「比較」の検索結果(787件)

記事

オフロード車のタイヤの扁平率がとても高いのはなぜ?

昨今のクロスオーバーSUVは、オンロードユースを前提に設計されていることもあり、タイヤは低扁平のロード用タイヤを装着しているものがほとんどです。その一方で、FJクルーザーやランクル、パジェロなど、オフロードの得意なクロカン系SUVのタイヤは、サイドウォールが分厚い高扁平率です。な...

  
76

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多くのファンが「E-TYPE」の名を挙げるに違いない。文・武田公実

  
2855

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
7308

トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタの新型車発表のときによく目にする「TNGA」という文字。2015年末、4代目プリウスに初めて導入されたものですが、これはいったいなんのことで、導入によってどんな効果が期待できるのでしょうか。改めて振り返ってみましょう。文・吉川賢一

  
3924

いまも多くのマニアに愛される「サニトラ」は魅力がいっぱい

“サニトラ”の愛称で、いまも多くのファンに愛されている日産サニートラック。生産中止から20年以上経つ商用車なのに、一向に人気が衰えないのはなぜなのでしょうか?その人気の秘密に迫ります。文・山崎友貴

  
6371

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイリングで巷の話題を呼びました。今回は、このモデルにスポットを当ててみたいと思います。文・山崎友貴

  
12016

憧れのオープンスポーツカー、価値観を一変させてくれた中古 ポルシェ ボクスター987との出会い記。

911を筆頭に世界中のファンの心を掴んで離さないポルシェ。今回は、そんなポルシェのボクスターを紹介します。そのオシャレなスタイルと比較的手に入れやすい価格帯であることから、一度は購入候補に挙がったこともあるのではないでしょうか。文・大塩健史

  
2598

“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

マツダ・ロードスターと言えば、世界中の人々を魅了してきたオープン2シータースポーツです。すでに4代目となっていますが、いまだ輝きを失っていないのが、初代NA型です。そして、いまこのNA型はある話題で湧いている旬なクルマでもあるのです。文・山崎友貴

  
5462

開発車両をサーキットで走らせる。すべては「安全で良い車を作る」ために…

覆面や渦巻き模様をペイントした開発車両が、サーキットでテスト走行している写真を、雑誌やインターネットで見かけること、ありますよね。メーカーがわざわざサーキットで開発中の車を走らせるのには、どんな理由があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
11067

【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは比較にならない「CU...

キャデラックXT5クロスオーバーは大ヒットモデルとなったSUV「SRX」の実質後継モデルである。このSRX、2012年にキャデラックの新しいインフォテインメントシステムである「CUE(Cadillac User Experience)」が搭載されたが、続くATSにも搭載された日本...

  
3535

高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに?

ピクトグラムという言葉をご存知でしょうか?馴染みのあるところだと、デパートや駅などのトイレの案内板に描かれてる人形のマークのことです。文字よりも視覚的に表現することで、情報をわかりやすく誰にでも伝えるものです。そのピクトグラムは、高速道路でも目にすることがあります。

  
15414

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
3227

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.73 スマホが変える車載器の未来

先日、海外取材でドイツとオランダを1200㎞ほど走ったのだが、そのとき大いに役立ったのがiPhoneと車載ナビ/オーディオを接続して使うアップルの「CarPlay」だった。自分のiPhoneを純正ケーブルで接続すると、電話、ミュージック、メッセージなどお馴染みのアイコンがナビ画面...

  
1421

タイヤのパンクの種類とその対策まとめ

春になり気分も高揚し、週末には長距離ドライブに出かけたくなりますよね。冬が終わりすでにタイヤ交換を済ませていると思いますが、ドライブの前にもう一度、タイヤを確認してみてください。いろいろな見落としが、パンクの原因になるのです。

  
3901

レッドブルエアレース 室屋義秀はなぜ勝つことができたのか?

2016年6月5日、究極の3次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの日本大会で日本人パイロット室屋義秀が優勝した。最後まで気が抜けないレースだった。決勝戦で最後にフライトしたマーティン・ソンカは中間のラップタイムで室屋を一時上回る見事なフライトを...

  
117

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.84 BMWのテーマパーク

特集原稿でも少し触れたが、お台場にオープンした「BMWグループ東京ベイ」は度肝を抜く規模とクォリティをもつ施設だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.164 2016年7月号]

  
722

フェアレディZ、ソアラ、RX-7…"ネオクラシックカー"のススメ

最近、「ネオクラシックカー」が注目を浴びています。日本車の場合、「クラシックカー」と呼ばれる車が1960年代から70年代あたりを指すのに対して、「ネオ」はそれよりも新しい世代、つまり1980年代から90年代頃までの車を指します。

  
7987

”新車価格4,000万円以上が中古では数百万円から” BENTLEY Arnage(ベントレー アル...

英国が誇る貴族のためのドライバーズカー、それがベントレーです。アストンマーティンと並び、英国貴族の誇りとも言えるベントレーなだけに新車価格は想像以上に高額です。今でこそ、エントリーモデルとも言えるコンチネンタルシリーズが2003年に登場したおかげで2000万円台から購入可能となり...

  
17720

実用的なスタンダートタイヤ KUMHO ecowing ES31をテスト

CarMe編集部ではこれまで、クムホタイヤの実力を確認するためいくつかのタイヤを評価してきました。いずれのモデルも期待を裏切らない高い性能を見せつけてくれましたが、これはすべてプレミアム系タイヤでの話。真の実力というのはベーシックなモデルを評価してみないとわからないということで、...

  
3056

赤、青、白。切符の違いを知っていますか?

交通違反をすると、もれなくついてくる赤や青の「切符」。青切符は駐車違反など比較的軽い違反、赤切符は酒気帯び運転など重い違反に交付されます。また、赤と青以外に白も存在します。これらの切符を切られてしまった場合、どのような処分が待っているのでしょうか?

  
4557
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives