「海岸」の検索結果(63件)

記事

【2019年最新版】テントのおすすめ10選!初心者に人気なワンタッチタイプやおしゃれなテントも紹介し...

キャンプの必需品といえばテントですよね。最近ではワンタッチでパッと簡単に設営できるものや、おしゃれで安いものなど様々なテントが販売されています。そこで今回はAmazon売れ筋ランキングと楽天ランキング(ともに2019年7月11日時点)を参考に、上位にランクインしている人気おすすめ...

  
15713

トヨタ、ソフトバンクらが Uber の自動運転開発部門に1,100億円を出資

自動運転ライドシェア車両の実用化へ向けた布石と言えます。

  
801

【車の消臭どうしよう…】人気でおすすめな車の消臭剤をチェック!

タバコやエアコンのカビ臭など、車内のニオイにどう対処していますか?最近では、簡単な取り付け方法でスッキリ消臭してくれるアイテムがたくさんあります。今回は、Amazon売れ筋ランキング(2019年4月22日時点)と楽天ランキング(2019年5月9日時点)上位にランクインしている人気...

  
2080

公道を走らないスーパーカー

最初に「えっ?」と思わされたのは、2005年のこと。さすがにコレはキビシイでしょ……という大方の予想を覆し、すんなり完売しちゃったからだ。そのクルマは、フェラーリFXX。エンツォをベースにして、1155㎏の車体に800ps。29台限定で、価格は2年間の走行プログラムや各種メンテナ...

  
3280

2019年、ドライブで行きたいパワースポット 〜金運・仕事運・家庭運・健康運〜

――2019年、せっかくドライブするなら運がよくなる場所に行きませんか?今年は、九星では「八白土星」という「土」の気をまとった年。この考え方をもとに、「ここに行けば開運間違いなし!」という神社仏閣スポットを、ほしい運気別にお知らせします。第2回目は、金運・仕事運・家庭運・健康運を...

  
4137

SPECIAL ISSUE クラスレスの時代

徹底した階級社会がクラスレスなクルマを生む。カジュアルなはずのSUVにロールス・ロイスやベントレーなどの超高級メーカーが参入する。誠に、人間とは矛盾を孕んだ不思議な生き物だ。吉田拓生氏にはクラシック・ミニの生まれた背景と、ミニが英国社会に与えた影響を、今尾直樹氏にはSUVにプレミ...

  
643

久しぶりのR134

クルマやバイクに乗ると、なぜか海へ行きたくなる。海までたどり着くと、もうそれ以上先へ進まなくても良いからほっとするのだろうか。それとも人は海から生まれたから、繰り返し海へ還りたくなるのだろうか。ともかく、人はクルマやバイクに乗ると海へ向かう。そして海は季節ごとにまったく違う表情で...

  
628

FJクルーザーに牽引されたマグロ型車両の正体とは?

トラックや乗用車に細工を施して、企業や商品をアピールする広告宣伝車両。有名なものでは、レッドブルカーやぴちょんくん号などがあります。そんな広告宣伝車両のなかでも、群を抜いて目立っていると話題のクルマが、はごろもフーズの「シーチキン号」です。2018年から運用を開始したシーチキン号...

  
3362

EVオヤジの未来予想図 VOL.10 震災から生まれたEVの電力供給

5月17日。風薫るお台場を後に、EVスーパーセブンで東北巡礼の旅に出る。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
672

24時間最大1,000円なのに3日間泊めたら2万円越えに!? コインパーキングのトラップとは?

移動に便利なクルマですが、駐車場所に困ることが多々あります。そんなときに頼りになるのが、コインパーキング。近年では最大料金が設定されているところも増え、安心して使える反面、気を付けなければならないこともあるようなのです。文・CarMe編集部

  
5398

秋は、オープンカーのベストシーズンだ!

日本でオープンカーといえば、アメリカ西海岸やハワイなど、温暖な気候の下で乗られているイメージですよね。しかし、いざ日本でオープンカーを走らせようとすると、季節の移り変わりや渋滞など、イメージしたオープンカーライフとの違いに愕然とします。それでもオープンカーに乗りたい場合、ベストシ...

  
3815

これでキャンプに行きたい!VWの「グランドカリフォルニア」ってどんなクルマ?

今年の夏も各地でキャンピングカーを目撃しましたが、ドイツのVW社が新型のキャンパーを発表しました。もはや伝統ともなったVWの「カリフォルニアシリーズ」、その最新版とライバルであるメルセデス・ベンツの最新キャンパーをご紹介します。文・山崎友貴

  
20459

2週間に1回?1ヶ月に1回? 洗車の理想的な頻度は?

クルマは、使っていれば外装が汚れます。この汚れを放置しておくと、クルマが汚らしく見えるだけでなく、塗装面を痛める原因にもなります。では、どれくらいの頻度で洗車をしたら良いのでしょうか。

  
7313

渋滞だから海を走って江ノ島へ!? 水陸両用の道路交通法って?

江ノ島といえば、神奈川県藤沢市にある有名な観光地。その江ノ島に限らず、夏になると水辺の観光地は、車で行くとほぼ渋滞に巻き込まれます。車で水上を移動できたら渋滞知らずで便利ですが、日本の道路交通法で水陸両用車を走らせることはできるのでしょうか。今回は、江ノ島を例に紹介していきたいと...

  
7502

オンとオフ、日常と冒険 ジムニーで行く1,850㎞の旅2 四国編

林道とは、林業のための道であり、地元の人の生活道路でもあり、静かに歴史を刻む道でもある林道に入ってみたい。——そう思ったら、どんな準備をし、何に気を付ければいいのだろう。今回は4×4マガジンの河村さんと一緒に、APIOのジムニーで四国へ向かった。text:河村 大 photo:山...

  
1404

三好礼子 バイクとクルマのその後に

18歳でのオートバイ日本一周ツーリングに始まって、バイク三昧、砂漠三昧の日々。いつも人よりちょっと先に、楽しいことを見つける天才。それが三好礼子という人だ。バイクとクルマのそのに、彼女が見つけたものとは…。text:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol...

  
6945

Road & Sky

クルマ、バイクメーカーの中には飛行機を生産していた会社が数多くある。内燃機関の進化はクルマやバイクだけではなく、飛行機の進化ともリンクしていたからだ。しかしそれ以外にもクルマやバイクは飛行機と感覚的な部分でつながっている。text:山下 剛、森崎佳成、後藤 武 photo:長谷川...

  
2158

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
590

幕末の香り漂う山々へ〜マツダ・アクセラ

鹿児島というと何を連想するだろうか。桜島、錦江湾、開聞岳。薩摩隼人、島津氏、西郷隆盛、篤姫…。改めてクルマを走らせてみると、山々を行くうち、心に浮かぶのは幕末のことだった。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹[aheadアーカイブス vol.137 2014年4月号]

  
864

セグウェイってどんな乗り物?

セグウェイ。誰でも一度は目にしたことがあるはずの、この楽しげな乗り物。どこの国で生まれたの? どんな風に操作するの? 乗ったらどんな感じなの? 実はもう、日本でもセグウェイに乗れるところがあるんです。未来のもの、と思っていた乗り物も、いつの間にか実用化が目の前まで来ていたり。知っ...

  
4102
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives