「異音」の検索結果(44件)

記事

エスティマ ハイブリッドを試乗して感じた3つの欠点・不満とは?

トヨタのエスティマ ハイブリッドがビッグマイナーチェンジをしたので、先日試乗をしてきました。今回新発売された新型エスティマ ハイブリッド(ESTIMA HV)は足回りのセッティングが変わった事もあり静寂性は格段に良くなりました。ただ、実際にこのクルマを試乗していて気になった欠点や...

  
1167

走行距離85,000kmで我が家にきた1993年式マツダ 初代 (NA) ロードスターVスペシャルI...

マツダ・ロードスターと言えば、日本が世界に誇る名車のひとつ。初代 (NA) ロードスターの成功がなければBMW Z3もメルセデスベンツSLKもフィアット バルケッタも生まれたかったというほど、与えた影響は計り知れないモデルだ。筆者が免許を取った1997年はちょうど初代がモデル末期...

  
5952

ヴィッツ ハイブリッドの試乗の感想【静寂性で気になった意外な事とは…】

先日、このハイブリッド車を試乗してきたのですが、ショックアブソーバーなど足回りを変更した事もあり、乗り心地は好印象。同じハイブリッドシステムを採用しているアクア(AQUA)とは若干異なるドライブフィーリングでしたが、ファミリーカー、エコカーとして十分に満足できる乗り心地になってい...

  
6879

エアコンが効かない、風が出てこない、などの対処法は?

最近の新車は、エントリーモデル系の軽自動車であっても、昔よりエアコンはよく効くようになったし、「冬は暖かくならず、夏は冷えにくい」といわれた一部の輸入車も、だいぶエアコンが効くようになってきた。それでも長く乗ってくると、何らかのトラブルに見舞われることもあるだろう。エアコンが効き...

  
3452

パワステがないとどうなる?パワステ故障の対処法は?

ハンドルの操舵をアシストするパワーステアリング(パワステ)は、いまや付いていることが当たり前の装備で、ステアリング径の設計もパワステ装備を前提になっています。そのため、なんらかの理由でパワステが切れると、ハンドルを回すことができなくなります。ここでは、パワステがないと具体的にどう...

  
20665

停車中にクルマが「カタカタ」と揺れている。これって故障のサイン?

新車にまつわる「慣らし運転」の必要性、あるいはサスペンションやエンジンなどの動きがよくなるなど、「当たりがつく」という都市伝説的な話がある。確かに昔は、取扱説明書に慣らし運転に関する記載があったが、いまではほとんどない。新型車の品質が高まり(完成検査不正問題とは別の問題)、サプラ...

  
15454

タイヤが外れて事故になることも!? 走る前に確認しておきたい足まわり5つ

数年前、ドリフト大会で、走行中のクルマからタイヤが外れて観客が意識不明の重体となる事故が発生し、自動車業界には大きな衝撃が走りました。しっかりとメンテナンスを行っているであろうレース車両が、怪我人を出すトラブルを起こしてしまったのです。今回は、日常生活でもこうした事故が起きないよ...

  
7971

クロカン4WD、賢い中古車の選びのコツ

巷ではキャンプブームとなっていますが、これにあわせるように人気上昇中なのがクロスカントリー4WD(オフロード4WD)、いわゆる4駆(ヨンク)です。この4駆は、流行のSUVとどのように違って、どんな魅力があるのでしょう?賢い中古車選びのコツとともに、解説しましょう。文・山崎友貴

  
7080

昔の車では頻繁だった「窓落ち」の原因と対処法

自動車のサイドウインドウは、上下に開閉するものですが、ときにはストンと落ちてしまいっぱなしになったり、閉じたままになることがあります。こうなると、どんな操作をしてもサイドウインドウは動きません。この現象は「窓落ち」と呼ばれますが、原因は何でしょうか。

  
19673

昔、皆がやっていた「ダブルクラッチ」とは何だったのか?

「ダブルクラッチ」という言葉、マニュアル車に乗っている方なら耳にしたことがあると思います。しかし、オートマチック車が主流となった現代、ダブルクラッチを使ったことがある方はあまりいないのではないでしょうか。今回は、昔は皆がやっていた「ダブルクラッチ」について解説します。文・吉川賢一

  
24892

バウンドストロークとリバウンドストローク…どちらが重要か?

