「村上智子」の検索結果(34件)

記事

久しぶりのR134

クルマやバイクに乗ると、なぜか海へ行きたくなる。海までたどり着くと、もうそれ以上先へ進まなくても良いからほっとするのだろうか。それとも人は海から生まれたから、繰り返し海へ還りたくなるのだろうか。ともかく、人はクルマやバイクに乗ると海へ向かう。そして海は季節ごとにまったく違う表情で...

  
624

鎌倉さんぽ、開運の旅

いつものルートで、いつものドライブ。気にはなっているけれど、ついすっ飛ばしてしまう、そんな場所はありませんか。思い切ってクルマを停めて、歩いてみたら…いつものドライブ風景も、違って見えるかも知れません。text:村上智子 photo:山岡和正 [aheadアーカイブス vol.1...

  
520

女性ドライバーが知りたい夏の日差し対策

日焼け止め、アームカバーに、ストール…。強い日差しは気になるが、外出しないわけにもいかない。女性ドライバーにとっても、夏は紫外線と闘うシーズンでもある。日差しとクルマを巡る現状について探っていくと、ちょっと先行く日差し対策が見えてきた。text:村上智子 photo:山岡和正 [...

  
1608

リノベーションという選択

今、住宅業界の中では“中古物件をリノベーションする”というスタイルが注目を集めている。新品であることより、自分の価値観を持って暮らしたいという人が増えているのだ。住まいのことで悩むのなら、「賃貸と購入どちらが得か」ということよりも、「どうすれば自分の価値観やライフスタイルにあった...

  
1100

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.3 ストーリーのある空間

ヒストリックカーの実車が展示されている2階には、狭い一本道の通路が印象的な、ミニカー&ブックショップ「グリース」がある。text:村上智子 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
858

ロングセラーの継承者 アイメトリクス「コリント」

ロングセラー商品となる秘訣は、時代の好みに合わせ少しずつ変化させていくことだ、と聞いたことがある。「昔と全く同じ」などと思っている定番品でも、原点はそのままに、味付けやパッケージなどを気付かないほどのさじ加減で変えているから、時代を超えて愛され続ける存在になるのだという。text...

  
1467

東京クルマ探訪 春休みに行きたいクルマのある場所

自分が乗っているクルマ、街で見掛けるクルマ。それ以外のクルマを見たり、触ったり、乗ったりできる場所ってないの?そんなふうに思ったことはありませんか。ユニークで、楽しくて、夢がある。そんな施設をご紹介します。春休みに是非、ご家族で足を運んでみてください。text: 村上智子 pho...

  
482

新しい移動のカタチ チョイモビ ヨコハマ

「あそこも観光したいけど、歩くのはちょっと遠いね」「でも、いちいちタクシーを使うほどでもないし」「どうする? 諦める?」。こんなやり取りを解消してくれるような新しい移動サービス「チョイモビ ヨコハマ」が、横浜市で始まっている。日産自動車と横浜市による期間限定の超小型電気自動車カー...

  
887

トヨタの純正カーナビ機能をアプリで手に入れる「smart G-BOOK」

トヨタが純正カーナビのみで展開していた情報を、一般向けサービスへと進化させた。それが、スマートフォン向けテレマティクスサービス「smart G-BOOK」だ。カーナビ機能に留まらないというこのアプリ、果たしてどんな実力を持っているのか。text: 村上智子 [aheadアーカイブ...

  
697

「ベビー用品ではないことが 決め手でした」〜タカタを選んだ理由

「いわゆるママ友たちと“あの掃除機がいいらしいよ”といった口コミで盛り上がることはあっても、チャイルドシートが話題になることはまずないですよねぇ」と残念そうに話すのは、桜井裕美さん。かつてはサーキットに通っていたほどのバイク乗りであり、現在は三児の母である裕美さんにとって、チャイ...

  
1300

夜迷い言 2013夏

30代で、結婚し、いったん仕事を辞め、クルマも手放した元ahead編集部の村上、40代に入っても、独身で仕事を続ける若林。今はまったく違う人生を送る二人が、これまでを振り返り、クルマのこと、仕事のことを語り合った。まとめ・村上智子 写真・渕本智信 [aheadアーカイブス vol...

  
394

第43回 東京モーターショー 2013

第43回東京モーターショー2013が、11月22日(*一般公開は23日スタート)〜12月1日まで東京ビッグサイトにて開催される。歴史的節目となった前回は、開催地を東京に戻すなど装いを新たに、来場者を大幅に伸ばした。今回も引き続き技術立国・日本として〝世界一のテクノロジーモーターシ...

  
440

femme特集 しなやかに、そして したたかに。犬と生きる英国人女性エリザベス・オリバーさん

大阪で、動物たちの保護活動を続けている一人のイギリス人女性がいる。来日して40余年。70歳を超えてなお、愛車のランクルを自在に操り、精力的に動き回る。動物保護活動というライフワークに取り組み続けるエリザベス・オリバーさんを訪ねた。text:村上智子 photo:長谷川徹 [ahe...

  
442

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.1 歴史が生きる場所 お台場メガウェブ...

たとえ興味がなくても、純粋な情熱や意気込みを感じとったとき、人は惹きつけられてしまうものだ。東京・お台場にある「ヒストリーガレージ」は、買い物のついでに足を踏み入れた客ですら、思わず足を引き止めさせてしまうチカラがある。text:村上智子 photo:渕本智信 [aheadアーカ...

  
303

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.2 息をするクルマ

ヒストリーガレージの2階には、1950年代から'70年代までの貴重な名車がコレクションされている。トヨタ車はもちろん、メッサーシュミット、キャデラック62パレードなどなど、街中ではなかなか見られない世界のヒストリックカーが、常時入れ替わりで25台ほど展示されている。いや...

  
550

“カスタムカー”の壁を崩したい 〜オーテックとはなにか

スマホにカバーを着けるように、周りの人とひと味違うアイテムにカスタマイズすることには積極的でも、「じゃあクルマは?」と問われると答えに詰まってしまう。“クルマのカスタマイズ”という響きが、どうも自分の趣味やセンスと違うんじゃないか、マニアックなんじゃないかと連想させるからだ。te...

  
1219

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.4 百年の流れをつくる

クラシックカーや本、ミニカーという静的なイメージの2階に対し、1階はモータースポーツ色で彩られている。レーシングマシンが展示された中庭は開放的な印象だ。text:村上智子 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
631

“分かる人”が作った愛車のためのローン

少し旧いクルマを修理に出した時、入手が難しい部品調達や修理の手間やらで、想像を遥かに超える見積もりが出てショックを受けた経験がある。「本当に好きな人は、人生を懸けるくらいの気持ちで趣味を維持している」というから、こういうことは珍しくはないのだろう。text:村上智子 [ahead...

  
788

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.6 匠と語り合える場所

先月紹介したナニーニ・カフェでは、大きなガラス越しに、ある作業風景を楽しめる席がある。子どもを抱えた父親や国内外からの観光客が、その様子をじっと見つめたり、カメラに収めたりしている。だが、大きなガラスの向こうに見えているのは、厨房でも料理をするコックでもない。text:村上智子 ...

  
638

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.8 こだわりは究極のサービス精神

ヒストリーガレージがこれほど世界観にこだわってこられたのは、「こうすればもっと面白くなるんじゃないか」という欲をスタッフ全員が共有しているから。彼らの発想は、時にオリジナル作品となって現れる。text:村上智子 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.123 20...

  
1645
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives