車のホイールに付いているエアーバルブ不良はなぜ起こる?

タイヤの空気が抜ける原因の代表はパンクですが、他にもエアーバルブやその中の「ムシ」と呼ばれる部品の劣化が原因で抜けたりします。簡単に交換はできるのでしょうか?

  
25618

オートサロン2016に登場…BBSの「超超ジュラルミンホイール」は何が凄いのか?

2016年1月15日より幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2016」。その中で、BBSジャパン株式会社の超超ジュラルミンホイールを装着したBMW「i8」が出展。超超ジュラルミンホイールとはどんなものなのか、見てみる事にしてみましょう。

  
14597

アルミホイールと紛らわしい?カタログなどによく記載される「アロイホイール」とは?

最近では標準装着の車も増えてきたアルミホイール。多彩なデザインに大きいインチのホイールなど、バリエーションが様々なのも特徴の一つです。一方、カタログを見ると、輸入車を中心に”アロイホイール”という表記が散見されます。アルミホイールとアロイホイール…その違いとは?

  
39950

トヨタの高級車の寿命はとんでもなく長い?寿命を長くするコツは?

トヨタを、そして日本を代表する高級車でもあるセルシオやクラウン。これらの高級車が、どれほど耐久性を持っているのかは気になるところです。街中では、20年落ちのセルシオやクラウンの個人タクシーを見かけることもチラホラ。ということはやはり耐久性が高いのでしょうか。

  
61855

水が入っても大丈夫?ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

ターボやスーパーチャージャーといった過給機を装備したクルマには、ボンネット上にエアスクープ=ダクトが付いている車両があります。またアフターマーケットの、カーボンボンネットなどもダクトを多く持っているものが見受けられます。雨中の走行や、洗車時など、水の入る可能性があるわけですが、こ...

  
66676

保管の仕方で寿命が変わる車のタイヤ… 適切なタイヤの保管方法とは?

雪国の人はもうタイヤ交換を終えていると思いますが、まだまだこれから、雪が降ってからという方も多いと思います。ところで皆さんタイヤの保管はどうされていますか?保管方法次第で寿命も変わってきます!

  
19545

放っておくと怖い車の「サビ」…見つけたらどうすれば良い?

クルマを維持する際に気を付けるポイントは沢山ありますが、ボディに関していえば、塗装のダメージはもちろん、「錆」が最大の敵であるといえます。愛車の錆対策に今回は触れてみようと思います。

  
19778

タイミングベルトや燃料フィルター等…10年たったら交換しておきたい車のパーツとは?

近年のクルマは非常に性能が上がっています。これは単純に動力性能の事だけではなく、「素材の耐久性」といった所にも及びます。過去の技術の蓄積が反映されている、常に実証実験が進められているのがクルマであるといえます。しかし、メンテナンスフリーでずっと乗れる、なんてクルマは存在しません。...

  
25265

様々な用途に使われる「ガソリン」…車の燃料の種類と取扱いの注意点は?

EVなど一部の車を除き、車に乗っていれば燃料として絶対に必要な「ガソリン」や「軽油」。ただ、一口に「ガソリン」や「軽油」といっても、さらにその中には規定によって種別があるのはご存知でしょうか?今回は、そんな自動車に欠かせない燃料について見ていきたいと思います。

  
12326

なぜタイヤに窒素を入れるのか?果たして本当に効果はある?

タイヤ交換時に、窒素ガスの充填を薦められたことはありませんか?これ、本当に言われるほどの効果があるのでしょうか。有名店などでは1本540円の料金で、4本に充填するなら2,160円増しということになりますが、はてさて、その見返りとは…。

  
79046