「理由」の検索結果(932件)

記事

なぜ日本ではクルーズコントロールがあまり使われていないの?

速度を設定すれば、ブレーキを掛けるなどの操作を行わない限り、ずっと定速で走り続けるクルーズコントロール機能(オートクルーズ)は、1958年にクライスラー社が初めて実用化した機能です。採用車種は多いものの、日本ではあまり使われていないオートクルーズとは、どんな機能なのでしょうか?

  
24

AT車はMT車より加速が悪く、最高速も遅いというのは本当か?

現在、日本で買える新車でMTの設定があるのは、86、フェアレディZ、ロードスターなどのスポーツカーが中心です。AT販売比率が95%を超える日本では、MTが生き残る道はとても困難なように思えます。しかし、MTにはMTなりの楽しさがあることも事実。ATよりもMTが優れている点を探って...

  
23

ボルボ初受賞!2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたXC60とは?

1980年から開催されている日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)。第38回目となる2017-2018年は、ボルボ XC60が選出されました。ボルボ車としては初、輸入車としては第34回のVW ゴルフに続き2台目の選出です。ボルボ XC60とは、どんな車なのでしょう。

  
3744

なぜ軽自動車のナンバーは黄色なのか?

自動車のナンバープレートは、クルマの用途(自家用・事業用)や種類(軽自動車・普通乗用車、大型貨物など)によって色や大きさ、識別数字、ひらがなが決められています。そのなかで、黄色に黒文字の軽自動車(自家用)用ナンバープレートは、もっとも目立ち、かつ車のボディ色に合わせにくい色と言わ...

  
11733

ガーメントバックやサイドミラーワイパーなど...いまはなき機能・装備6選

自動車が一般的なものになり普及してくると、性能差がなくなり、メーカーは付加価値によって販売を伸ばそうとします。そんな時代に生まれた便利そうで、そうでもない機能や装備を紹介します。

  
10494

後席シートベルト着用率わずか36%!? 義務化されたはずなのに、低い装着率の理由

2008年より装着が義務化された後部座席シートベルトですが、一般道での着用率は2016年時点で36%。前席は、運転席98.5%、助手席94.9%ですから、かなりと低いと言わざるを得ません。なぜ、これほどまで後部座席のシートベルトの着用率が低いのでしょうか。

  
10800

NSX、MR2、ビートなど...個性豊かな日本のMRスポーツ5選

初代NSXを始め、日本メーカーから発売されたミッドシップスポーツカーは、多くの個性と魅力を秘めていました。そんな日本製MRスポーツを、今後の復活に期待を込めて振り返ってみたいと思います。

  
9434

信号機のない横断歩道での対人事故。やはりクルマは100%の過失になるのか?

JAFが2017年8月15日から9月14日にかけて実施した調査によると、信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止する車は、全体の8.5%に留まることがわかりました。90%以上もの運転者が横断者を軽視しており、人身事故の危険性が高いのですが、もし衝突すれば車の過...

  
6603

スポーツカーなどに使われるLSD…車に付けるとどんな効果がある?デメリットは?

スポーツカーのカスタムでよく耳にするLSD。どのパーツのことを指しているか、わかりますか?LSDを装着することによって、どのような効果が得られるのでしょうか?-------------------------------------------------------------...

  
18724

なぜ、レーシングカーのヘッドライトは黄色いのか?

ボディがスポンサーカラーになっていたり、大きく広告が入っていたりと見た目が派手なものが多いレーシングカー。よく見ると、ヘッドライトのカラーが黄色だったり白色だったり、何種類かあるようです。いろいろな規則で縛られているはずのレーシングカーですが、なぜヘッドライトの色が統一されていな...

  
17804

なぜスピード違反取り締まりを「ねずみ捕り」って言うの?

一般にレーダーによるスピード違反取り締まりを「ねずみ捕り」といいます。過去には、一方通行違反者の検挙なども「ねずみ捕り」と呼んでいたといいますが、いつしか頻繁に実施されるスピード違反を指す俗称のようになりました。ところで、なぜ「ねずみ捕り」と呼ぶようになったのでしょう。

  
8032

車庫はなぜ自宅から2km以内でなければならないのか?

新車であれ中古車であれ、自動車を購入する場合に必要となるのが自動車保管場所証明書、いわゆる”車庫証明”です。これがないと、一部地域の軽自動車を除き、自動車を購入することができません。また、その対象となる車庫は、居住地から直線で2km以内とされています。徒歩で2kmといえば結構な距...

  
8957

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」...

2017年3月に新しいタイヤメーカーが日本進出を果たしました。みなさんは「NEXEN Tire(ネクセンタイヤ)」というメーカーをご存知でしょうか。じつは世界では有名、日本では知る人ぞ知るタイヤブランドであるのです。この記事では、メーカーの歴史と強みに触れてみたいと思います。

  
12889

無断駐車罰金◯万円…なぜ場所によって金額が違うの?払うべきなの?

月極駐車場などで『無断駐車お断り。違反した場合は○万円を頂きます』とか、『無断駐車は罰金やレッカー移動代を請求します』といった看板をよく目にします。しかし、金額が1万円だったり10万円だったり、金額がマチマチですよね。違反なら罰金は一律のはずですが、万が一、無断駐車をして訴えられ...

  
5452

日本で一番駐車料金が高い場所、どこか知っていますか?

全国いたるところにあるコインパーキングですが、場所によって料金が異なるのは皆さんご存知の通り。人が集まりやすい街中では料金が高く、郊外などでは安く設定される傾向があります。では、日本で一番駐車料金が高い駐車場は、どこにあるのでしょうか。※今回の調査では、ショッピングモールやテーマ...

  
21191

1,000万円超えもあった!? ランエボX ファイナルエディションとは、どんな車だったのか?

惜しまれつつ生産が終了した三菱のランサーエボリューション。最終モデルとなった”ファイナルエディション”は、世界中であっという間に完売となったことでも、その高い人気を裏付けていました。そんなランエボ ファイナルエディションは、なんと約1,000万円で取り引きされた個体もあったようで...

  
6388

多段ATとCVT、どっちがいいの?

日本は、AT大国でもあります。渋滞、狭い路地や交差点、地方の道路でも信号が多いといった道路事情によって、1980年代終わりごろから、ATはMTの販売比率を上回るようになり、そして進化を続けてきました。現在は、低価格車のほとんどがCVT、高額車では多段ATという使い分けがトレンドの...

  
14731

かつて多くの車に装備されていたコーナリングランプ…減少している理由とは?

ちょっと前のミドルクラス以上のセダンに、装備されていることが多かった「コーナリングランプ」。ウィンカーと連動して側方を照らすライトでしたが、最近の車にはあまり装備されていないようです。なぜコーナリングランプは減少しているのでしょうか?

  
25584

ポルシェ911、1970年製と2017年製を動画で比較!

ポルシェのフラッグシップモデルである911。その歴史は長く、ポルシェを語るうえで、決して欠かすことのできないモデルです。発売から50年以上経つこともあり、デビュー当初の911と現行モデルの911には、伝統として守られてきたことがある反面、スタイリングには隔世の感すらあります。今回...

  
3097

RX-7やスープラ、古いスポーツカーを購入する際、何をみればハズレを引かないのか?

90年代の国産スポーツカーは、現在世界中で人気です。それだけ魅力あるモデルが多く存在した時代は、環境問題でこうしたモデルを作ることが難しくなった現在においては、憧憬の存在ともいえるでしょう。そうしたモデルを購入する際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

  
16500