「社会」の検索結果(635件)

記事

クリープ現象って何?その仕組みと速度って?【プロが解説】

AT比率が97%以上ともいわれる日本の自動車社会において、駐車場などのシチュエーションにおいてはアクセルを踏まずに、ブレーキから足を離すことで速度を調整しているというドライバーが大半だろう。このアクセルを踏まなくともクルマが動いてしまうことを「クリープ現象」という。では、そのクリ...

  
25076

ああ懐かしのハイソカーブーム!当時はどんな車が流行った?

ハイソカー…そう聞いてピンときた方はバブル時代に青春を過ごした方なのではないでしょうか?厳密な定義などがないハイソカーですが、ハイソカーと呼ばれるクルマの特徴や装備の数々をご紹介していきます。文・西川昇吾

  
27253

今だからこそ復活したら嬉しい!1980年代の車5選

昨年、イタリアのコーチビルダーによってランチア「ストラトス」を現代的にアレンジしたモデルが、発表されたことを覚えているでしょうか。クルマ好きな人の中には、こうして往年の名車のリメイクに夢を見る人もいるでしょう。みなさんだったら、どんなクルマに復活してほしいでしょうか? 回は筆者の...

  
19041

90を切るゴルフ!ダボを打つ原因と解決策~ショット編#1~

ガリレオ・ガリレイは、中世ヨーロッパ時代に活躍したとてもえらい学者さんです。さまざまな科学分野で人類社会の発展に大きく貢献しました。ところが、「太陽や星々が動いているのではなく、地球が動いている」というコペルニクスの”地動説”を証明しようとして裁判にかけられてしまったという逸話は...

  
39776

車検が受けられないってこと!? 車検拒否制度とは?

「車検拒否制度」をご存じだろうか? これは駐車違反による放置違反金を滞納したことがある人は、車検時に放置違反金を納付、または徴収(つまり取り立てられたこと)されたことを証明できなければ、自動車車検証の返付が受けられないという制度。車検が通ったとしても新しい車検証が下りないという制...

  
3341

運転の妨げになりやすい、グレーな危ない行為5選

「ながらスマホ」が危険なことは自明だ。スマートフォンが便利になるほど「ながら」で運転するドライバーが増えて社会問題化したことで、道路交通法で明確に禁止されている。しかし、道路交通法などには明記されていないものの危険につながる行為はある。そうしたグレーゾーンの危うい行為をいくつかピ...

  
2420

90を切るゴルフ!ダボを打つ原因と解決策~アプローチ編#1~

先月、大物理学者のアルベルト・アインシュタインが後世に残した課題をようやく実証することができたというニュースが世間を騒がせました。“重力波”の検出です。巨大な質量(とてつもなく重いもの)を持つ物体が運動するとき、空間に圧力のようなものがかかって長い波長の波が起こる。これが、宇宙空...

  
501

90を切るゴルフ!ダボを打つ原因と解決策~パッティング編~

日本語には”敬語”という表現があります。目上の人に対するとき、相手に尊敬の念をこめるとき、自分とは”距離”のある人に対するときに使うものです。これを無視しては、社会で円滑な人間関係を築くことは不可能です。その場の空気、その時の相手に合わせた表現をする”敬語”は、洗練された日本文化...

  
32464

花粉やPM2.5など最速3分で99%除去!車載用空気清浄機「Blueair(ブルーエア)」発売

スウェーデンの高性能空気清浄機で知られる「Blueair(ブルーエア)」。日本には、家庭用空気清浄機市場に2010年から参入済みだ。2019年3月15日から同社初の車載用空気清浄機を発売する。最速3分で車内で有害物質、アレルギー物質を99%除去するという専門メーカーの最大のウリは...

