「最高速度」の検索結果(253件)

記事

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。COTYはあらかじめ投票で10台のクルマをノミネート(10ベストカー)し、その10台のなかから最終選考で順位を競う。ここでもっとも多くの得点を獲得したクルマがその年のカーオブザイヤーとなるわけだ。text:岡崎五朗 [ah...

  
912

新局面を迎えたアンダー400

昨年11月、ミラノショーが開催された会場で日本のメディアは2台のアンダー400に注目した。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1月号]

  
418

埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「ポルシェ 928」

初恋というのは、ほんのりとした淡い憧れじみたものだったり、いきなり熱病のような重篤なものだったりする。その双方の普遍的な対象としてポルシェの名前を挙げたとしても、異論はないだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.156 2015年11月号]

  
1431

めざせ!転ばないバイク

「バイクは自立しないからいいんじゃん!」そうかも知れません。いえ、でも世の中には「転ばないならバイクに乗ってみたい!」という人もいるのです。自立する2輪のバイクは今のところまだ実現していません。でも2輪より安定感のある3輪バイクはすでに存在しています。ヤマハの3輪バイク〝トリシテ...

  
100

サイレンは鳴っていないけど赤色灯が光っているパトカー。どう対応すればいいの?

サイレンは鳴っていないけど赤色灯を点けて走っている、そんなパトカーを見かけたことがあると思います。この状態のとき、パトカーは何をしているのでしょうか?パトロール中?赤色灯の消し忘れ?こんなとき、一般のドライバーはどんな対応をすれば良いのでしょうか?

  
41504

私の永遠の1台 VOL.5 MGA 1500 MkⅠ

両手の指を何度折り曲げても足りないくらい、「好きなクルマ、オートバイ」の名は挙げられる。でも「永遠の1台」を、となると悩む。text:岡崎宏司 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
1009

浅川さんのトライアンフ

この旧式のトライアンフは、ヨシムラのメカニック兼テストライダーだった浅川邦夫さん(現アサカワスピード代表)の個人所有車である。'99年に自身がアメリカのデイトナのレースへ出場するために製作されたものだ。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス ...

  
547

おしゃべりなクルマたち Vol.95 自由の国フランス

フランスで二輪四輪を巡る“締め付け”がこれほど厳しくなったことがあっただろうか。最近、こんな想いを抱いている。この国はもう少し“緩い”と、たかをくくっていた。text: 松本 葉 [aheadアーカイブス vol.164 2016年7月号]

  
330

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
2495

テスラモーターズ モデルX…自動運転など本気で使いやすい装備満点だった!

新型スポーツEV「ロードスター」やEVトラックの発表など、何かとトピックスの多いテスラモターズ。そのラインナップのコアになっているのが、モデルXです。今回はモデルXの魅力のファクターである、驚くべき装備にスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
7681

Rolling 40's VOL.99 自己責任

我が家の掘っ立て小屋のようなファクトリーで、仲間と一緒に250ccのオフロードバイクを改造修理していた。ある程度の大作業である。こういった大作業は仲間同士で一緒にやると、効率が良く無駄なトラブルもない。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.169 2016年12月...

  
180

本当に肥大化している!? ポルシェ911の歴代ボディサイズはどのように変化してきた?

ポルシェのフラッグシップモデルの911。ポルシェの歴史は911と共にあると言っても過言ではないでしょう。そんな911も1964年から始まる長いモデルライフの中で刻々と変化してきました。その変化のひとつとしてよくささやかれるのが肥大化。911は世代を追うごとにボディが拡大していると...

  
7212

積雪・凍結道路のドライブテクニックは?

年の瀬となり、北日本のみならず関東・東海地方も寒波に襲われ積雪が確認されています。お正月帰省は雪道ドライブとなる方もいると思うので、積雪・凍結路のドライブテクニックをいま一度、チェックしておきましょう。

  
13118

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
1833

なぜ6輪SUVがなかなか普及されないのか?

2014年に5台限定で発売された「G63 AMG 6×6」は、当時クルマファンの間では大変な話題になりました。ですが、その後は新たな6輪駆動車がなかなか市販されません。なぜ6輪駆動車は、世界に普及しないのでしょうか。

  
10760

Rolling 40's VOL.104 満腹感を知る時代に

東京モーターサイクルショーが終わると、あっという間に桜が咲いては散って行き、夏を思い出すような暑い日も増えてきた。ヘルメットインカムで有名な、サインハウス社の宣伝大使としてこのイベントに関わりだして3年目。たった3年ではあるが、今年からバイクの流れは大きく変わろうとしている。te...

  
234

ベントレー コンチネンタルGT、よりオーセンティックなプロポーションをまとったニューモデルがジャパン...

2017年9月のフランクフルト・モーターショーにて世界初公開されたベントレー新型コンチネンタルGTだが、年の瀬も押し迫った12月19日、東京都内においてジャパンプレミアが執り行われることになった。

  
6494

BMWの底力「BMW HP4 RACE」

BMWモトラッドが富士スピードウェイで試乗会を開催すると聞いた時から憂鬱だった。今回試乗するのは、BMWが誇るスーパースポーツS1000RRをベースに製作された、公道走行不可のスペシャルモデルだったからだ。text:神尾 成 photo:山岡和正 [aheadアーカイブス vol...

  
989

最高額5,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜輸入車編〜

世界には本当に様々な車が存在します。輸入車で最も高価なモデルはなんなのでしょうか?今回はトップ5をご紹介します。※今回のランキングでは2017年12月現在、日本で購入できるモデルをご紹介します。⇨最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

  
15299

あの人への手紙

8月も半ばになると、照りつける日差しも、ひそかに夏の終わりを忍ばせる。夏の終わりの予感は、同時に亡き人たちへの郷愁を呼び起こす。もう二度と会うことの叶わない人たち。生きていたら伝えたかったこと、生きていたら聞いてみたかったこと。みな、たくさんの想いを胸に抱いている。もう決して届く...

  
1078
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives