「腐食」の検索結果(37件)

記事

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのオイルは、なにが違うの?

日本国内でもクリーンディーゼルエンジンが普及してきました。低速から太いトルクを発揮し、悠々と力強い巡航を実現するパワーフィールに、高められた環境性能、そして燃料費などのメリットからまたたく間に市民権を得た感じがあります。そこで気になってくるのがメンテナンス。とくにエンジンオイルに...

  
15188

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化を行うといった手法が見られましたが、最近では減少しています。その理由とは?

  
9491

憧れの「トヨタ 2000GT」を購入できたら…維持費はいくらかかる?

トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって、日本初の本格的なスポーツカーとして1967年に登場したのがトヨタ 2000GTです。海外オークションでは、1億円以上の価格で落札されたこともある超の付くプレミアムな旧車。そんな車を持てるしたら、維持費にどれぐらいかかるのでしょう?

  
6485

車の排気ガスってどんな成分?なんで環境に悪いの?

ゼロエミッションが叫ばれて久しい2017年。自動車の動力源が、内燃機関から電気モーターへの移行期に差し掛かっている印象です。その理由は、内燃機関が排出する有害物質によるものであることをざっくりとは知っていると思います。ですが、そもそも自動車の排気ガスはどうして環境に悪いのでしょう...

  
1891

海に行った後は、塩害が気になります。どんな対策をすべき?

夏といえば、海。たとえ泳がなくても、クルマで海を訪れる人は多いでしょう。しかし、皆さんご存知の通り、塩はクルマにとって悪いことだらけ。海の近くで潮風にあたったクルマをそのまま放置しておくと、ボディやパーツのサビや腐食の原因になることもあります。そういった塩害には、どんな対策がある...

  
4272

タイヤの「ひび割れ」はバーストの原因にもなる?その対処法は?

年間に走行する距離は、ユーザーによってさまざまです。なかには、10年近く同じタイヤという方もいると思いますが、タイヤはゴムが主となる部品。劣化に気を付けないと思わぬ危険が潜んでいるのです。

  
4641

夏はバッテリー上がりの季節。あなたのバッテリーは大丈夫?

今年も暑い夏がやってきます。エアコンを多用して快適なドライブを楽しみたいところですが、バッテリーには負担大。気をつけないと、突然バッテリー上がりに襲われます。

  
6909

寒冷地仕様って標準車と何が違うの?温暖地仕様はないの?

中古車を検索していると、ときどき寒冷地仕様というものが目に入ります。どんな特別装備が施されているのか、気になったことがある人もいるのではないでしょうか?その内容をみると、冬季に車を使う際、どういうものを装備すれば、快適に運用できるのかが理解できます。では、反対に温暖地仕様の車とい...

  
7575

BBS鍛造ホイール、ユーザーアンケート。超高級ホイールを手にしたツワモノどもの本音とは? 

高品質な鍛造ホイールとして、ホイール界屈指の高級ブランドとして知られるBBS。BBSジャパンではホイール購入者を対象とした「TANZO CLUB」というメンバーズクラブを展開しています。その魅力を始め、BBSを語るのはやはり愛用者たるTANZO CLUBのメンバーに聞くのが一番だ...

  
15320

ダクトにシャンプー液などが入っても問題ないの?

最近では減ってきましたが、昔のターボ車等のボンネットには、エアインテークダクトが必須といえました。いわばエンジンルームへ通じる穴ともなっており、当然、洗車をすれば、そこからシャンプー液等が入ってしまいます。そのままで、エンジンルームに問題はないのでしょうか?

  
14301

マフラーに土やゴミが詰まったらどうすべき?

手軽に愛車をドレスアップできるアイテムとしてマフラーが挙げられますが、マフラーにはどのような機能があるのでしょうか?また、もしマフラーに異物が詰まってしまったら、どのような悪影響があるのでしょうか?

  
5185

出張で海外に…。一年間放置した車を動かす際の注意点5選

あらゆるインフラが整備され、グローバル時代に突入した現代。ドメスティックで完結していた従来とは違い、現在の日本経済は国境を超えています。もちろん海外出張はおろか、年単位の赴任もあり得ます。もし1年間、海外赴任を会社から命じられ、愛車を運転できないとしたら…?帰国後に再び、愛車を運...

  
14681

なぜ昔の車は錆びるのか?

近年、注目を集めている日本製の旧車。特にアメリカでは、1980年代後半のR32GT-R、FD3S、Z32などが、ネオクラッシックと呼ばれ大人気です。国内でもハコスカやケンメリ、S30型ZをOHする専門店が注目されたり、トヨタ博物館では2000GT 50周年を記念し、所蔵する200...

  
11206

なぜフロントと前サイドのスモークフィルムは日本で禁止されているのか?

スモークフィルムを貼るとプライバシーの確保、車上荒らし防止、事故時の窓ガラスの飛散防止など利点が多くあります。しかし2017年現在、日本では運転席周りのガラスにスモークフィルムを貼ると不正改造となり、整備命令が出されます。これに従わないと6カ月以下の懲役、または20万円以下の罰金...

  
24349

簡単作業でホイール&タイヤが綺麗になるStonerの製品を知ってますか?実際に使ってみました!

「オシャレは足元から」といわれることがありますが、これはクルマの場合も同じ。ホイールやタイヤが輝いていると、車体全体が美しく見えるものです。呉工業から販売されているStoner(ストーナー)社の「ホイールクリーナー」と「モアシャイン」は、簡単な作業で、愛車の足元に上質な輝きを与え...

  
8323

16年間放置されたRX-7…搭載されたロータリーエンジンは果たして息を吹き返すのか?

長年動かさなかったクルマは、さまざまな箇所に劣化が押し寄せるもの。まずエンジンを始動することすら困難な状況になります。今回は、ベルギーで16年間放置されていたRX-7の顛末を紹介したいと思います。

  
34092

カーボン製のホイール!? やっぱり走行性能アップするの?

足回りのカスタマイズの定番メニューとして挙げられるのが、ホイールの交換です。豪奢なアルミホイールには、鍛造と鋳造があり、それぞれにメリットがあります。また古くからレースで用いられているのが、マグネシウム。アルミよりも軽量で剛性も高いと言われます。このような多くのホイールがマーケッ...

  
21994

豊富なインセット。欧州車にマッチする国産ホイールとは?「WORK GNOSIS」

国産車に輸入ホイールを使うことはあっても、輸入車に国産ホイールを好むユーザーは、案外少ないのでは無いでしょうか。ブランドの統一感、PCDやインセット、デザインなど理由はいろいろとあるでしょうが、輸入車向けに、クルマとの調和を基調としたシャープでエレガントなデザインを特徴とした、W...

  
9724

知っていますか?アイドリングストップ車には専用バッテリーが必要不可欠です!

近年、燃費向上や排ガス抑制など、環境対策に有効なアイドリングストップ車が増えています。その頻繁な再始動を支えるには、エンジンスターターに瞬間的な大電力を供給する強力な専用バッテリーが不可欠。しかし、専用バッテリーに求められるの力はそれだけではないのです。

  
17765

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
20204