「消費税」の検索結果(44件)

記事

クルマに乗っていると何種類の税金を払うことになるのか、知っていますか?

クルマを購入するとき、やっかいなのが「諸費用」です。そのなかで大半を占めるのが、各種税金関係です。さらに、クルマを動かせば燃料にも税金がかかっています。こうしてクルマ好きの私たちは、なんと7種類!もの税金を収めているのです。文・吉川賢一

  
1825

車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

2002年にダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)の独立したブランドとして復活を遂げたMAYBACH(マイバッハ)。その後、マイバッハのブランド廃止を経て、2014年にメルセデスのブランドとして再登場しました。この新旧のマイバッハを、発売当時の車両価格やボディサイズ、内装の豪華装備の...

  
11288

プジョー 308に試乗!乗り心地などを評価!〜フランス人のセンスを満喫〜

今回試乗したのは、2014年11月から日本国内販売が開始された、プジョー308です。グレードはベーシックの「Allure(アリュール)」。前回の記事では、内外装デザイン、エンジンについて見ていきましたが、今回は、動力性能やハンドリング、乗り心地など、動的観点から308を解剖します...

  
3332

オンナふたりでスーパーセブン

ときどき街で見かけることのあるオープン・ツーシーター、ケータハム・セブン。見るたびかっこいいなぁと思っていたそのクルマに乗って、ある日、女性2人でツーリングに出掛けることに。セブンってどんなクルマなんだろう? 女性でも運転できるのだろうか?text:若林葉子、 photo:長谷川...

  
1824

ガソリン税に消費税…なぜガソリンは二重課税なの?

1リットルあたり130円のガソリンを購入したとき、そのうちの何割を「税金」として払っているのか、ご存知でしょうか?答えは約5割。金額にして66.23円です。その内訳は、ガソリン本体価格と、ガソリン税、石油石炭税、そして全体の金額に掛かる消費税ですが、これが二重課税ではないか?とい...

  
26388

車を売却したときに、今までに払った税金って戻ってくるの?

車の売却や廃車っていろいろな手続きがあって分かりにくいですよね。車を手放す際に、戻ってくる税金もあるのですが、知らなかったがために損をしてしまうというケースもあります。今回は、車を売却した際に戻ってくる税金、逆に支払わなければならない税金についてご紹介します。これを知っていれば、...

  
3221

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.66 トヨタのしめす水素ワールド

ごく短時間、それもクローズドコース内という限られた条件下だったけれど、ミライに乗った僕は久々にワクワクしていた。こんな感覚を味わったのは…そう、1997年の夏に初代プリウスに乗ったとき以来だ。まったく新しい動力源で走るクルマに乗るというのは、新しい時代の幕開けを全身で味わうことに...

  
166

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.79 TNGAの第一号車

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略。トヨタが推進する「もっといいクルマづくり」の中核を担う技術であり、その第1号車が新型プリウスとなる。プリウスを皮切りに、今後TNGA適用モデルが次々とデビューし、2020年には生産されるトヨタ車の半数、約500万台が...

  
1103

金田のバイクの決定版 〜電動バイクzecOO(ゼクウ)

「なんとか間に合った!」マンガやアニメの『AKIRA』に魅了された人なら、このバイクを見てそう思うことだろう。2020年、マンガと同じく東京オリンピックが開催されると来れば、「じゃあ〝金田のバイク〟はどこだ!?」と、言いたくもなろうというものだ。text:山下敦史 [aheadア...

  
2251

ベスパは難しい乗り物?

跨がなくても乗れるバイク=スクーターという形を初めて確立したベスパ。"服を汚さずに乗れるバイクを作る"という発想がいかにもイタリアらしいエレガントかつレトロモダンなイメージで、「ローマの休日」でアン女王がスカートでローマ市内を乗り回し、「探偵物語」では工藤ちゃんが...

  
669

なぜ地域によってガソリン価格に差が生まれるの?

ガソリン価格には、多くの謎があります。ガソリン価格のみならず石油税やガソリン税にも消費税が課税されているのは、その最たるもの。また同じ日本国内でも地域によって、価格差があります。なぜなのでしょうか?

  
19905

ヴァリエーションモデルとして選んで欲しい VW『e-up!』

「あれま、これは断然電気の方がイイ!」走り出してすぐに感じた印象はコレだった。text:竹岡圭 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.145 2014年12月号]

  
402

日本における「ルノー進化論」

同じブランドでも地域によって捉え方が違うことがある。別のページで触れているスバルもそのひとつ。水平対向エンジンや左右対称4WDは共通なのに、日米で異なるイメージを持たれていて、それに見合った車種を投入し成功している。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.145 2...

  
382

手に入る「ミライ」

トヨタとホンダから水素で発電して走る燃料電池車(FCV)が発表された。市販化はトヨタの「ミライ」が先行するが、ホンダも来年早々には市販化の予定だ。両者は2000年頃からFCVにこだわり、日本では水素関連のサプライヤーを牽引してきた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス v...

  
265

二十歳の僕とクラシック 〜ベスパ スプリント 150

「ベスパ」という名前を聞くと、何をイメージするだろうか。映画好きの方や年配の方などは真っ先に『ローマの休日』でしょ!と口を揃えて言うかもしれない。text:岡崎心太朗 photo:山下 剛 [aheadアーカイブス vol.142 2014年9月号]

  
490

元祖ハイトワゴンのプライド 〜”S-エネチャージ”搭載 新型ワゴンR

'93年に登場した初代ワゴンRは、ハイトワゴンスタイルの軽自動車を世に問うた初めてのモデルであり、その後、ワゴンRのカタチは軽自動車の主流となった。ムーヴもNワゴンもデイズもekワゴンも、実はワゴンRのフォロワーなのである。text:岡崎五朗 photo:長谷川徹 [a...

  
514

ポルシェ 718ボクスターの維持費は?

ポルシェといえば、1,000万円超えのスポーツカーというイメージですが、じつは、1,000万円以下で買えるモデルも多数あります。なかでも「ボクスター」は、ポルシェのエントリーモデルとして1996年に発売。ポルシェ再生のきっかけになったモデルです。現在でも、その位置づけは変わらず、...

  
14803

昔の名前で出ています

私ね、お土産を買うのが好きなんです。地方に出掛けた時はもちろん、日常の行動範囲圏内でも、ついつい美味しいものや珍しいものを探しては、まず自分のために購入。まぁ、ある意味試食ですね。その印象を私の頭の中のお土産リストにデータ化し、気に入った場合は何かの際にどなたかへの手土産になった...

  
505

劇的な変化を遂げたプジョー

ちょっと気の利いたクルマに乗りたい、なんていうのは、きっと自動車を買うすべての人にとって、永遠のテーマなんじゃないかなと、常日頃思っている。text:今井優杏 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
1273

スズキの世界戦略車 −バレーノ

インド発のスズキのグローバルカーが、とうとう日本にやってきた。その名をスズキ・バレーノと言う。アジアを始め、ヨーロッパ、アメリカなど、全世界に向けたグローバルカーを開発するにあたり、その中心となったのが振興著しいインドのマルチスズキだった。text:竹岡 圭 [aheadアーカイ...

  
1893
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives