「欧州車」の検索結果(88件)

記事

国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

ホットハッチと聞くと、なんとなく欧州のコンパクトカーを思い浮かべる方が多いと思います。それは、海外(特に欧州)メーカーに対して、日本車でホットハッチ的なクルマが少ないという理由もあるでしょう。日本のホットハッチは、海外に比べるとマーケットが小さく、メーカーも力を入れているとは言い...

  
2239

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種を、国産車のなかから5台を選びました。あくまでも個人の感想です。

  
4413

アメ車、イタ車、仏車、日本車など、国による車の特徴の違い

よく日本車は金太郎飴、アメ車は大味、フランス車はネコ足、イタリア車はデザイン、ドイツ車は質実剛健などと評価されます。最近でこそ、その違いは薄れてきましたが、いまだに生産国によりそれぞれ特徴があります。どんな違いがあるのでしょうか?

  
4872

アルトワークス、遊んだデザインと実用性高いカスタムでどんな車に?

新型車のチューニングパーツ製作から、旧車のレストアまで、技術力を活かし幅広く手掛ける埼玉のオートクラフトと、オリジナルデザインに溶け込むラインが特徴のエアロパーツを得意とするガレージ・ベリーがコラボレーション!遊べて、実用性も高いチューニングを施したアルトワークスはどんな車になっ...

  
4407

高級車に多いボンネットマスコット…なぜ最近減っているのか?

最近、めっきり見かけなくなったパーツのひとつにボンネットマスコットがあります。かつては、高級メーカーの作るサルーンには、必ずといって良いほど光輝いていたボンネットマスコットは、どこに消えたのでしょうか。

  
8372

やっと動き出したEU自動車関税問題!今後、どうなるの?

ベルギー・ブリュッセルで行われた日欧EPA交渉は、2017年7月5日に主要部分でほぼ決着。日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)は、「大枠合意」となりました。これにより自動車は、これまで日本車に対して掛けられていた関税10%が、7年間かけて撤廃されます。もともと、日本は輸...

  
2198

一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

昔のフェラーリが26億円で落札されたり、日本でもトヨタ 2000GTが話題になったりと、古き良き時代のクルマが人気を集めています。今回は世界的に有名なヒストリックカーイベントをご紹介します。来年のご旅行先にいかがですか?

  
2473

欧米で販売網を広げるジェネシスは、どこのブランド?

ヒュンダイ自動車が日本を撤退してからは「やはり需要がなかったか」と思っている方もいるかもしれません。しかしそれは日本だけでの話であって、世界的に見れば事情は変わってきます。デザイン性や機能性は目を見張るものがありますし、性能も欧州メーカーに引けを取らないまでになっているようです。...

  
15806

欧州高級サルーンにもベストマッチな国産ホイール-WORK GNOSIS-GR205

BMW5シリーズのエクステリア、その魅力を表現するなら"ダイナミックでエレガント"というキーワードに集約されるのではないでしょうか。ワーク「GNOSIS」シリーズは疾走感とスポーツ性を巧みに両立したエレガントなスポークデザインを採用、5シリーズなど欧州車プレミアム...

  
5918

なぜ国産車のブレーキは効きが悪いのか?

ドイツ車に対して「高速域での安定性」や「国産車とのブレーキの効きの違い」といった称賛のレビューやコメントを耳にします。しかし、それほど国産車のブレーキの効きは悪いのでしょうか?

  
11880

フェンダーアーチとタイヤの隙間、広い場合と狭い場合のメリット・デメリット

愛車をサイドから眺めた際、タイヤとフェンダーのすき間を見て「もう少し車高が下がればカッコいいのにな…」なんて思ったことはないでしょうか。しかし安易に車高を下げるべきではないのかもしれません。フェンダーアーチとタイヤの関係。その意義といったものを考えてみましょう。

  
6501

AT車のシフトにある2、1速レンジ…最近見かけなくなってきたのはなぜ?

少し前のオートマ車(以下AT車)のシフトには、Dレンジの他に、2、1といったレンジがありましたよね。しかし、最近のモデルでこうした表記を見ることは、ほとんどありません。これはなぜでしょうか?

  
28135

新型フォードGT、人気のためデリバリー2年遅れ!? 性能を大幅アップしたその内容

フォードGTは、その名前の通りフォードが販売していたスポーツカーです。わずか1,500台しか生産されなかったために、非常に価値の高い車ですが、その2代目がデビューすることとなりました。

  
13636

これはホットハッチか?スポーティに生まれ変わったCX-3

鼓動デザインを与えられたCX-3は、無骨さと洗練のあいまった完成度を誇っている一方で、マットブラックの「SUVらしい」パーツが主張している。もちろんSUVでたらしめるデザインであるものの、素っ気なさを感じるのも事実。そこにスポーティなエアロパーツとクロームメッキを随所に施したのが...

  
10754

現代や第一汽車など…アジアメーカーの新車を日本で買うことはできるのか?

中国、韓国、インド、マレーシアと、アジア沿岸部の幅広い地域にかけて、自動車が生産されています。多くは国内もしくは東南アジア市場向けですが、なかにはヨーロッパや北米で販売される世界戦略車もあります。そんなアジアメーカーの車両は、日本で購入ができるのでしょうか?いや、そもそも日本法人...

  
7415

マフラーセンター4本出し…現行コルベットってどんな車?

海外のスポーツカーといえばフェラーリ、ポルシェ、ランボルギー二といった欧州車がすぐ頭に浮かびますが、アメリカだって負けてはいません。シボレー コルベットがあります。環境に厳しい現代にあっても、アメリカンマッスルカーとして君臨するコルベットを紹介します。

  
10029

デザインと機能性の融合。GARAGE VARYの提案する快速HONDA S660

「より良いものをより高いクオリティーで」を基本理念に、常にユーザーニーズに即したエアロパーツを作り続けてきたガレージ・ベリーの名前は、マツダ・ロードスターや欧州車ユーザーには、つとに有名。その製品は、デザイン、仕上げともに多くのリピーターを生んでいるという。そんなガレージ・ベリー...

  
7779

いまさらですが、ボクスター981と718って何が変わったんですか?

ポルシェが販売するオープンモデル「ボクスター」。先代モデルの981型は2012年に登場し、わずか4年で718型が登場しました。海外メーカーとしては短期間でのモデルチェンジでした。デザイン的にもほとんど変わらなかったこともあり、981型と718型の区別は、好きな人でなければ難しいか...

  
13679

【車の豆知識】欧州車に多いダウンサイジングターボ…そもそもターボってどんな仕組み?

欧州車を中心に広がりをみせているダウンサイジングターボ。いまやスポーツカーも、ダウンサイジングターボを採用するケースが増えています。一方、日本では1990年代に隆盛を誇ったターボ車ですが、いつしか一部のスポーツカーだけのものになっていました。そんなターボとは、どんな機構なのでしょ...

  
9476

5.0L V8エンジンのレクサスLC…メルセデスやBMWを抜かすことはできる?

レクサスのニューモデル、レクサスLCがリリースされます。これまでのモデルと違い、LCにはかつてトヨタ ソアラが担っていた「フラッグシップクーペ」としての意味合いがあり、またレクサスのブランド力が試される重要な一台といえます。

  
21313