  
11527

消費税10% 増税前に購入すべき!? 2019年10月までにデビューする国産車たち

2019年10月に消費税が10%に引き上げられる前に、住宅やクルマなどの「大きな買い物」は駆け込み需要があるのは間違いないし、すでに建築ラッシュの住宅などは駆け込み需要が起きている。クルマでは、消費税が10%に増税されることで、自動車取得税の廃止が決定。代わりに環境性能割(燃費課...

  
25636

新社会人にアドバイス!営業車での運転で気をつけることとは?

自分のクルマでも営業車でも初めて運転する際は、慣れが必要なのは同じで、慣れてからの油断も大敵だ。今回の編集部からのお題は、「新社会人が営業車を運転する際に気をつけること」だが、営業車ならではの注意点はあるのだろうか。文・塚田勝弘

  
9618

デジタルアウターミラーや靴べら差しなど…今新車で買えるユニークな装備を持つ国産車5選

1980~1990年代の国産車では「日本初」、「世界初」といった装備を与えていることがセールストークのためには必須といえる状況もあった。さすがにクルマ社会も熟成すると、重箱の隅をつついたような世界初や、何の役に立つのかわからないような日本初を求めることはなくなってきたが、それでも...

  
30937

埋もれちゃいけない名車たち VOL.22 少年に夢見させた国産スポーツモデル「マツダ サバンナRX−...

今回の巻頭特集のテーマは〝原点回帰〟だと聞いた。途端に頭の中がタイムスリップをする。いとも容易くひとつのキーワードに辿り着く。ちょうど50歳前後のクルマ好きにとってのひとつの大きな原点となるのは、間違いなく第1期スーパーカー・ブームだったはずだからだ。text:嶋田智之 [ahe...

  
672

自動車評論家から見た“犬にやさしいクルマ”って?

イヌの寿命は10年から15年。人間とくらべとても短い犬生。家族の一員として迎えた以上、できるだけ多くの幸せな時間、楽しい思い出を作ってあげるのが飼い主の役目だと思います。日々、お留守番も多いイヌがもっとも幸せに感じる時間が家族とのお泊まり旅行。1日中飼い主といっしょ。移動中やドッ...

  
509

オンナにとってクルマとは Vol.17 ナビがあっても迷う女

どんなに運転に慣れても、いまだに克服できないのは道に迷うことである。ナビが進化した今では、いちいち地図を広げていた頃に比べればマシだが、「迷い方」が地図時代とは変わった。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
579

救急車・消防車などの緊急車両に、道を譲らないと違反になるの?

ドライブ中に緊急車両のサイレンを耳にすること、ありますよね。救急車や消防車など、一刻一秒を争う車両には、できるだけスムーズに通行してほしいのですが、万が一、緊急車両の走行を妨げてしまった場合、どんな違反に問われるのでしょうか。文・赤井福

  
1554

グイドシンプレックスを知っているか

イタリアで60年近く前から身体障害者用運転補助装置の研究開発を行ってきている、グイドシンプレックス。常により扱いやすく、ドライビングの楽しみをよりピュアに伝えるべく模索を続けてる同社の最新型を装着したクルマに、ほんの転がす程度ではあったが触れることができた。text:嶋田智之 p...

  
1209

街のバイク屋がなくなる日 VOL.1

昨年6月、カワサキモータースジャパンが国内販売網の再編を発表した。カワサキ全モデルを扱う「カワサキ専門店」と、排気量400㏄までとする「カワサキ正規取扱店」の2チャネルとし、2019年度までにカワサキ専門店を現状の6店舗から120店舗まで増やす計画だ。text:山下 剛 phot...

  
1240

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
1336

もうひとつのコロンブスの卵 〜日産の可変圧縮比エンジンVCターボ

日産の高級車ブランドであるインフィニティは、圧縮比を可変制御する機構を組み込んだ横置き2ℓ4気筒ガソリンエンジンを発表した。可変圧縮比の過給機付きであることを意味するVCターボ(バリアブル・コンプレッション・ターボ)と名付けられたエンジンは、圧縮比14から圧縮比8までをシームレス...

  
621
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives