「積載」の検索結果(246件)

記事

新型シビックタイプR荷室レビュー!買い物などにも充分使える!

新型シビックタイプRは、スポーツモデルにも関わらず荷室もかなり広いモデルです。ベースとなるシビックハッチバックの荷室もかなりの広さを持っており、ほぼ同様の広さとなります。荷室の高さや、奥行きの深さ、開口部の広さなど、説明していきたいと思います。2017/10/26

  
301

ソファーや自転車も楽々積める!新型ステップワゴンスパーダの荷室画像レビュー

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド、ミニバンだけあって、積載能力もかなりのものです。シートアレンジの仕方も自在で、シートアレンジ次第では、自転車もソファーも積むことが出来ます。2017/11/6

  
9297

2018年に消えていったクルマたち

販売(生産)を終えたクルマは、ホームページなどのラインナップからいつの間にか消えていたり、販売を終えたクルマと表示されたりして、ひっそりと姿を消すケースが多い。2018年に「カタログ落ち」したクルマはあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
2192

スズキXBEEで車中泊は可能か検証してみました!

今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!ここでは、車中泊ができるかどうかを詳しく見ていきたいと思います。2018/2/9

  
5574

【アウトドアでもガンガン使える!】スズキXBEEの収納&荷室レビュー

今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!ここでは、荷室や座席周りの収納に目を向けて詳しく書いていきたいと思います。

  
24188

【小物の収納スペースが豊富】スペーシアHYBRID Xの収納&荷室レビュー

スーパーハイトワゴンのスペーシアではやはり積載性が気になりますね。カタログでは色々と積み込んでいる様子が載っていますが、実際に使い勝手はどうでしょうか?シートをスライドさせたり、倒したりしてみて、使い勝手を検証してみました。2018/2/19

  
1042

トヨタ ヴェルファイア HYBRID Zの内装レビュー【シートの素材、座り心地をチェック!】

トヨタの高級ミニバンであるヴェルファイア、大きいボディサイズですが、室内の広さや乗り心地はどうなのでしょうか?シートのかけ心地や、素材。シートデザインも含めて説明していきたいと思います。※今回試乗したのはヴェルファイア HYBRID Zですが、画像はヴェルファイア Zのものとなっ...

  
1361

【荷室の広さ、使い勝手をチェック!】ヴェルファイア HYBRID Zの荷室レビュー

大柄なボディサイズを持つミニバンであるヴェルファイアHYBRID Zですが、荷物はどのくらい積めるのでしょうか?フル乗車した際の積載性、3列目を畳んだ時の積載性について、機能や収納を紹介しながら確認してみましょう。※今回試乗したのはヴェルファイア HYBRID Zですが、画像はヴ...

  
1196

【キャデラック XT5試乗レビュー】あのイメージはもう古い?現代のキャデラックの真髄はモダンなデザイ...

キャデラックほど、ポジティブなイメージとネガティブなイメージが乱立しているブランドは少ないかもしれません。古き良き時代を代表するアメリカの高級車であり、大統領専用車両にも採用されているラグジュアリーなブランドというポジティブなイメージもある一方で、アメリカのB級映画などに見られる...

  
40268

マツダ CX-8 XD L Package荷室レビュー【使い勝手、積載量はどう?】

大きなボディの持ち主のマツダ CX-8ですが、荷室もボディサイズ同様に大きく広いのでしょうか、シートを倒した場合など、長さのある荷物も楽に積めそうな感じもしますが、果たしてどうなのでしょう。荷室の広さや使い勝手について説明していきます。2018/4/24

  
2454

格好いいのに…!なぜSUVはスクエアボディが少ないのか?

自動車市場では、ジムニーやGクラス、ジープ ラングラーといったスクエアなクロカン4WDが好調な販売実績を記録しています。ですが、SUV全盛期の中で四角い形は3モデルのみ。なぜなのでしょうか?文・山崎友貴

  
3458

海外仕様の新型ハイエースが登場!日本仕様はどうなる?

トヨタ ハイエースといえば建設土木などの分野において圧倒的な支持を得ている商用1BOXの代名詞。そんなハイエースに海外仕様の新シリーズが登場した。その進化が目指したものとは? そして、日本仕様はどうなるのだろうか。文・山本晋也

  
14442

ピックアップトラック「ハイラックス」の維持費ってどのくらい?

2017年に、13年ぶりの国内復活を果たしたトヨタ ハイラックス。日本で買える唯一のオフロードピックアップとしても注目され、ファンを獲得しているモデルです。今回はこのハイラックスの維持費の話。ピックアップトラックであるハイラックスは、1ナンバーの貨物車(商用車)登録となるため、ミ...

  
2590

大人4人が乗れるスーパースポーツ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本上陸!

メルセデス・ベンツのスポーツプレミアムブランドといえるメルセデスAMG。そのトップモデルとして君臨するのが「メルセデスAMG GT」だ。従来は2ドアモデルのみだったが、東京オートサロン2019でサプライズ出展された4ドアモデルの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が正式発表さ...

  
8157

収納力の他にも役立つ!ルーフボックスのメリット5つ

アウトドア系の趣味にはクルマは欠かせない存在。しかし、趣味で使う道具が増えてくるとラゲッジルームに収まらなくなってくることも。そんなときに役立つのがルーフボックスだ。ルーフキャリアを利用して屋根の上にボックスをつけるだけで500リッター前後の積載能力を一気にプラスすることができる...

  
17407

車高を変えると、先進安全装置のセンサーはバグらないの?

いまどきクルマを買うなら安全性能が最優先事項。AEB(衝突被害軽減ブレーキ)を備えていることは当たり前で、対車両だけでなく歩行者やサイクリストを検知できることも求められている。またACC(追従クルーズコントロール)などのADAS(先進運転支援システム)もクルマ選びにおいて比較すべ...

  
12258

ミニバンで燃費がいい車はどれ?トップ10

日本市場で高い人気を誇るミニバン。広い室内空間を武器に、3列シート車などを中心に余裕のある乗車定員や、多くの荷物が積載可能で、スライドドアを装備するなど高い実用性が人気の理由です。そんなミニバンを選ぶ際に、燃費を重要視するユーザーも多くいます。そこで2019年1月現在のミニバン低...

  
24363

見た目以上の広さ!室内空間が広いコンパクトカー5選

一般的にコンパクトカーとは、全長4,200mm、全幅1,700mm程度のいわゆる「5ナンバー」サイズで、ハッチバックやトールワゴンなど2ボックスのボディを持つクルマを指します。これらのコンパクトカーのなかで、室内空間が広いモデルを5台選んで紹介します。文・立花義人

  
2100

ウィンタースポーツでも使える!車の屋根上収納活用術

多人数乗車でスキーやスノーボードへ出かけるとなると、道具類の収納場所に困ることがあります。そんなときに活躍するのがルーフボックスをはじめとするルーフ上を使った収納術です。代表的なルーフボックスだけでなく、最近では生活事情に合わせてさまざまなタイプが登場しているので、自分にぴったり...

  
2145

コンパクトで持ち運びも楽々な薪ストーブ「ちびストーブⅢ」を使ってみた。

薪ストーブを使いたいけど、大きくて重いのはちょっと・・・という方は参考にしてください。今回紹介するのは、ogawaブランドでお馴染みキャンパルジャパンから発売されている「ちびストーブⅢ」です。早速設営して使用感をレビューしてみます。

  
21519
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives