「発表会」の検索結果(43件)

記事

トヨタ、Supra is back to Japan Fesを開催

開催に先立ち記者発表会が行われ、GRスープラの発売などが発表されました。

  
535

元℃-uteの萩原舞さんのブランドWith Miiとオートバックスセブンがコラボ!第1回ブレスト会議...

とある日の午後。オートバックスの広報の方から「元℃-uteの萩原舞さんが主宰するブランドWith Miiと手を組み、オリジナル商品を開発することになりました。」という連絡を頂いた。そこには「都内でブランドお披露目会と第1回ブレスト会議を開催するので取材に来ませんか」とのお誘いも。...

  
13325

日産の軽自動車に初搭載するなど、先進安全技術を充実…軽乗用車「日産デイズ」ってどんな車?

日産自動車は、軽乗用車「日産デイズ」をフルモデルチェンジし、3月28日より販売を開始した。価格は127万3320円から177万8760円。文/写真・栗原祥光

  
17607

イケイケのイイ軽!三菱自からeK ワゴンとeK クロスってどんな車?

三菱自動車は3月28日(木)、ハイトワゴンタイプの軽自動車「eK ワゴン」を約6年ぶりにモデルチェンジ。さらにSUVテイストのクロスオーバーモデル「eK クロス」の発売を開始した。価格は「eK ワゴン」が129万6000円〜150万6600円、「eK クロス」が141万4800円...

  
19534

1,006万円から…アウディ新型A6とA6アヴァントは徹底してスタイリッシュかつクールな内外装

2018年2月にセダン、そして同年4月にワゴン版「アヴァント」が相次いで世界初公開されたアウディA6が、今年3月12日に、満を持して日本国内デビューを果たした。文・武田公実

  
8293

ランボルギーニ・ウラカンの新世代モデル「ウラカンEVO」が国内デビュー!

かつては超弩級のスーパーカーをごく少数のみ生産していたランボルギーニだが、近年の発展ぶりには目を瞠らせるものがある。特にV10エンジンを搭載するエントリーモデル「ウラカン」は、先代に当たるヒット作「ガヤルド」を大きく上回る成功を収め、ランボルギーニ躍進の原動力となっていることは誰...

  
2109

オフロードでも"魔法の絨毯"のような乗り心地!? 世界最高級SUVロールス・ロイス カリナンで行く軽...

長い開発期間を経て、2018年5月10日に英国ロールス・ロイス・モーターカーズ社のグローバルウェブサイト、および本国のソーシャルメディアチャンネルのライブストリーミングによって世界同時発表された、ロールス・ロイス史上初のSUVモデル「カリナン」。一定数がシリーズ生産されるものとし...

  
4087

アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場しま...

  
2699

ランチア・ストラトスの英国製レプリカ「the STR」、日本での輸入販売開始!

先ごろ東京都墨田区にガレージをオープンした「ジェイブランディング:UK CLASSIC FACTORY」では、英国リスターベル社が開発・製作するランチア・ストラトスのレプリカ「the STR」および、同じく英国AKスポーツカーズ社が製作するACコブラ427のレプリカ「AK427」...

  
4160

ベントレー100周年!最高速度333km/hの新型コンチネンタルGTコンバーチブルを発表

2017年秋のフランクフルト・ショーにて世界初公開されたベントレー三代目コンチネンタルGT。初代および二台目の通例から、コンバーチブル版の追加設定は時間の問題とも目されていた。その予測を裏付けるかのごとく昨2018年晩秋に、まずはオフィシャルフォトと概要のみが発表されたことは、記...

  
34033

オートバックス、東京オートサロン2019でNSX GT3 Evoをアンベール!

東京オートサロン2019のオートバックスブースは、ARTAに関する展示や販売が多かった。昨シーズン「さらなる高みを目指し」レーシングスポーツブランドへイメージを刷新したARTAのグッズや気になる2019年にチーム体制を紹介しよう。文/写・栗原祥光

  
1387

オートバックスブースのNSX GT3 Evo、ARTAグッズやチーム体制発表…東京オートサロン201...

東京オートサロン2019のオートバックスブースは、ARTAに関する展示や販売が多かった。昨シーズン「さらなる高みを目指し」レーシングスポーツブランドへイメージを刷新したARTAのグッズや気になる2019年にチーム体制を紹介しよう。文/写・栗原祥光

  
9212

ホットハッチの火は消さない

SUVが全盛の今、ホットハッチの存在感はやや薄れてしまっている。執筆陣の1人、今尾直樹氏は言う。「ホットハッチはプアマンズ・スポーツカーなのですよ」と。なるほど、そうなのだ。基本として実用性とスポーティブネスを兼ね備えているのがホットハッチ。お金があるなら2ドアのバリバリのスポー...

  
2535

“こだわり”が未来を拓く 桂 伸一 インタビュー

Interview with Shinichi Katsuratext:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
1102

ひこうき雲を追いかけて vol.71 クルマとバイクのボーダーレス

最近、クルマとバイクがすごく近づいてきている、という風に感じることが多い。2016年7月にお台場にオープンしたBMW Tokyo Bayなどは最も分かりやすい例だろう。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
1048

カワサキのWという象徴 ーW800 Final Edition

カワサキにはそれぞれの時代を象徴するエポックメイキングなモデルが数多くある。'72年に登場した900スーパー4、そして'84年のGPZ900Rがその最たる例で、前者は型式名の〝Z〟が、後者はペットネームとして与えられた〝ニンジャ〟が今や大きなブランドになってい...

  
1473

私の永遠の1台 VOL.21 ルノー 初代トゥインゴ

「永遠の一台」と問われ車歴を思い返してみた。ほぼ、クーペやオープンカーが続くが、「あーっ、やっぱりこれだ!」と思い当たったのが、ルノー・トゥインゴの初代モデル。それまでもクルマに乗ってはいたが、自分のお金で自分専用に新車で買った最初のクルマだ。text:佐藤久実 [aheadアー...

  
1890

なぜ今、スポーツカーブランドなのか 〜トヨタ「GR」シリーズ

去る9月19日、日本で一番新しいスポーツカーブランドがトヨタから発表された。それが「GR」だ。text:今井優杏 [aheadアーカイブス vol.180 2017年11月号]

  
1723

アストンマーティンのスーパーGT「DBS スーパーレジェーラ」が日本デビュー!

2018年6月27日、日本でも正式デビューをはたしたアストンマーティンの新しいスーパーGTモデルが「DBSスーパーレジェーラ」です。これによりフラッグシップも世代交代となります。アストンマーティン東京で開催された発表会の内容を見ていきましょう。文/写真・山里真元|日本スーパーカー...

  
3452

TOWARD 2020 自動車の未来を考える

2020年の東京オリンピックに向けて特に開催地となる東京では、空港、鉄道、都市開発、そして道路など、インフラ整備が具体的な形となって進められている。まとめ:今尾直樹、若林葉子 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
1008
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives