「気筒数」の検索結果(18件)

記事

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
658

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
273

新たなるオーセンティック 〜YAMAHA XSR900

ここ数年ヤマハは、20年…いや30年先を見据え〝YAMAHA〟というブランドの骨格をアップデートしていた。そしてその作業を終え、新たな幹から伸びる枝葉に、早くも実をつけ始めたようだ。「XSR900」の国内販売を受け、そう強く感じた。text:河野正士、伊丹孝裕 photo:長谷川...

  
638

DEUS BIKE BUILD OFF 2016

1980年代に起きた第2次バイクブームの象徴は『速さ』であり、レーサーレプリカブームによって毎年フルモデルチェンジが行われるような開発競争へとつながった。速さは正義であり、メーカーはより高度に進化したスペックを追い求め、ユーザーはそんなバイクをもてはやした。text/photo:...

  
167

V12、W16、H16…エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのか?

超高級車やスーパーカーには、多気筒エンジンが搭載されています。エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのでしょうか?

  
15516

新型センチュリーに搭載されず…今後国産車はV12エンジンを搭載しないのか?

東京モーターショー2017において、トヨタ センチュリーのプロトモデルが発表になりました。センチュリーと言えば、国産車唯一のショーファードリブンカーで、唯一V型12気筒エンジンを搭載したモデル。ですが、発表された新型に搭載されていたのはV型8気筒+モーターというハイブリッドシステ...

  
52131

水平対向、直列、V型…どれが最も優れているエンジンと言えるか?

自動車用エンジンにはさまざまな種類があり、同じ気筒数でも直列だったりV型だったり、あるいはスバルやポルシェのように、その形式自体を宣伝文句とした水平対向エンジンまであります。同じメーカーでも複数のエンジン形式があるのは、それぞれに長所・短所があるからです。

  
51344

国内初採用は三菱!? 気筒休止エンジンとは何か?

気筒休止エンジンをご存知ですか?言葉のとおり、エンジンのいくつかの気筒を止めて、燃費改善を狙ったシステムで、日本では三菱やホンダが採用していましたが、それほど認知されていません。それはなぜなのか、気筒休止エンジンの仕組みや歴史、背景を見ていきましょう。

  
7496

なぜポルシェとスバルだけが水平対向エンジンを採用するのか?

現在、世界で水平対向エンジンを採用しているのは、日本のスバル(トヨタとの共同開発生産車含む)と、ドイツのポルシェのみ。以前は、アルファロメオやシトロエンなどにも採用されていた水平対向エンジンですが、最近ではめっきり減ってしまった印象です。その要因は何があるのでしょうか。

  
70800

M2 vs RS3 vs A 45…それぞれ何が違うのか?

ドイツ車ならではの高品質と優れた実用性で日本人の心を捉えたフォルクスワーゲン・ゴルフ。欧州ではCセグメントに属する使い勝手のよいコンパクトハッチの代表格ですが、このクラスにはプレミアムブランドにも魅力的なクルマたちが用意されています。

  
28030

日産 GT-RとアウディRS6の高性能4WD対決!どちらが速い?

日産GT-R、日本の誇るスーパースポーツカーの1つに数えられる車...ノーマルのスペックの高さから、国内•海外問わずファンが沢山居る事でも知られる車です。今回はそんな日産GT-Rとスペックが近い市販車、4WD(フルタイム4WD)市販車を世の中に真っ先に出した4WDのパイオニア、ア...

  
44513

減少する気筒数…BMWがターボ化を進めてきた理由とは?今後の方向性は?

「今のBMWはターボエンジンに熱心」と書くと、昔からのBMWファンの中には眉をひそめる方もいるかもしれません。しかし、調べるとそこにはBMWだけでなく、EUの自動車を取り巻く深い事情が見えてきました。

  
38999

生産台数419台のフェアレディZ432…搭載されたS20エンジンは何が良かったのか?そのエンジン音は...

直列6気筒エンジンと言えば、車好きなら一度は乗ったことのある、もしくは乗ってみたいレイアウトではないでしょうか。第2世代のスカイラインGT-RのRB26DETTやBMWのシルキーシックスなど、フィーリングや排気音質は4気筒やV型とも異なる正統派の魅力を備えています。国産車の中で、...

  
110697

V10からV8へ!なぜ、BMW M5はV8へ舵を切ったのか?

BMW M5…BMWが誇るハイパフォーマンスセダンの一つです。スポーツ性能としてはM3/M4の方が勝るものの、その暴力的なパワーとスタビリティは他の車と比べようもありません。そんなM5の現行モデルはV8ですが、一つ前のモデルはV10でした。エコを気にするようなモデルではないM5が...

  
71197

税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

今や車のエンジンと言えばエコや低燃費など時代はすっかり環境性能を優先しており、国産車も輸入車もダウンサイジングが主流となりました。大排気量でなくともパワフルでしかも燃費が良いとなると、もはや排気量は不要の時代となったのでしょうか?いいえ、まだまだ一部のメーカーや車種のトップグレー...

  
80855

V6、直4…レイアウトの違いで性能はどれほど変わるのか?

筆者が車に乗り出した90年代は、排ガス規制も今ほど意識されず、どちらかというとエンジンはどれだけパワーがあるか、排気量が大きいかなど、ハイパフォーマンス至上主義ともいえる時代だったように思います。当時の一般的なファミリーカーは直列4気筒エンジンを搭載していることが多く、V型エンジ...

  
67048

なぜV8エンジンは人々を魅了し続けるのか?

V8エンジンは、4気筒エンジンをクランク部分で2つつなげた構造で、大排気量をコンパクトに実現できるメリットがあります。パワーがあるだけでなく、その見た目も美しいということで多くのドライバーに愛されてきました。そんなV8エンジンがどのように誕生したのか、なぜ現在も人気があるのかなど...

  
113861

ランボルギーニでもっとも「売れた車」と「売れなかった車」はコレだ!

ランボルギーニは1962年設立以来、数々のスーパーカーを世に送り出してきました。この50年以上の経営のなかには、ヒットモデルもあれば、まったく売れなかった鳴かず飛ばずのモデルもあります。そんな歴史のなかで、もっとも売れたモデルと、もっとも売れなかった量産車を紹介します!※今回は、...

  
39186
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives