「浸水」の検索結果(16件)

記事

EVオヤジの未来予想図 VOL.12 悪魔の時代と懺悔の旅

7月初旬に中国、四国地方を襲った豪雨の被害は、日が経つにつれ広がり、死者は200人を超えている。今後、治水、避難指示等、さまざまな原因と問題が論議されるべきだが、この豪雨の基本的な原因は地球温暖化である。温暖化によって海水温が上がり、水蒸気をたっぷりと含んだ巨大な雨雲が発生し、豪...

  
54

万が一、クルマが浸水・冠水したらすべきこと

昨今、台風や洪水の被害が相次いで報道されています。このような被害は誰にでも起こりえることで、クルマが浸水したり冠水したりすることも、他人ごとではなくなってきています。クルマが浸水・冠水した場合にすべきことをチェックしておきましょう。文・吉川賢一

  
2013

台風で飛んできた破片で、クルマにキズが付いた!誰の責任になる?

今年は台風の上陸が多く、日本各地でさまざまな被害がありました。大事な愛車に傷が付き、悲しい思いをされた方もいらっしゃるかと思います。台風のときなど、飛来物によって駐車中のクルマに傷が付いた場合、どのような対応ができるのでしょうか。文・赤井福

  
6150

雨漏りとすき間風、チューニングカーで多いトラブル対策

クルマに乗っていて、雨漏りがしてくる!窓を閉めているのにすき間風が吹いてくる!新車ではまずありえないことですが、チューニングカーでは意外とあるものです。対策を確認しておきましょう。

  
2876

SUVに「シュノーケル」を取り付けると、どんな効果があるの?

皆さんは「シュノーケル」という自動車パーツをご存じですか?主に、オフロード4WDやSUVに使用するものですが、どんな効果があるのでしょうか。最近、日本ではお目にかからなくなったシュノーケルに、スポットを当ててました。

  
31679

パーキングブレーキのレバータイプ、なぜ減ってきたの?

自動車の機械的なブレーキは、フットブレーキとパーキングブレーキの2種類です。フットブレーキは運転時に、パーキングブレーキは駐車時に使用します。パーキングブレーキはサイドブレーキとも呼ばれていましたが、最近、サイドブレーキを見なくなりました。その理由はなんでしょう?

  
105774

メルセデスのGクラスとGクラス 4×4 スクエアードって、なにが違うの?

メルセデスのSUVのなかでも、トップクラスの性能を誇るGクラス。そのさらにうえに位置する「Gクラス4×4スクエアード」というモデルをご存知ですか?今回は究極のSUVの性能について紹介します。

  
4334

近くで山が噴火。その対策と対処法は?

日本には、狭い国土のなかに111の活火山があります。愛車が思いもよらず災害に巻き込まれてしまう、雹被害や大雨による浸水などに加えて、知っておきたいのが、火山噴火による車両への影響です。交通事故には気を付けようと思っていても、自然災害は予期できないもの。今回は、山の噴火に遭遇してし...

  
2952

ガソリン、ハイブリッド、EV、FCV車…火災や浸水時に危険な車はどれ?

台風の季節です。近年は大型台風が日本を直撃し、甚大な自然災害をもたらしています。そのなかには、自動車には大敵の浸水や火災が含まれます。自然災害にあった際、車両にはどのような被害が発生しやすいのか、燃料別に調べてみました。

  
14368

道路が冠水!駐車場の愛車は大丈夫?冠水路を走る際の注意点とは?

8月以降は、大型の台風が日本列島に接近するシーズンです。さらに近年は、集中豪雨による自動車の水没被害も相次いでいます。クルマを愛するものとして、気が気ではありませんね。そこで今回は道路の冠水と、その際の保険について調べてみました。

  
14323

GT-Rが水浸しになりながら走行…冠水路を走る際の注意点とは?

近年、気候が変化しており、夏場では急激なゲリラ豪雨に見舞われることも多くありますね。日本の排水インフラは優れているとはいえ、処理が追いつかないほどの豪雨であれば冠水しますし、排水の弱いところは冠水ポイントともなってしまいます。こうした状況をクルマで走る際、どのような点に注意すれば...

  
14979

ダクトにシャンプー液などが入っても問題ないの?

最近では減ってきましたが、昔のターボ車等のボンネットには、エアインテークダクトが必須といえました。いわばエンジンルームへ通じる穴ともなっており、当然、洗車をすれば、そこからシャンプー液等が入ってしまいます。そのままで、エンジンルームに問題はないのでしょうか?

  
34958

エンジンやマフラーなど…車はどこまで水に浸かるとOUTなのか?

自然災害による洪水などで浸水してしまった場合、そのクルマの修復はほぼ不可能です。とはいえ、日頃から愛車の水没を想定している方は少数派でしょう。台風やゲリラ豪雨など、以前はテレビでしか見たことのなかった光景が、現在では他人事とも言えなくなってきています。ところで、車の水没=廃車は、...

  
59252

水が入っても大丈夫?ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

ターボやスーパーチャージャーといった過給機を装備したクルマには、ボンネット上にエアスクープ=ダクトが付いている車両があります。またアフターマーケットの、カーボンボンネットなどもダクトを多く持っているものが見受けられます。雨中の走行や、洗車時など、水の入る可能性があるわけですが、こ...

  
138611

比較されることが多いドラムブレーキとディスクブレーキ…双方の良さとは?

車のスペックを比較していく中で、「この車はリアがドラムブレーキだからショボい」「あの車は四輪ディスクだからエライ」と、語られる事があります。イメージばかりが先行しているようですが、実際にはどうなのでしょうか?

  
200113

憧れのオープンカー。ソフトトップの良さとは?どんなデメリットがあるのか?

いつの世も、オープンエアクルージングはクルマ好きの憧れの的です。オープンカーの屋根を開けて風を切って走る爽快さ、満天の星空を堪能する充足感、鮮やかな紅葉を味わう奥深さ。ちょっとしんどい時期もあるけれど、日本であればこそオープンカーを楽しめるとも言えます。最近は電動式ハードトップも...

  
135580
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives