「欧州車」の検索結果(98件)

記事

2018年最も安全な車は?アメリカ(IIHS)が発表!

アメリカのIIHS(アメリカ道路安全保険協会)が、その年に発売されたモデルのなかで安全性の高い車を選ぶ、 TOP SAFETY PICK award(トップ セーフティーピック アワード)が、今年も発表になりました。今回アワードに選ばれたのは62車種。そのなかから、より安全性が高...

  
6052

知らない間に減っている ブレーキの簡単・確実なメンテナンス法とは

タイヤと同様に、ブレーキは確実に減る “消耗部品”。ただ摩耗スピードが比較的遅く、目につきにくい箇所にあるため、減りになかなか気づけません。重要保安部品にも関わらず、タイヤに比べて減る意識がまだまだ低いブレーキ。そこで、誰もが簡単・確実にできる点検方法をブレーキメーカーのディクセ...

  
11708

自動車のバッテリーを大きくする、そのメリットとデメリットは?

ハロウィーンも終わり、街にはクリスマス用イルミネーションが目立つようになりました。さて、みなさんの愛車の冬対策は済みましたか?意外と見落としがちなのがバッテリー。本年度これまでにバッテリー上がりやエンジンのかかりが悪いと感じた方は、本格的な冬を前に新品に交換したほうがベターです。...

  
20171

なぜヘッドランプウォッシャーの採用車は増えているのか?

欧州車に多くみられるヘッドランプウォッシャー。最近では、日本車にも採用される車種が増えてきました。どんな時に使う装備なのでしょうか?

  
45464

国内で50車種以上販売されているクリーンディーゼル。あのブランドも!?

マツダの貢献もあって、日本でもクリーンディーゼルが注目されるようになっています。ガソリンよりも燃料代が安く、トルクフルなエンジン特性に気づいた人が乗り換えをはじめています。そんな市場動向に呼応するように、新車で購入できるクリーンディーゼルモデルが増えています。

  
3192

燃費も良好で価格も割安!FFのSUV車5選

近年、クロスオーバーSUVの人気が高まったこともあり、各メーカーさまざまなSUVをラインナップしています。車高が高く、4WDイメージの強いSUVですが、いまではFFモデルも多く存在し、都市部のユーザーを中心に販売を拡大しています。ワイルドかつタフな見た目で、取り回しも良好。さらに...

  
13733

新型比較!メガーヌとシビック タイプR、どちらを買う?

2018年導入予定のルノー メガーヌR.S.と、ひと足早く発売されたシビック タイプR。両車は、FF最速カーを目指してつくられているモデルです。あなたなら、どちらを買いますか?

  
6100

なぜ輸入車にはハイオク仕様車が多いのか?

輸入車といえば、ほとんどの車種でハイオクガソリン指定となっています。「外車=高い」という方程式は、ガソリン代による維持費の高さも影響しているのではないでしょうか?でもなぜ、輸入車の多くはハイオクガソリン指定なのでしょうか?レギュラーガソリンを入れた場合はどうなるのでしょうか?

  
8369

ガソリンのハイオクとヴィーゴ、なにが違うの?

ガソリンスタンドで給油する際、ハイオクかレギュラー、はたまた軽油、といった油種をまず選ぶことからスタートします。しかし最近、ヴィーゴと表記された油種を見かけることはありませんか?

  
17693

端正なデザインのホイールこそが、欧州車によりマッチする。- Team Sparco BALLARE-

ひと口にヨーロッパ車といっても、ドイツ車、イタリア車、フランス車などさまざま。走行性能や快適性、実用性など、ブランドやモデルによっても、長所や注目すべき部分は異なります。しかし、端正なデザインはヨーロッパ車に共通する魅力。それゆえ、ホイール選びに悩むという方も多いと思いますが、ト...

  
2456

国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

ホットハッチと聞くと、なんとなく欧州のコンパクトカーを思い浮かべる方が多いと思います。それは、海外(特に欧州)メーカーに対して、日本車でホットハッチ的なクルマが少ないという理由もあるでしょう。日本のホットハッチは、海外に比べるとマーケットが小さく、メーカーも力を入れているとは言い...

  
6803

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種を、国産車のなかから5台を選びました。あくまでも個人の感想です。

  
9480

アメ車、イタ車、仏車、日本車など、国による車の特徴の違い

よく日本車は金太郎飴、アメ車は大味、フランス車はネコ足、イタリア車はデザイン、ドイツ車は質実剛健などと評価されます。最近でこそ、その違いは薄れてきましたが、いまだに生産国によりそれぞれ特徴があります。どんな違いがあるのでしょうか?

  
7443

アルトワークス、遊んだデザインと実用性高いカスタムでどんな車に?

新型車のチューニングパーツ製作から、旧車のレストアまで、技術力を活かし幅広く手掛ける埼玉のオートクラフトと、オリジナルデザインに溶け込むラインが特徴のエアロパーツを得意とするガレージ・ベリーがコラボレーション!遊べて、実用性も高いチューニングを施したアルトワークスはどんな車になっ...

  
13612

高級車に多いボンネットマスコット…なぜ最近減っているのか?

最近、めっきり見かけなくなったパーツのひとつにボンネットマスコットがあります。かつては、高級メーカーの作るサルーンには、必ずといって良いほど光輝いていたボンネットマスコットは、どこに消えたのでしょうか。

  
11162

やっと動き出したEU自動車関税問題!今後、どうなるの?

ベルギー・ブリュッセルで行われた日欧EPA交渉は、2017年7月5日に主要部分でほぼ決着。日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)は、「大枠合意」となりました。これにより自動車は、これまで日本車に対して掛けられていた関税10%が、7年間かけて撤廃されます。もともと、日本は輸...

  
4622

一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

昔のフェラーリが26億円で落札されたり、日本でもトヨタ 2000GTが話題になったりと、古き良き時代のクルマが人気を集めています。今回は世界的に有名なヒストリックカーイベントをご紹介します。来年のご旅行先にいかがですか?

  
3503

欧米で販売網を広げるジェネシスは、どこのブランド?

ヒュンダイ自動車が日本を撤退してからは「やはり需要がなかったか」と思っている方もいるかもしれません。しかしそれは日本だけでの話であって、世界的に見れば事情は変わってきます。デザイン性や機能性は目を見張るものがありますし、性能も欧州メーカーに引けを取らないまでになっているようです。...

  
16256

欧州高級サルーンにもベストマッチな国産ホイール-WORK GNOSIS-GR205

BMW5シリーズのエクステリア、その魅力を表現するなら"ダイナミックでエレガント"というキーワードに集約されるのではないでしょうか。ワーク「GNOSIS」シリーズは疾走感とスポーツ性を巧みに両立したエレガントなスポークデザインを採用、5シリーズなど欧州車プレミアム...

  
7822

なぜ国産車のブレーキは効きが悪いのか?

ドイツ車に対して「高速域での安定性」や「国産車とのブレーキの効きの違い」といった称賛のレビューやコメントを耳にします。しかし、それほど国産車のブレーキの効きは悪いのでしょうか?

  
17235