一般的な乗用車のサスペンションは、上下方向に約10cmずつストローク出来るように、設計されています。このサスペンションストロークは、クルマのポテンシャルを表す重要な指標であり、乗り心地性能に大きな影響を与えます。今回は、このサスペンションストロークの重要性について考えていきます。...

  
5882

タイヤの溝に小石が挟まっている!これって取ったほうがいいの?

クルマで走ったあとにタイヤを見ると、溝に小石が挟まっていることがあります。取り除くのが面倒で、そのままという方は意外に多いのではないでしょうか?しかし、タイヤの溝に挟まった小石は、放っておくとトラブルの原因になってしまうことも…!?

  
26647

若林葉子 VSまるも亜希子 オンナにとってクルマとは 番外編

本誌で「オンナにとってクルマとは」を執筆してくれている、まるも亜希子さん。そんなまるもさんと本誌・若林が一緒に、横浜のみなとみらいへ。女性の視点から見たクルマにまつわるあれこれで話は盛り上がりました。構成:若林葉子 photo:菅原康太 [aheadアーカイブス vol.122 ...

  
1409

ハンドリングや乗り心地などに影響する機能部品「アッパーマウント」とは?

みなさんは『アッパーマウント』というパーツをご存知でしょうか。アッパーマウントとは、フロントとリアのショックアブソーバーにそれぞれ1個、合計4カ所についており、ハンドリングや乗り心地、ロードノイズ等に影響する、とても重要な機能部品です。今回は、このアッパーマウントについて紹介しま...

  
8440

ブレーキを踏むと聞こえる「ガタガタ」「グワングワン」音について解説

クルマは、乗っていても乗っていなくても劣化は進み、いたるところにその影響が出てきます。特に気を付けなければならないのが、ブレーキング時の異常振動や異音です。一般にブレーキジャダーと呼ばれるこの現象が出ていたら、愛車はすでに危ない状況なのかもしれません。文・吉川賢一

  
61148

HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは?

HKSと言えばスポーツカーを中心にハードチューンを好むユーザーに支持されているチューニングパーツブランド、というイメージがあるかもしれません。しかし、今では軽自動車やミニバン、SUVなどに向けたアイテムも多くリリースしているのです。もちろんこれは今までスポーツカーで培ってきたノウ...

  
11287

発生理由はたいていコレ! ブレーキの鳴き・異音の3大原因と対処法

ブレーキの鳴きや異音は、不快なだけではなく、安全面でも気にすべき症状です。ここで紹介するのは、鳴きや異音の代表的な原因とその対処法。異変を感じたらまずはこれらを疑うことがトラブル解消の早道です。

  
31446

Spiegelの車高調を7万円のオンボロ軽自動車に装着させたらどう変化するのか?

恒例となり始めてきました「7万円オンボロ軽自動車」シリーズの車高調編です。今回はこの車のオーナーである編集スタッフ自らがインプレをし、この記事を書き起こしました。筆者は10年ほど前に某サスペンションメーカーの方から聞いた言葉があります。「中古車はサスを変えれば新車も同然」この言葉...

  
42882

ブレーキの「キーキー音」が鳴り出したら交換時!? ブレーキの交換サイクルは?

自動車を運転しているとき、足まわり付近からキーキー音が鳴るようになった経験はありませんか?おかしいな…と思って、ディーラーや工場へ入庫し、ブレーキパーツを交換したというドライバーは少なくありません。その原因は、多くがブレーキパッドの摩耗です。しかしなかには、摩耗しても音が鳴らない...

  
37000

故障したまま走るのは違反?どこまでの故障なら走っても許されるの?

自動車に故障はあってはならないもの。エンジンやブレーキといった重要部品じゃない場合、多少の故障ならいいのでは?と考える方もいるでしょうが、故障の程度によっては、走る凶器にもなり得ます。はたして故障は、どの程度までが法律に触れないのでしょう?

  
43724
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives